FC2ブログ

亀家日記1 冬眠から目覚め、満を持してカメデビュー

カメハウスが始動したので、これから亀家日記として様子をコツコツ記録していこうと思います。
気付くとあっという間に6月も終わろうとしており、いきなり出だしから数ヶ月遅れの話ですけど・・・。

まずはカメのデビュー。
大田原の実家からもらってきて、今冬は我が家の二階でコンテナボックスに入って冬越ししたカメ。

IMGP6550_サイズ変更 IMGP6551_サイズ変更
4月8日の夕方、何の気なしにいつものようにコンテナの蓋を開けて中の様子を見てみたら、カメがトンネルの上に上がってた。
おぉぉ・・・生きてたか!えらい!
こりゃ来週にでもカメハウスに引っ越しだ・・・感動!

IMGP6557_サイズ変更
翌朝様子を見ると、すでにカメが同じようにトンネルの上に上がっている。
「おなかすいてるんじゃない」
と言って、おもむろにカメの前にキャベツを置いたマユミ・・・冬眠明けすぐ、しかもまだこんな気温なのに食うわけないだろ。
というか、キャベツなんて今でも食べないわ(エサと認識してない)。
もともと野生にいた子だし、親父に飼われていたときも生餌しかもらってなかったから、たぶん生餌しか食べない。店で売ってるカメのえさなんてのも食べないと思う。あげたことないけど。

IMGP6582_サイズ変更 IMGP6586_サイズ変更
カメのために近くの川原へ何度か石を拾いに行った。まだまだ気温が低い。
けっこうカメのために尽くしてますわ。カメは知るべくもないですけどね。

そして迎えたデビューの日。4月16日、晴れの日曜日。

IMGP6644_サイズ変更
朝から日向ぼっこをしているカメ

IMGP6648_サイズ変更 IMGP6649_サイズ変更
たわしと大きさを比較。こんなに小さかったっけ・・・。
3歳か4歳くらいであろうか。色と尻尾の感じからたぶんメスだと思う。

カメハウスはというと・・・
IMGP6640_サイズ変更
こんな感じに、真ん中あたりに上陸ポイントをつくっておいた。

いざ、引っ越し!
IMGP6651_サイズ変更
このようにカメを置いたら、しばらくして自ら水の中へダイブした。

しばらくすると、池の底で仁王立ち。プラ桶の壁に前足をかけて首を伸ばし、壁に沿って反時計回りに回り始めた。
何やってんだこいつ・・・上陸ポイントがわからんのか???
カメは思った以上に頭が悪いのだ。

どうにもダメそうなので、いったん水の中から引き上げて再トライ。
自力で水から上がれるところを確認しないと、心配でこの場を離れられない。
たまたま柿の防除にやってきた知人もSSから飛び降りて駆け寄ってくる。三人で固唾を飲んで見守る。
今度は上陸ポイントがわかったようだ。
が、まさかの石段をうまく登れない。
唖然・・・

カメというのは水の中ではとても機敏なイメージがある。
ガキの頃、親父と一緒にカメを捕まえに行ったことがあるが、すばしっこくてそうそう捕まるものではなかった。
そのイメージとはあまりにかけ離れた愚鈍さ。
それでもまさか登れはするんだろうと信じて疑わなかったのだけれど・・・どうもそうではないらしい。
まさかが現実に。どうやら本当に登れないらしい。
IMGP6654_サイズ変更 IMGP6655_サイズ変更
最初は調子よかったんだけど(左)、なんでそっちへ行っちゃうかなというほうへ行ってしまって行き詰まるカメ(右)。
うぅぅむ・・・。

そうこうしているうちにカメの様子がおかしくなってきた。
パニクってるように見える。
これは、これはもしかして・・・
溺れてる?

ということで、再びカメを水の中から救出。
なんとカメのデビューは失敗!ということに。
どうやらもう少し楽に上陸できるようにしてやらないとダメらしい。
世話が焼けるなぁ・・・。

カメをいったんコンテナボックスに戻す。
カメハウスを改良してから再デビューさせることにした。

今思えば、デビューが失敗したのは水温が低かったせいだろう。水温が低すぎて体が動かなかったのだと思う。
たぶん今なら、失敗したのと同じ場所でも問題なく登れるに違いない。

その日、カメをコンテナボックスに収容したあと、カメハウスをリファイン。
ネットを麻ひもで縛ったり、隙間を石で塞いだりしてから、夕方再び川原へ石を拾いに行った。

↓拾ってきた石をさっそく投入して改良したカメハウス
IMGP6660_サイズ変更
四つ角のうちの一箇所に石を積み上げて山をつくり、カメがたやすく上陸できるようにした。
これならよもや溺れることはあるまい。

再デビューはまた後日!

(余談)
ガキの頃カメを捕まえに行ったと上に書きましたが、当時どうやって捕まえていたのかというと・・・川の両岸の土手の上を自転車で併走しながら、対岸の岸に上がって甲羅干しをしているカメを見つけ、いたら対岸の相手に位置を知らせる。指示を受けたほうは網を片手にそ~っと藪をかき分けて下りていき、カメを網で捕獲するという寸法。
カメは非常にすばしっこく、こちらに「ハッ」と気づくやコロンと水の中へ逃げてしまってそうそう捕まらないですけどね。
まだのんびりしていていい時代だった。
ちなみに、よく行ったのは川口の芝川。今はどうだか知らないが、当時は汚い川だった。よくあんなところにカメがあんなにいたものだと思う。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment