FC2ブログ

空からカモが

先日の雨の降る午後のこと。
家の中にいると外で「ダンッ」と大きな音がした。
うちは庭にクルミの木がたくさんあって、毎年秋になるとクルミの実がガレージや物置の屋根に落ちて頻繁にそんな音がする。
だから最初は気にも留めなかった。(それにしてはばかにデカイ音だったんだけど)
いや、ちょっと待てよ・・・しばらくしてふと気付いた。この時季、木に実なんてついていようはずがない。
一つ二つ残っていたのだろうか?

気になって窓から外を見てみると、自宅と道路の境界にある側溝の鉄蓋の上に一羽のカラスがいた。
さてはカラスがクルミでも落としたのか?(どうしてもクルミと結び付けて考えてしまう)
が、よく見るとカラスの足下で何かが動いていた。空中に伸ばした足?をバタバタさせていて、それをカラスがつついていた。
イタチ?モグラ?それとも大きなカエル?・・・何かがカラスに襲われてる、のか?

カラスの邪魔をするつもりは毛頭なかったのだが、気になったので外へ確認しに行ってみたら・・・なんとカモだった。
大きな音はカモが鉄蓋に激突した音だったらしい。
カモは仰向けになって白い腹を見せ、力なく足をバタバタさせていたが、しばらくすると動かなくなった。

IMGP4386_サイズ変更

一見して首は折れているようだったが(たぶん激突したときの衝撃で)、それ以外に外傷はなさそうだった。
プリプリで旨そう・・・に見えた。
カルガモと紛らわしいが、マガモのメス。
カルガモだったら顔がもっと白っぽくて黒い二本線がある。そしてくちばしは先端を除いてまっくろだ。
ちなみに、カルガモはオス、メス同色であるが(カモの仲間では珍しい)、マガモのオスは頭が緑色で首に白い輪があるのですぐに判る。たいていつがいでいるので、メスは遠目に見ると紛らわしいのだが、一緒にいるオスから簡単に見分けがつく。

どうして落ちたのだろう???
原因はわからないが、たぶん鳥が空中で死ぬというのは(今回は落ちた後もしばらく生きていたけど)珍しくないのだと思う。むしろ地面の上で死ぬなんてことはほとんどないはずで、飛んでいる時か木などにとまっている時に死んで落下するのが普通であると思う。(水鳥なら水上で死ぬことも普通にあるか)
が、こうして鳥が空から落ちてきたのを、しかもカモのような大型の鳥が落ちてきたのを目の当たりにしたのは初めてだった。

カルガモは留鳥であるが、マガモは渡り鳥である。
鳥インフルエンザのニュースも聞こえていたので、マユミと相談して念のため保健所に連絡した。
後ほど、保健所から連絡を受けた役場の人がカモを引き取りに来てくれた。
その後特に何の話も聞こえてこないので、どうやら鳥インフルエンザではなかったようだ。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment