FC2ブログ

冬の野宿遍路 4日目 井戸寺に救われる

2016/1/29 金
雨、朝5℃ (温度計の精度不良により4℃程度低く見積もっている可能性あり 2017/12/27追記)
始:8:25 ~ 終:17:10 歩行:21km
(廃屋)0825 ~ 1100(名西高瀬公衆トイレ) ~ 1300(13番大日寺) ~ (14番常楽寺) ~ (15番国分寺) ~ (16番観音寺)1600 ~ (府中駅) ~ 1710(17番井戸寺)

暗くて静かで、何より雨が凌げて快適なテン場だった。
6:30起床。雨なので朝は少々のんびり。
コーヒーとカロリーメイトで朝食とする。

幸運にも出発の頃になると雨はほとんどあがっていて、霧雨が弱く舞っている程度。
カッパを上下着込み、ザックには百均のビニールカッパをかぶせるという完全装備で歩く。

ザックの中身はいつものようにビニール袋に入れてあり、それだけで完全防水となっているのだけれど、今回は山と違ってコンビニやスーパーに寄らねばならず、ザック自体もなるべく濡らしたくない。
そこで、ザックのカバーをどうするか考えた結果、ビニールカッパをかぶせるのが一番よかろうという結論になり、雨対策として予め準備してきた。
IMGP1168_サイズ変更
遍路の間に何度か使ってみた感想を先に述べると、これはなかなかいいです。ザックの防水機能はきちんと果たしているし、脱着も楽だからザックの開け閉めも問題ない。何より100円だし。

鮎喰川まで下ってからは、川沿いを走る県20を歩くことになる。
車道を歩くのは退屈で不快だ。天気のせいもあって余計にそう感じる。

10:00頃、後ろから車で通りかかった老夫婦に飴をお接待いただき、元気をもらった。
午後は雨がひどくなるとも教えてくれた。

入田にある「おやすみなし亭」(お遍路休憩所)はすごかった。
P1220347_サイズ変更
熱々のコーヒーをありがたくいただき、管理者の方が栽培したというミカンもいただきました。ちなみに、宿泊は禁止です。

13:00に13番大日寺(だいにちじ)に到着。
P1220348_サイズ変更

ここから17番井戸寺まではすぐの距離にある。
例によって距離を記しておくと、13番大日寺から2.3kmのところに14番常楽寺(じょうらくじ)、さらに0.8kmで15番国分寺(こくぶんじ)、1.8kmで16番観音寺(かんのんじ)、2.8kmで17番井戸寺(いどじ)がある。

P1220349_サイズ変更  P1220350_サイズ変更
(左)14番常楽寺は山門がない。 (右)境内は岩畳のようになっていて独特。座頭市の撮影で使われたことがあると近所のおっちゃんが教えてくれた。

常楽寺の参拝を終えたころから、本降りの雨となった。
雨は徐々に強くなり、16番観音寺に着く頃には土砂降り。参拝などしている場合ではなくなった。

P1220351_サイズ変更 IMGP1188_サイズ変更
15番国分寺

P1220352_サイズ変更
16番観音寺

観音寺の参拝を終えたところで、たまらず避難。納経所前のベンチを借りて、暫し雨宿りさせてもらう。
わかっちゃいたけど、カッパがダメダメ。ほとんど何の役にも立っておらず、おかげで上下ともびしょ濡れ。防風性は何の問題もないのだけれど、防水性はほぼゼロ。
今回使っているのは、その昔はじめて買ったゴアのカッパで、なんだかんだ買ってからもう20年近くになるか・・・無理もない。
今年は新しいのを買おう、安いモンベルのやつでいいから・・・そう強く思った瞬間だった。
ちなみに、マユミのカッパはそこまで古くはなく、カッパの下までびしょびしょになることはなかったようだ。

さて、本日の寝床はどうするか?
予定では、井戸寺の先で徳島市街を迂回し、地蔵越の手前にある地蔵院のあたりに幕営しようと思っていた。そこには池があり、地図によれば池の畔にトイレと休憩所があった。
が、この雨では無理だ。井戸寺まで2.8km、地蔵院まではさらに4km以上ある。とても届きそうにない。
うぅぅむ・・・。

30分経過、雨はまったく弱まりそうにない。
このまま雨宿りをしていても埒が明かないので、テン場を探しながら歩くか、ということにして出発。どこかに屋根のあるテン場はないものか・・・。

・・・ない。その手がかりすら皆無。
ここはもう徳島市街の一歩手前、見渡す限りの住宅地。こんなところにテン場などあろうはずがない。

一縷の望みを託して府中駅へ行ってみるが・・・
まったく無理だ。

ふ~困った。どうしたものか。もうこれ以上濡れるのは嫌だ・・・。
駅舎に入って荷物をおろし、缶コーヒーなんて飲んでいると、再び雨の中に出ていくなんてまっぴらごめんという気分になってくる。
いくら地図を見たって何の答えもない。

悩んだ末、井戸寺を頼ることにした。森さんのくれたリストに、井戸寺の通夜堂が載っていたからだ。
安楽寺の時はダメだったので、ダメもとでマユミが電話してみたのだが、幸いにもOK。ありがたくも井戸寺の通夜堂に泊めていただけることになった。

急に目の前が明るくなった。
元気を出して駅からの残り2kmほどを歩く。

17:10、井戸寺に到着。
門をくぐると、寺の方が出てきて迎えてくれた。そのまま通夜堂へ案内していただく。
「泊まるのは初めてですか?」と訊かれる。
ということは、何度も泊めてもらっているような人もいるということか。
「夕食は向こうにローソンがあるから買ってきて食べることもできますし、ラーメンやとんかつの店もあるので外で食べることもできます」
・・・さすが市街地。なんというか、あまりに俗世っぽい話だったので、ちょっとコケた。

さすがに通夜堂でMSRを使うわけにはいかない。
夕食はローソンでおにぎりなどを買ってきて、通夜堂でいただいた。
こんなときこそMSRを使えば濡れた服などすぐに乾くのだけれど、さすがに自粛した。
こんなときガスコンロなら何の問題もないだろうけど、MSRだと問題ありありだろう。

IMGP1190_サイズ変更
井戸寺の通夜堂の中(翌朝撮影)
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment