FC2ブログ

冬の野宿遍路 10日目 室戸岬・・・25年ぶりの中岡慎太郎像 

2016/2/4 木
晴れ、朝4℃ (温度計の精度不良により4℃程度低く見積もっている可能性あり 2017/12/27追記)
始:7:45 ~ 終:15:50 歩行:25km
(法海上人堂)0745 ~ (佐喜浜港)1030 ~ (尾崎橋) ~ (鹿岡鼻) ~ (椎名) ~ (三津漁港) ~ (御蔵洞) ~ 15:50(室戸岬)

6:10起床、コーヒーとパンを食べて7:45発。
IMGP1300_サイズ変更
昨日に続いてR55をひたすら南下。もはやただの苦行である。

四国四県、それほど広いわけではないけれど、県民性というのは確実にあるからおもしろい。
徳島から高知に入り、東洋町から室戸にかけての地域は特に顕著だった。
安芸や高知まで行けばわかるけど、いわゆる高知っぽさ(大胆で明るく大雑把、良くも悪しくもO型的・・・個人的な印象です、ゴメンナサイ)とはまた別で、県民性というと語弊があるか。
要するに地域性というやつなのだけれど、このあたりには気持ちよく挨拶するという文化がないのか???というくらい人々が仏頂面で、明るさがなかった。

旅に出たら、現地の人と明るく挨拶を交わすのは基本中の基本(だと思う)。
これは日本でも、どこか外国にいてもまったく一緒。現地の言葉で「こんにちは」と元気よく挨拶して不利益を被ることはまずない。挨拶からすべてが始まる、そう思っている。
もちろん今回も最初からそうしてきたのだけれど・・・土佐に入ったこのあたりはちょっと反応がおかしかった。
道で出会う人が向こうから挨拶してくることはまずないし、(この時点で既に「あれ?」という感じだったのだがそれはまだいいとして、)こちらから挨拶しても、ニコリともせず黙って頷くだけ。他に何の反応も返ってこない。
そんなことを繰り返していると、こちらもだんだん挨拶する気が失せてくる・・・。

よそ者を拒絶しているように受け取れる。
「土佐っぽ」という言い方があると思うけど、そう聞くと、自分の中ではまさにこのような無骨さを連想する。
土地や気候が人をつくるというのは確かにあって、海からいきなり急峻な山の立ち上がる厳しい地形、風の強い室戸の地がそんな気質をつくるのだろうかと、風に吹かれて歩きながらそんなことを考えた。

佐喜浜港で地元のスーパー二軒に寄って買い物をした。
おにぎりかなにか、米が食べたかったのだけれど、まだ時間が早くてその手のものは何もなかった(泣)。

P1220397_サイズ変更
佐喜浜港から3kmほど、尾崎橋の先のトイレのある浜は水もあり、広くてなかなか快適そうなテン場である。
・・・何かにつけてテン場としてどうかという思考が働いてしまう。これはもう長らくの癖になってしまっている。

IMGP1308_サイズ変更
天気はいいが、風が強い。室戸はとにかく風が強い。

道路沿いに、100mおきにこのような標示があったので、歩行速度を計ってみた。
IMGP1305_サイズ変更
平地は1kmを13~14分で歩いているようだ。時速にすると4.2~4.6km/hといったところ。

三津漁港を過ぎ、青年大師像を見送ると、室戸岬はすぐ。
遍路道の分岐をいったんスルーし、そのまま岬へ。

室戸岬には中岡慎太郎の像がある。
再訪するのは25年ぶり。確か1991年、大学3年のときの夏休み以来だ。
青い海以外、室戸岬のことは何も覚えていないけど、この像だけはよく覚えている。
IMGP1314_サイズ変更
青空の下、この像がまたいい場所に建っているのだ。25年前も快晴だった。

P1220404_サイズ変更  P1220987_サイズ変更
(左)今回、(右)25年前の中岡慎太郎像

さて、少々早いがテン場。今宵は室戸岬に幕営する。
テントは遍路道の分岐のところのトイレ付近にも張れるし、慎太郎像下の駐車場にも張れる。
が、道路を挟んで像の前にある遊歩道沿いが落ち着く。

像のすぐ隣に観光案内所があり、薮蛇になるかもと思ったのだが、黙って張るのも気が引けたので、幕営できるか流れで確認してみた。
そこにいたのは人のいい女性職員で、親切にいろいろなところへ電話して聞いてくれたのだが、よくわからない。責任者の方がつかまらないらしい。

なんか、こういうところは非常に日本的だなぁと思う。
テントを張れるか否か、たったそれだけのことなのだけれど、個人の裁量では判断を下せない。
テント以前にその場所は、遊歩道であるにもかかわらず釣り人の車が自由に乗り入れているような場所なのだが・・・テントより先にそっちを規制したほうがいいのではないかと思わなくもない。

女性の同級生が飯田にいるという話で、返事を待っている間、お喋りにいろいろ花が咲いた。
結局、「責任者がつかまらないので聞かなかったことにします」と言って、その女性は一晩幕営するのを見逃してくれた。
中岡慎太郎像の見える場所に、晴れてテントを張る。
P1220411_サイズ変更 P1220412_サイズ変更

幕営後に横の水道で頭を洗い、早めの夕食後には公衆トイレで髭を剃らせてもらった。
髭はまたムスリム方式(と呼んでいる)で、どうにも鬱陶しいので口の周りだけ剃る。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment