FC2ブログ

Category■ 054_Panama / パナマ 1/1

トゥルボ ~ カプルガナ ~ プエルト・オバルディア

2011/2/3 木あり得ねぇ・・・・・・・・・。無理、無理。トゥルボからカプルガナへ渡るボート、カプルガナからプエルト・オバルディアへ渡るボート、ともにあり得ねぇ・・・。波が高過ぎ。ボートが完全に宙を飛んでる・・・。着水するときの衝撃でボートも体もバラバラになりそう。久々に死ぬかと思った・・・。気合を入れて6:00前に宿を出、ボート乗り場まで歩く。まだ暗いうちからボート乗り場にはたくさんの人がいて賑やかだ。...

  • 0
  • 0

プエルト・オバルディア その1

2011/2/4 金プエルト・オバルディアは、北側に白波の立つカリブ海、背後に緑深いジャングルの山が控えた完全なる陸の孤島である。村の外に通ずる陸路はない。よって村には車が一台もない。イースター島よりのんびりしていて隔絶間も高い。こんな静かでのんびりした村の中を迷彩服を着て自動小銃を持った警備兵が歩いているのは、ここが国境の村だからだろう。今朝もUH-1タイプのヘリが飛来してきて、昼前に飛び去っていった。あぁ...

  • 0
  • 0

プエルト・オバルディア その2

2011/2/6 日今日も船は来ず。村人の誰に聞いても「たぶん明日」と言う・・・いったい明日はいつ来るのだろう???昨日来たバスク人は船を待ちきれないのか、今朝になってランチャでコロンビアへ帰っていった。コロンビア人の女の子2人のうちの一人も、今日の飛行機でパナマ・シティへ飛ぶと言う。ホントに船でここから脱出できるのだろうか???激しく暇だ。読書して、SUDOKUやって、また読書して・・・それ以外にやることがない...

  • 0
  • 0

マジカル・ミステリー・ツアー(プエルト・オバルディア ~ パナマ・シティ)

マジカル・ミステリー・ツアー・・・5日で着くと聞いていて、カルティに着いたのはプエルト・オバルディアを発って10日後だった・・・。お陰でサン・ブラス諸島を満喫(しすぎ)。パナマは北海道より小さい。そこでどうしてこんなに時間がかかるのかと言うと、もちろん船が進まないから。一日に長くて3時間ほどしか走らない。短いとたったの30分で終わりだし、停滞も何日かあったからだ。最後の方はもう「いい加減この船から解放して...

  • 3
  • 0

パナマ・シティ(シウダ・デ・パナマ)

2011/2/17 木休養日。10日間船の上でウダウダしてたわりにどことなく疲れていて休養日。朝起きると部屋の電気が死んでいた。まさかパナマ・シティの、しかもパナマの富の象徴である新市街の中心地で停電?まさかね、そんなわきゃないね、プエルト・オバルディアじゃあるまいし。自分らのいるフロアだけ電気が全滅しているようだった。すぐ復活しそうにないので部屋を替わってくれ、ということになって朝食後に引越し。あー朝から面...

  • 0
  • 0

パナマ・シティ ~ ダビ

2011/2/20 日パナマ運河は見たし、宿代が高いしってことで移動することにした。コスタリカの前に一度国境の町ダビで刻む。ダビ、英語読みではデイビッド。一応、パナマ、コロンに次ぐパナマ共和国第三の都市である。バスはターミナルから頻発していて、所要7時間、運賃$12.6といったところである。日曜の今日は路線バスの本数が少なく、混んでいて、大荷物を背負ってターミナルまで行くのがとても辛かった。次のダビ行きは10:30と...

  • 0
  • 0

ダビ

2011/2/21 月ダビで一日まったり。パナマ・シティで買い損ねた靴を物色しに町中をブラブラ。パナマのセントロにもアウトレットの店がたくさんあったのだけれど、アウトレットって元々高額な商品を扱っているから絶対額が安くないんだよね~。気に入った靴がない割りに値が張るのでダビまで持ち越しにしていた。何故か知らないが、ダビにはやたらと靴屋がある・・・。相変らず山メーカのトレッキング・シューズの類は置いてないのだ...

  • 0
  • 0

ボケテ その1

2011/2/22 火まだパナマにいる。久々に山に登ろうと思いボケテへ行くことに。ダビの町は小ぢんまりとしていて、バス・ターミナルへも歩いて行ける。宿から15分ほど。このくらいの規模の町は実に生活しやすい。ボケテへはダビからバスで1時間20分ほど。運賃は$1.45、安い!ボケテは標高1,000mちょっとの小さな山岳リゾートの町。日本人はいないけど、欧米人系の白人旅行者はけっこういる。乗ってきたバスにも何人かいたからちょっと...

  • 0
  • 0

エル・ピアニスタ(1,900m)

2011/2/23 水手始めに日帰りで登れるエル・ピアニスタへ行ってきた。登山口っぽいところまでは町からミニバスで行ける。時間にして10分ほど、運賃は$0.6。いやーわからん、わからん・・・。地図がないのがまず問題なのだが、行ってみたら山自体顕著なピークがあるわけでなし、分岐がとにかくわかりにくくて右往左往してしまった。顕著なトレールを行くと山奥の人の家に出てしまい、そこで自給自足生活してるっぽいじいちゃんに「こ...

  • 0
  • 0

ボケテ その2

2011/2/24 木ボケテの町で一日まったり。明日から一泊でバルー火山に行く。早朝に登山口をスタートできれば十分日帰り可能であると思われるが、敢えて一泊。登山口までのアプローチが未知数だから・・・。それと、できれば久々に山頂でご来光を拝みたい。今日も朝のうちは快晴であったが昼頃から雲がせり出してきて、夕方には町でも一時的に雨が降った。おそらく明日も似たような天気であろう。運がよければ、途中の熱帯雲霧林で...

  • 0
  • 0

バルー火山(3,475m)

うぅぅむ、バルー火山・・・どうでしょうか???人の感性はそれぞれであるが、自分らの感性に照らすとズバリ、登る価値ないかな・・・。期待を完全に裏切られ、かつて経験したことないほどつまらん山だった。まずダメなのは、あまりにも人間臭いってこと。山頂部には巨大なアンテナが立ち並び、ルート上にも電線が走っている。それから道が全くダメ。あまりに単調すぎる。車が通れるほど広い林道が登り口から山頂まで延々と続き、...

  • 0
  • 0

ボケテ その3

2011/2/27 日夜明け頃雨が降った。夜が明けてからも一日どんよりと雲っていて、時々雨が降ったり、風が強くてとにかく寒い一日だった。こんな日に山に入ってなくてよかった~。ボケテの町で、今履いているのと同じメレルのトレッキング・シューズと同じ靴を見つけた。パナマは関税が安く、値段は日本で買ったときのおよそ半額、$84。もうちょっと今の靴で粘るつもりでいたが、この先暫らく安くて確かな靴を買えそうなところがなさ...

  • 0
  • 0