FC2ブログ

ナイロビ その1

2010/4/18 日
どうやらナイロビに着いたらしい。6:00到着と聞いていたのだが、あまりにも順調だったらしくまだ5:00前である。暗いうちに歩き回るのは危険な気がする。しばらくすると激しい雨も降ってきた。地元の乗客も1/3くらいはバスから降りようとしないので、しばらくこのままバスの中で寝続けることにする。
6:30過ぎにバス会社の人に起こされた。外はすっかり明るくなったが、まだ雨が降っている。ここがナイロビのどの辺りかもわからない。タクシーが必要かと聞くのでそのままタクシーに乗って行くことにした。
ATMに寄ってもらってからNew Kenya Lodgeまで行ってもらったのだが・・・この時は気付かなかったが、後で街に出てみたら何とNew Kenya Lodgeはバスの着いたカンパラ・コーチのオフィスのすぐ隣だった。クソ!はめられた・・・。
New Kenya Lodgeは東アフリカで最も有名な日本人宿だけあって日本人が10人以上いた。北上組も南下組もいるし、ここの情報ノートは充実しているので情報には事欠かない。で、それらの情報によると、実はスーダンはビザさえ取れればそれほど苦労なく通れるらしいのだ。ビザもアディスアベバでは時間がかかるようだが、ナイロビの大使館なら短期間で取れるらしい。急遽予定変更!そうとわかればスーダンを通らない手はない。明日からビザの取得に奔走することにする。

2010/4/19 月
朝一からビザの取得作業に取り掛かる。宿からはどの大使館も歩いて行けるところにあるので便利だ。
順番からまずは日本大使館へ。スーダン・ビザを取得するのに必要なレターを発行してもらうためだ。ちなみに、日本大使館なんてところに行くのは生まれて初めてである。
ナイロビの今の日本大使館の建物は2004年にできたものだそうで、とてもキレイでスッキリしている。大使館は空いていて作業もスムーズ。スーダン・ビザ取得のためのレターということで渋られるのかと思ったら、申請書を一枚書くだけであっさりOK。即日発行というわけにはいかず、受け取りは明日の13:30以降。
そのまま急いでエチオピア大使館に向かう。大使館の業務時間が9:00~12:00だけだからだ。
エチオピア・ビザの申請書は父母の名や以前の勤務先名など、こんなの何のために必要なんだ?という項目も多数あってけっこう面倒。対応もポレポレで時間がかかる。記入が終わって受付の女性のチェックがOKになったら、別室で上役の人のサインをもらう。これがまた途中で頻繁に電話がかかってきたりで時間がかかる。発行してくれるのは、申請日から1ヶ月有効のシングル・ビザだけ。
申請書にサインをもらったら、面倒なことに今度はビザ代を近くの指定銀行に行って振り込まねばならない。指定されたCBA銀行がけっこう遠かったが空いていて手続きはスムーズだったので、ギリギリ12:00前に大使館に戻ることができた。が、今度は大使館員がいない・・・人を急かせる割に肝心の大使館の業務はあくまでポレポレなのだ。
申請書と領収書を添えてどうにかパスポートを受領してもらい、本日のメイン作業は終了!ビザの受け取りは明日の14:00~17:00の間。
オマケではあるが、帰りにSTAトラベルに寄ってISIC(国際学生証)を作ってきた。ここのISICはイギリスから版を取り寄せて作っているらしく、要するに本物であるらしい。600Kshの手数料だけでパスポートの提示も不要、わずか30分ほどで発行してもらえた。よって、自分もマユミもISIC上は1985年生まれということになっている。
あと必要なのはスーダン・ビザなのだが、日本大使館のレターとパスポートが返ってくるのが明日の午後なので、申請できるのは早くて明後日になる。果たして今週中にビザを取得できるかどうか・・・しばらくナイロビに足止めになりそうである。

2010/4/20 火
今日は午後から日本大使館のレターとエチオピアのビザを受け取りに行ってきた。
まずはバスで日本大使館へ。バスの運賃は30Ksh。20Kshだったり30Kshだったりするから、バス会社によって運賃が異なるようだ。日本大使館の業務はスムーズ、13:30に大使館が開くとすぐに封筒入りのレターをくれた。封がしてあるのでレターは見られないのだが、どんなことが書いてあるのだろうか?
続いて歩いてエチオピア大使館へ。最初受付に人がいなくてまたかと思ったが、すぐに奥からパスポートを抱えた人が現れてあっさり受け取れた。
そのままダメもとでスーダン大使館に行ってみる。スーダン大使館は思いのほか遠かった。門に警備の人がいたのでもしやと思ったが、話してみるとやはりビザの申請は明日の9:00からとのこと。でも、雰囲気では意外と早くビザを発給してくれそうな気がする・・・期待しよう。バスで宿の近くまで帰ってきた。運賃はやはり30Ksh。
ナイロビは大都会である。新市街はけっこう色んなところにゴミ箱があるのでゴミは少なく、車も整然と走っている。走っている車も他と比べると断然キレイだ。人は多い。
未だに危険なエリアもあるようだが、少なくとも昼間人通りのあるところを歩いている限り世界三大危険都市に挙げられるような匂いは微塵もない。

2010/4/21 水
朝一でスーダン大使館へ行く。開館前からけっこう人が来ていた。
印刷がずれていて非常にわかりにくい申請書2枚に記入し、日本大使館のレターと写真を添えて提出すると申請はあっさりOK。ビザ代は4,000Ksh、受け取りは明日の午後。
大使館から宿に帰ってそのままギコンバのマーケットへ。エチオピアのダニ&南京虫対策として、シートと薄手のウインドブレーカを物色するためだ。
ギコンバのマーケットは新市街の雰囲気から一転、完全なローカル・エリアである。ゴミが多くちょっと臭うし、埃っぽくて空気も良くないが、とても活気があって面白いところだ。古着屋を中心に多くの露店が並ぶ。人も明るくフレンドリー。
古着は国連の援助も含め世界各地から集まってきたものらしく、中にはパタゴニアのジャケットなど掘り出し物もあるらしい。こんなものが欲しいとリクエストすると、店の人が古着の山の中から候補になりそうなものを掘り出してこっちに投げてくれる。値段はどれも日本円で100円前後。のんびり掘り出し物を探すのも面白いかもしれない。
虫対策のシートというのは、当然現地の人がそんな目的で使っているものではない。農作業や工事に使うものであろうか、幅2~2.5mくらいのビニール・シートを欲しいだけ量り売りしてくれる。エチオピアに行く日本人は皆ベッドの虫対策としてこのようなシートを現地で買って持って行くのだが、何で日本人が皆ビニール・シートを買いに来るのか現地の人は不思議に思っているに違いない。
スーダン・ビザが一日で取得できるので、金曜にナイロビを発とうかと思っている。
ナイロビを出ると、おそらくカイロあたりまでブログのアップはできなくなると思う。場合によっては一月くらい音信不通になるかもしれませんが、ご心配なく。

21apr2010 ギコンバのマーケット

関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment