FC2ブログ

冬の野宿遍路2016 費用と総括

四国遍路の費用についてざっくりまとめました。すべて二人まとめての額です。

【行き帰りの交通費】
行き=11,800円 (路線バス+高速バス+列車+フェリー+路線バス+列車)
帰り=16,120円 (列車+高速バス+高速バス)

【お遍路関係の出費】
13,500円
(お賽銭、御朱印、金剛杖、その他参拝に必要な品々)

【食費】
98,400円(うち外食が7,800円)
行き帰りの日を除き二人で一日2,080円ほど、というのがお遍路中にかかった食費。
思いのほか使ったなぁというのが実感です。

【ガソリン】
320円
ガソリンストーブは実に経済的!

【温泉】
3,900円
(桂浜荘 1,180円、臥龍の湯 1,100円、道後温泉 820円、白鳥温泉 800円)

【コインランドリー】
1,300円
(洗濯と乾燥各二回分)

【その他日用品、消耗品】
4,000円
(ウェットティッシュ、絆創膏、ビニールカッパ、靴下など)

合計=149,340円


≪≪≪ 総括・・・歩き遍路のススメ ≫≫≫

お遍路のやりかたにはいろいろスタイルがあって、人それぞれです。
手段とすれば歩きのほかに自転車、オートバイ、自家用車、バス、列車、タクシーなどいろいろ。個人で回る以外にツアーに参加する手もあります。
順打ちか逆打ちか、通しで打つか分割にするか。
いろいろありますが、どれが良い悪いというのはもちろんないです。逆打ちのほうがご利益があるとか、通しで打たないとダメとか、そんなこともないと思います。
時間とお金という制約の中で人それぞれに選べばいいわけです。

様々やりかたのある中で、時間的にも金銭的にも一番贅沢なのは歩き遍路。一般的に50日、もろもろ含めて50万円必要と言われます。
多くの人にとって問題なのはお金より時間でしょうが、もし許されるのなら(例えば定年退職後とか)歩いてお遍路されることをオススメします。
毎日どこか宿に泊まりながら、余計なものは持たず必要最低限の軽荷で、歩くことに集中する。毎日ただただ歩く。これはすごく贅沢なことですよ。

どれが良い悪いというのはないわけですが、断然歩きをオススメします。歩くべきだと思います。
なぜなら歩くというその行為こそが、歩いているその時間こそが大切だから。
考える時間がたくさんあるわけです。歩いている間中ずっと考える時間であり、瞑想の時間です。
歩いている間は暇だから、たぶん誰もがいろいろ考える。何周もしていれば、それこそ悟りを開くかもしれない。
歩いているうちに御朱印などはどうでもよくなってくる。だんだん札所自体がおまけになってきて、節目節目で合掌し読経するだけのところ(単なるチェックポイントのような場所)と思えてくる。
歩いている時間こそが主となってくるんですね、何日もただ歩いているうちに。
おそらく他の方法で回ったとしても、こういう境地にはならないのではないかと思う。

ぜひ、歩いてお遍路されることをオススメします。
私らもまたそのうち行きますよ?

※遍路が終わってすぐの新鮮な感想が過去記事にありました。よろしければこちらも参考にどうぞ。
遍路から帰還しました
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment