FC2ブログ

カメハウス始動!

我が家には昨年(2016年)の11月に実家からもらってきたクサガメが一匹いる(写真の小さいほう)。
もともとは親父が川で捕まえてきたものだ。
IMGP4125_サイズ変更 IMGP4127_サイズ変更
クサガメは目がおもしろい(もう少し大きな写真がこちらにあります → 羽田沼の白鳥@小さな菜園のある暮らし)。
ちなみに、クサガメは漢字で「草亀」と書くと思いきや、実は「臭亀」。
驚くと悪臭を出すので臭亀というらしいが、そんな臭いをかいだことはないけど本当だろうか?ずっと昔のガキの頃、川口に住んでたときにも親父が飼っていたけど、そんな臭いはかいだことないけどなぁ・・・。

もらってきたとき既にカメは冬眠に入っており餌は食べない状態だったので、そのまま家の中で冬越し。
ケースごともらってきたのでそのまま比較的暖かい二階に置き、周囲をダンボールで囲っておいた。
IMGP4197_サイズ変更
カメは樹脂製のトンネルの下(水の中)でじっとしている。変温動物なので気温(水温)が下がると動けなくなる。
肺呼吸なわけだけど、冬眠中はほとんど呼吸をしないで大丈夫らしい。

トンネルから出てくることがまったくないので、正直なところ冬の間は生きているのか死んでいるのかもよくわからない状態。
カメってのは基本的に暖かいところに生息しているので、果たして伊那谷の寒い冬を無事越せるのか、ちょっと心配だった。

生きていることを信じて、カメが冬眠している間にカメの生活場所を準備。
ガレージの後ろに金魚を飼っているプラ桶があり、これをリフォームしてカメハウスにする。
IMGP4221_サイズ変更
このプラ桶はもともと雨水をためて利用するために設置したのだが、夏場にボウフラがわくのでこれを食べてもらうつもりで金魚を放し、そのまま金魚池になっていたもの。

水深があるため全部が凍ることはないが、冬の間は厚い氷が張り、ほとんど冬の間中融けることなく張りっぱなしになる。
金魚はこの環境にも負けず凍ってないところでじっとして冬を越すが(これも冬眠状態)、果たしてカメがこの環境で冬を越せるのかどうかはわからない。
冬眠するので気温(水温)は問題ないと思うが、果たして氷の下で大丈夫なのかどうか???
うまいこと水から上がって冬眠してくれるのか?それとも冬はやはりケースに入れて屋内に避難させる必要があるのか?このあたりのことは今後様子を見てみないとわからない。

いずれにせよカメハウスの制作ですよ。
まずはプラ桶の周りに石垣を作り、プラ桶との間に土を入れる。不要な石も片付いて一石二鳥!
IMGP4266_サイズ変更 IMGP4298_サイズ変更
カメの上陸場所であり、プラ桶の保温の意味もある。

IMGP4307_サイズ変更
カメが身を隠せる場所も多数作った。

P1230333_サイズ変更 P1230330_サイズ変更
そして全体をブロックで囲う。ブロック内がカメハウスの敷地。
(右)は排水口の写真。あふれた水はここから樋を流れて下の沢へ。

IMGP4362_サイズ変更
トンネルをどけてカメの生存を確認(2016/12/14)。まだそれほど寒くはないし、ひとまず無事だった。

P1230363_サイズ変更 P1230359_サイズ変更
後ほど使用する木材を切り出して皮を剥く。
(右)のような感じに柱を立てる計画。
ちなみに、使用する木材は庭で伐採したクルミとヌルデ。

ここまで出来たところで熊野古道へと旅立った・・・。
(その間も含め木材はもうしばらく乾燥させる。)

・・・熊野古道から帰っても、相変らずカメが生存しているかどうかは不明。
ケースの蓋を開けても何の臭いもしないので、たぶん生きてはいるのだろう。
生存を信じてカメハウスの続きを作る。

P1240014_サイズ変更
ブロックの穴に小石を敷き詰め、ブロックの穴より少し小さい有孔ボードを底に組み付けた柱を挿入。柱の周りに小石を詰めて固定。柱が立ったら梁を通す。

P1240019_サイズ変更 P1240018_サイズ変更
(左)側面にナイロンの防鳥ネットを張り、左右の柱の間にナイロン紐を渡す。
(右)そこに上から防鳥ネットをかぶせてひとまずカメハウス完成!

IMGP5128_サイズ変更 IMGP6460_サイズ変更
(左)プラ桶の周りに川石を敷き詰めた。
(右)カメの上陸場所も設ける。

ここまで出来たところで、気温が上がってカメの引越しできる日を待つ・・・。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment