FC2ブログ

冬の野宿遍路 11日目 四国で食べる寿司・・・寿司の原形とはこんなものではなかろうか

2016/2/5 金
晴れ、朝8℃ (温度計の精度不良により4℃程度低く見積もっている可能性あり 2017/12/27追記)
始:7:25 ~ 終:17:05 歩行:24km
(室戸岬)0725 ~ 0805(24番最御崎寺)0825 ~ 1030(25番津照寺)1055 ~ 1210(26番金剛頂寺)1230 ~ (道の駅キラメッセ室戸) ~ 1500(立石休憩所) ~ (羽根スーパー) ~ 1705(羽根岬)

6:00起床、コーヒーとビスケットを食べて7:25発。
今日は久しぶりにR55を離れられる!

5分ほど戻って遍路道の分岐に入る。山道をひと登りすると24番最御崎寺(ほつみさきじ)。
P1220417_サイズ変更 IMGP1319_サイズ変更
毎度ながら、朝一の寺というのは非常に気持ちがいい。境内には土俵もあった。

寺のすぐ下に室戸岬灯台がある。昨晩は灯台の明かりがテントからもよく見えた。
P1220420_サイズ変更
灯台マニアでもあるので、すかさず寄ってみた。

P1220422_サイズ変更
室戸市街を見下ろす・・・室戸の地形の厳しさがよくわかる。平地はほとんどない。

山から下りて、R55と並走する道を歩く。
R55沿いにある室戸岬中学校は廃校となっていた。
徳島でも高知でも、廃校になってしまった小学校や中学校がやたら目についた(特に小学校)。
廃校になった校舎というのは、なんともいえない物寂しさを醸し出す。

室戸市街に入る手前のヤマザキデイリーで朝食を食べる。
ここから25番津照寺(しんしょうじ)はすぐである。
P1220424_サイズ変更

津照寺をあとにしてしばらくR55に沿って歩き、元橋を渡った先で右に折れる。
山道に入ってひと登りすると、26番金剛頂寺(こんごうちょうじ)。暑い!
P1220425_サイズ変更 P1220426_サイズ変更

IMGP1329_サイズ変更
下りの道は明るく静かで、なかなか快適だった。

下ってR55に出たところに道の駅キラメッセ室戸がある。多くの人で賑わっていた。
ここで、昼食にサンマの寿司と焼きサバの寿司、それからいも天を食べた。どれも絶品!
IMGP1331_サイズ変更
四国で食べる寿司はどれも、江戸前と違って醤油がいらない。柚子やすだちなどで味がついている。
単純明快!シンプルにして美味!柑橘類の酸は殺菌の意味もあるだろう。寿司の原形とはこんなものであったに違いない。
あー本当に旨かったなぁ・・・(遠い目)

R55と並走する道を歩いていくと、山の斜面に袋をかけたびわの木がたくさんある。
P1220430_サイズ変更 P1220429_サイズ変更
遠目には花が咲いているように見え、最初は何の花だろうと思った。

徳島でも高知でも、びわは山に普通に自生している。
東日本では見られないので、最初はそれだけで物珍しかったが、そのうちに慣れてしまった。が、こんなふうに袋をかけてあるのを見たのははじめて。
「うわぁ・・・こりゃ大変だなぁ」と、仕事柄まず思ってしまう。

四国と信州では植生がぜんぜん違う。
まずは照葉樹。冬でも濃い緑に覆われた山というのがとても新鮮に映る。
信州をはじめ東日本では落葉樹が圧倒的に多く、常緑樹といえばほとんど針葉樹しかない。多くの木が冬には落葉してしまうから山は明るくなるのだが、こちらの山は冬でも鬱蒼としている。
落葉樹もないことはないが、圧倒的に照葉樹が多い。冬も葉っぱをつけたまま光合成をしていないと、生長が負けてしまうのだろうな・・・。
そして巨木が目につく。楠など、信州ではまずありえないレベルの巨木がゴロゴロしている。

それから柑橘類。果樹園はもちろん、だいたいどの家の庭にも柑橘の木が何本か植わっていて、実がたわわに実っている。
これは正直に言って非常に羨ましい。
信州だと柑橘の代わりにリンゴということになるのだけれど、庭にリンゴの木が植わっているということはまずないな。

IMGP1334_サイズ変更
吉良川は古い家屋が残っていて感じのいいところだった。

IMGP1337_サイズ変更
もとは植えたものだろうけど、完全に自生しているように見えるアロエ

それにしても暑い!
日中はポカポカ陽気で、午後は今回平地でははじめてジャージを脱いで歩いた。

立石のトイレ&東屋で休憩。
ここは水はとれるが、R55に面していてテン場には向かない。

さて、どうしたことか、午後になって道の駅を発ったあたりから、右足だけ足首の上のあたりが痛い。歩行に支障をきたすほどである。
どこかで挫いたりした記憶はないので、単に疲労だと思う。
こんなことで大丈夫か、俺の足・・・。

痛みをこらえつつ、先へ。
羽根スーパーで夕飯の買い出しを済ませる。
その先で脇道に入り、小さな山越えをしてショートカットするつもりが、山道の分岐に気付かなかったらしく、気付いたらR55に合流する直前だった。
分岐まで戻るのも面倒、というかそれではそもそもショートカットの道を行く意味がなくなるので、そのままR55を行くことに。
これが幸いした。
羽根岬の先にある公衆トイレが格好のテン場だったのだ。

東屋のテーブルが動かせたので、いったん脇に寄せさせてもらって、そのスペースに幕営した。
P1220431_サイズ変更

IMGP1343_サイズ変更 IMGP1342_サイズ変更
テントを張ってから海に沈む夕日を眺める。今日も頑張ったなぁ・・・。

19:00の気温が10℃もあったりする。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment