FC2ブログ

熊野古道から 2017冬 17日目 阿曽温泉

2017/2/17 金
始:7:20 ~ 終:16:45 曇り 朝0℃ (温度計の精度不良により4℃程度低く見積もっている可能性あり 2017/12/27追記)
0530起/0720発(車瀬親水公園) ~ (山海の郷紀勢) ~ (岩船公園)1000 ~ 1120(阿曽温泉)1540 ~ 1645(道の駅奥伊勢木つつ木館)

川原だったためフライが濡れた。
天気は曇り。予報ではすごく暖かくなるということだったが、朝のうちは日差しがなくて寒い。

このままのペースで歩を進めると、伊勢神宮に着くのが日曜になってしまう。
なるべくそれは避けたいので、時間調整の意味も込めて今日は温泉に浸かってのんびりするつもり。

P1230862_サイズ変更
大内山の旧街道にある立派な木製の常夜灯。
もともとは伊勢神宮に奉納するために作られたらしいが、このように余計な装飾を施したものは神宮に置けないと断られてここにあるらしい。詳しくは忘れてしまったが、確か案内板にそのようなことが書かれていた。
確かにこういったものは神宮にはないわ・・・。

大内山を出ると、R42に沿って北上。
近畿自然歩道というのが断続的に続いていて時どきR42を外れることができるが、これも基本的にR42沿いにつけられているだけで、大きく離れることはできない。
それでもまぁR42を歩かないで済むのはありがたいのだけれど、どうもこの近畿自然歩道というのも伊勢側から来る人のみを対象にして案内標示がされているような気がする。逆方向から来ると肝心の入口に標示がなくてわかりにくい(出口にはあるんだけど・・・)。
R42を歩いていると突然歩道がなくなったりするのだが(そこを歩くのは自殺行為)、迂回路を探すのにけっこう手間取る。付近を右往左往した末にようやくそれっぽい道に入って歩いていくと、再びR42と合流する出口にはしっかり案内標示がある、といった具合だ。

柏野にある岩船公園はテン場によさそうな場所であるが、キャンプ禁止となっているので要注意。
脇道を歩いたり国道を歩いたりしながら北上していくと阿曽観音堂があり、その先に阿曽温泉がある、はず。が、旧道から行くと案内がない。
はて?と思って道ゆくおっちゃんに温泉の場所を訊くと、少々通り過ぎていた。
教わったとおりショートカットして温泉に行くと、教えてくれたおっちゃんも後ろからやって来た。おっちゃんも温泉に行くところだったのかな?と思ったら、そのおっちゃんは温泉を管理している人だった。ちょっとビックリ。

IMGP5021_サイズ変更
廃校となった小学校の木造校舎を利用した阿曽温泉。
温泉自体は古く、もともと江戸時代より良質の湯が湧出する場所として知られていたらしい。

幸運なことに中に食堂もあり、温泉の前にまずは腹ごしらえ。
黒板も残る教室が食堂となっていてなんだか懐かしい気分にさせられる(こういう木造校舎で授業を受けたことはないですけど)。

IMGP5023_サイズ変更
その食堂でいただいた伊勢うどん。
ふわふわしたこの不思議な食感はどうやって出しているのだろう?

満腹になったところでのんびり湯に浸かる。
いい湯だ!サウナもあって最高!
カメラのバッテリーを充電させてもらい、下着や靴下も洗濯させてもらう。
温泉に入っている間に一時雨が降ったようだ。

15:40に阿曽温泉をあとにする。予定通り滝原の道の駅へ。
おっちゃんに聞いていたより遠かった・・・。

道の駅の営業は平日は17:00までだった。
あわよくば夕食を、と思っていたのだが着いたのが16:45、残念ながら食堂は終了していた。今後のために米2kgだけ直売所で買っておいた。

ここの道の駅は一見広く見えるが、駐車場の大半は隣接した瀧原宮のもので夜間は駐車禁止。実際の道の駅はかなり狭い。
幕営場所に選択肢はなく、店がすべて閉まってからウッドデッキの上に幕営させてもらった。
P1230866_サイズ変更
翌朝撮影
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment