FC2ブログ

ジンジャ その1

2010/4/14 水
朝起きて外に出ると雨が上がっていたので、急遽ジンジャに移動することにした。
8:30にチェックアウトしてオールド・タクシーパークでジンジャ行きの足を探す。一人の青年に声を掛けると、またまたジンジャ行きのバスの発着するところまで案内してくれると言う・・・ありがたいことです。ウガンダの人は皆陽気で親切だ。青年の後について近くの別のタクシーパークへ。それにしても朝から物凄い渋滞だ。途中ハイエースのダラダラがズラリと並んでいたので乗り場かと思ったら、単に渋滞しているだけだった・・・。車の溢れる道路を渡った先に乗り場があった。無数にあるダラダラの中からジンジャ行きのすぐに出そうな車を青年が見つけてくれ、礼を言ってそのまま乗り込む。ジンジャまで一人5,000Ush。ザックの所為で足元が狭い。
ダラダラはすぐに出発。ジンジャはカンパラから80kmほど東に位置するビクトリア湖畔の町で、その昔イギリスの探検家がヨーロッパ人として初めてビクトリア湖がホワイト・ナイルの源流であることを発見した場所としてその名を馳せている。
ウガンダの道路はアスファルトの剥がれているところが随所にあり、車は対向車のある中を縫うようにして走る。自分が避けるか相手が避けるかは阿吽の呼吸で、後ろで見ているとまるでTVゲームのようだ。場所によってはアスファルトが剥がれすぎて道幅が半分になっていたりするから気が抜けない。このダラダラの運ちゃんは達人並みで、ほとんどタイヤを穴に落すことがなかった。
カンパラを離れるとのどかな田園風景が広がり、2時間弱でジンジャに到着。カンパラの曇り空が嘘のようにスッキリと晴れている。カラッとしていてとても気持ちのいいところだ。
バス・スタンドから歩いて目当ての宿に行ってみると、なんと休みだった・・・。今週は宿の人が出掛けている、と近所の人が教えてくれた。気を取り直して別の宿を探す。
しばらく歩いて道端のおばちゃんの屋台で休憩がてらジュースを飲んでいると、たまたま道路の向こうにゲストハウスの看板が見えた。小奇麗で高そうに見えるが一応聞いてみるか、と行ってみたら大正解!シャワー、トイレ共同の部屋が一泊30,000Ush、しかも朝食付き。部屋は広くて明るく、何より清潔だ。共同のバス・ルームには浴槽まで付いている。宿の人の感じも実によく、思わず何泊もしたくなるような快適そうな宿だ。宿の名前は、ROSENA GUEST HOUSE LIMITED。
部屋に落ち着いて、今日は町をぶらぶらしてのんびり過ごした。ジンジャはカンパラとは違い、滞在するのに程よい大きさの落ち着きのある町だ。もっとツーリスティックな町かと思っていたのだがそんなこともなく、のんびりと静かに過ごせそうで安心した。
ここのダラダラは全てカンパラ行きなのか?と思うほど町中には一日中「カンパラ~カンパラ~カンパラ~」と客引きの声が響いていて面白い。町を歩いているとしきりに「カンパラ?カンパラ?」と声を掛けられる。カンパラから着いて早々、ダラダラから降りた途端に「カンパラ?カンパラ?」と声を掛けられるほどだから。
夕食時、宿のすぐ隣に美味しいローカル食堂を見つけた。ビクトリア湖の畔だけに久々に魚を食べられて大満足!明日から毎日お世話になることだろう。ちなみに昼食時はこの食堂に気付かず、メイン・ストリートのちょっと小奇麗な店に入ったらインド料理の店だった。客は外国人ツーリストばかり。本場のインドで散々旨いターリーを食べてきた自分らにしてみれば決して美味しいと言えるほどのものではなかったのだが、ここでもインド人パワーをまじまじと感じた次第である。インド人とインド料理は世界中どこに行ってもある!中華料理以上ではなかろうか?特に東アフリカの地ではかなり幅を利かせている。

余談19 コカ・コーラはすごい!
旅に出て以来ずっと思っているのだが、コカ・コーラはすごい!おそらく世界中どこに行ってもコーラとファンタとスプライトはある。少なくともこれまで回った国にコーラのない国はなかった。場所によってはこれにペプシ系の飲み物(ペプシ、ミリンダ、7 UP、マウンテンデュー)が加わるのだが、存在する飲み物のレパートリーはこれだけだから、そのシェアと言ったら日本車以上だ。(逆に、そのコーラの存在感がかなり薄まるほど多種多様な飲み物があり、新製品が日夜投入されている日本という国はすごいと思う。世界的に見てかなりレアな国ではなかろうか。)
で、コーラやファンタはビン入りが普通なのだが、そのビンの形が国によって多種多様で実に面白い。妙に細長いビンであったりとか・・・。稀に缶入りのものもあるが、缶入りというだけでバンッと値段が跳ね上がる。ビンの内容量は300~350mlくらいだ。
よってその国の物価はコーラで比較すると把握しやすい。例えば今いるウガンダでは、300mlのビン入りコーラが700~1,000Ushくらいだから、今のレートで32~45円くらいだ。物価の安かったインドでは確か8~10Rくらいだったから、16~20円くらいということになる。

14apr2010 ジンジャの街並 道路の向こうにビクトリア湖が見える

関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment