FC2ブログ

冬の野宿遍路 16日目 限りなくニュートラルな日

2016/2/10 水
快晴、朝2℃ (温度計の精度不良により4℃程度低く見積もっている可能性あり 2017/12/27追記)
始:7:40 ~ 終:16:40 歩行:26km
(桂浜)0740 ~ (浦戸) ~ 0840(33番雪蹊寺) ~ 1030(34番種間寺) ~ (仁淀川大橋) ~ (三島神社) ~ 1405(35番清瀧寺) ~ (三島神社) ~ (塚地) ~ 1640(塚地峠入口)

6:25起床、コーヒーとパンを食べて7:40発。
IMGP1397_サイズ変更
朝のテン場からの眺め。見えているのは土佐湾。
道路はけっこうな通勤ラッシュである。ヘアピンカーブを曲がって坂を上り浦戸大橋へ向う車が多い。

浦戸大橋は渋滞していた。基本的にこの橋はいつも交通量が多いように思う。
P1220478_サイズ変更

橋のたもとで県道を渡って浦戸湾沿いに、続いて新川川沿いに歩いて行くと、33番雪蹊寺(せっけいじ)がある。
が、ここはルートの案内標示がほとんどなくて、けっこう迷った・・・たぶん、ほとんどの人が渡船を使い、浦戸大橋経由で歩いてくる人など稀なのだ。
トラックがわざわざ停まってくれて、曲がるところを教えてくれたりした。ありがたい。

P1220480_サイズ変更
33番雪蹊寺・・・山門のない寺というのはどうにもしっくりこない。

33番の先は、34番種間寺(たねまじ)まで案内がしっかりしていた。
すべての人が同じルートを歩くからだ。
P1220481_サイズ変更
34番種間寺・・・この寺も山門がない。うぅぅむ。

34番から35番清瀧寺(きよたきじ)へ向かう途中に仁淀川を渡る。
IMGP1405_サイズ変更
ちょっと日本離れしたスケールの大きな川である。しかも水がとてもきれい。
仁淀川に限らず、(これまでのところ)基本的に四国の川は水がきれいである。

仁淀川を渡ると土佐市に入る。
土佐市は全般的にルートの案内が悪く、道がわかりにくかった。

ファミマでカップ麺の昼食。
値段に負けて、昼食はカップ麺となることが多い。
朝食と行動食は菓子パンやバターロール、昼食はカップ麺に、加えても肉まんやおにぎりなど、夕食も即席麺が中心。
甚だ体に悪い・・・お遍路中はとにかく体に悪いものばかり食べていた。
一週間くらいならまぁこれでもいいのだけれど、一月半にも及ぶからちょっと考えないとマズイかもしれない。次回はもう少し工夫することにしよう。

35番清瀧寺へは、途中から距離にして往復5kmほど、同じ道を行って帰ってこなければならない。
荷物を持っていく必要はないので、例によってザックをデポ。
P1220484_サイズ変更
こういうのは何というのだろう?小さなお堂でいいのだろうか?今回はこんな場所にザックをデポさせてもらった。

空身で清瀧寺へ。けっこうな上りだったので、空身でありがたかった。
昨日の風呂&休養が効いたのか、今日は昨日までのようには右足が痛くならない。

P1220483_サイズ変更
35番清瀧寺・・・久しぶりに山門のある寺だった。やはりこうでなくてはいけない。

寺から下りて荷物をピックアップ、市の中心部で買い出しを済ませたら(ポプラというスーパー)、市街を抜ける。県39で宇佐方面へ。
テン場を探しながら歩いたがなかなか得られず、結局、塚地峠入口の休憩所まで来た。
予想していたよりいいテン場だったので一安心。
P1220486_サイズ変更
苔むして湿っぽい場所だが、駐車場から離れたところに幕営。

旅をしていると、時として特にこれといったことがなくあまり印象に残らない日や場所がある。
ニュートラルな日とでも言おうか、あとになるとくすんでしまうような、たぶん、今日はそんな日。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment