FC2ブログ

Category■ 100_Iran / イラン 1/1

イランでお世話になった人たち

イランではたくさんの方たちにお世話になりました。日記をしばらくアップできそうにないので、お礼方々お世話になった方たちのことだけひとまず挙げておきたいと思います。ヤゼールさん一家@アスタラ:1泊ナセルさん一家@ハヴィック:1泊ファルフードさん一家@レズバンシャー:8泊スペシャルサンクス:ペイマン&ナイード ファルフードのお姉さんゾフレさん一家の山小屋@アルデ:2泊モハンマドさん一家@ラシュト:1泊スペシ...

  • 0
  • 0

アスタラにて・・・イラン入国

★★★ イランの日記をアップします ★★★最近の日記をアップし終えたところでイランの日記をちょっとアップします。時系列がグチャグチャになってしまいますがご勘弁を。キルギスはネガティブな日記ばかりでしたので、ここらで気分転換に・・・2012/5/24 木始:9:20(アゼル時間) ~ 終:19:30(イラン時間) 走行:38km~ Avrora ~ Pensər ~ Ərçivan ~ Astara ~ 国境 ~ Astara曇り時々雨、時々日が差す。昼に国境が閉まるこ...

  • 0
  • 0

ナセルとアリレザの家@ハヴィック

2012/5/25 金始:10:35 ~ 終:13:30 走行:29km~ Haviq晴れ。ヤゼールは昨晩話していた通り朝早くに出かけてしまい、朝食をいただいてから奥さんと息子さんに見送られてヤゼールの家をあとにする。イランに入って俄然アジアだと実感できる。道路脇には水田が広がっている。125ccくらいの小型バイクがたくさん走っていて、そこに家族連れで3人乗り、4人乗りしている姿はまぎれもなくアジアだ。物価もグッと下がった。イランに入...

  • 0
  • 0

レズヴァンシャーのファルフード宅

2012/5/26 土始:10:30 ~ 終:18:30 走行:89km~ Shirabad ~ Lisar ~ Hashtpar(Talesh) ~ Punel ~ Rezvanshahr晴れ。朝食をいただいて出発。今いるところは、カスピ海に面したイラン北部のギーラーン州。イランきっての観光地で、休日にはテヘランなどからも人がやってくる。イランでは珍しく緑の濃い、美しいところである。イランの道路は広くて、舗装もたいていきれいで走りやすい。交通量は町の中と外でかなり差があ...

  • 0
  • 0

レズヴァンシャーの日々 その1

2012/5/27 日晴れ。朝食は玉子とパン、バター、チーズにチャイ。これが定番といったところ。ファルフードと一緒に美味しくいただく。ファルフードは行動が突飛である。近所に障害児の学校があって、ファルフードはその学校を支援している。昨晩、唐突に明日学校を見に行こうという話になった。洗濯してからファヒメが学校に連れて行ってくれた。言いだしっぺの本人は仕事で行けない。残念ながらちょうど夏休み前の試験期間中で、...

  • 0
  • 0

レズヴァンシャーの日々 その2:マースーレにドライブ

2012/5/28 月晴れ。一、二泊してすぐ発つつもりで自転車の荷物は積んだままにしていたのであるが、なんとなくファルフード家の滞在が長くなりそうな雲行き。荷物を自転車から降ろした。ファルフードの家の隣には、じいちゃんが一人で住んでいる。それじゃあ寂しいだろうとファルフードが家の塀にドアを作って、自由に行き来できるようになっている。そのじいちゃんの家に息子さんが田植えの手伝いに来ていて、息子さんの小さな娘...

  • 0
  • 0

レズヴァンシャーの日々 その3:ファヒメの誕生日

2012/5/29 火晴れ。朝起きるとファルフードは既にどこかに出かけていて、二人だけで朝食をいただき、シャワーを浴びさせてもらう。しばらくするとファルフードが帰ってきて、今日はファヒメの23歳の誕生日だと教えてくれた。どうやらファルフードはケーキを注文に行っていたらしい。親類に声をかけてパーティーをやるという。「ファヒメには内緒にしておいてくれ」、と言う。自分らの行動予定は完全に彼に握られている。まずは近...

  • 0
  • 0

レズヴァンシャーの日々 その4:アルデの山小屋

2012/5/30 水晴れ。朝食をいただいてから洗濯をさせてもらい、それからファルフードに誘われてバザールをブラブラ。15:00頃昼食。この日はタレシュの郷土料理をいただいた(名前は忘れた)。昼食後は昼寝。すっかり昼寝の習慣が身についてしまった。さて、いったい何時に山小屋に行くのかなぁ・・・今日は行くのやめたのかなぁ・・・と思っていたら、19:30頃ゾフレの一家が車二台で迎えに来た。ゾフレの一家は、ゾフレの他に旦那...

  • 0
  • 0

レズヴァンシャーの日々 その5

2012/6/2 土朝食後、ファルフードに誘われて近所の自転車屋へ。特にこちらに用事があったわけではなく、壊れたクイックリリースのシャフトを新調したいファルフードに付き合っただけ。日本旅行を計画しているファルフードであるが、実は彼の旅にはスポンサーがたくさんついている。この自転車屋もそんなスポンサーの一つ。新品の自転車を一台提供してもらえるらしい。他にも10,000ドルもの大金(イランの物価に照らし合わせるとそ...

  • 0
  • 0

長居したレズバンシャーを発ってラシュトへ

2012/6/5 火始:10:35 ~ 終:16:00 走行:74km~ Kapur Chai ~ Bandar-e-Anzali ~ Ghazian ~ Khomam ~ Rasht晴れ。8:00に起きてパッキング。朝食をいただいて10:35にファルフード宅を出発。町外れまでファルフードが見送ってくれた。どうしてもということでファルフードがマユミの自転車に乗る。ファルフードにしてみれば、荷物で重い自転車に代わりに乗ってくれたということであると思う。ファルフードに案内されるまま一...

  • 0
  • 0

ラシュトでビザ延長ほか・・・盛りだくさんの一日

2012/6/6 水晴れ。8:20起床。9:30に朝食をいただき、しばらくおしゃべりして10:45にモハンマドさんのお宅をあとにした。一晩泊めてもらえて本当にありがたかった。その足でビザオフィスへ。行き方はモハンマドさんが丁寧に教えてくれたのだが、それでも人に聞き聞きようやく目当ての広場に辿り着いた。ビザオフィスの入口は広場に面したところではなく、ちょっと離れた別のところだった。オフィスは空いていた。銀行に手数料を払...

  • 0
  • 0

マンジルのファトゥフラの家

2012/6/7 木始:11:15 ~ 終:19:45 走行:74km~ Sangar ~ Saravan ~ Nuqlabar ~ Rudbar ~ Farah Dam ~ Manjil晴れ。9:00起床。お父さんはもう仕事に出たあとだった。モハンマド君と一緒に朝食をいただいて11:15に出発。彼が途中まで送ってくれると言うので、自転車を押して一緒に歩く。広場の先もしばらく歩いたほうがいいと言ってくれているのだが、確かにそうかもしれない。道路は人と車でごった返している。アリさんの...

  • 0
  • 0

ナモスの部屋(イスラームのお祈りの部屋)

2012/6/8 金始:10:20 ~ 終:20:30 走行:58km~ Jamal-Abad ~ Pachenar ~ Molla-Ali ~ Qezel-Darreh ~ Kouhin手前晴れ。8:30起床。一晩中煮込んでいた煮豆を朝食にいただく。アダスィーというらしいが、とても美味しい。たっぷりいただいておなかもいっぱい。10:20出発。昨日とは比べるべくもないが、まだ風がある。緩い上りがずっと続く。昨日以上に景色がキレイだ。休日の今日は車も少ない。と、景色を見ながらのんびり...

  • 0
  • 0

ガズヴィンの外れにあるレザの家

2012/6/9 土始:10:20 ~ 終:16:50 走行:59km~ Kouhin ~ Aqa-Baba ~ Hoseyn-Abad ~ Qazvin晴れ。8:00起床。さすがに床がちょっと硬かった。レストランで朝食を食べ、トイレにて髭剃りと洗髪をさせてもらう。快適なところだった。お世話になりました。10:20に出発。まだしばらく上りが続く。上り切ったところがKouhinの町だった。さっそく小さな商店に寄って冷たいペプシで喉を潤す。今日も休みの人が多いらしく、どことな...

  • 0
  • 0

異次元のホスピタリティー=イラン@キャラジのカゼム宅

2012/6/10 日始:10:10 ~ 終:20:00 走行:91kmQazvin ~ Kavandej ~ Abyek ~ Hashtguerd ~ Yengi-Emam ~ karajくもりのち晴れ。8:30起床。美味しい朝食をいただいて10:10出発。出発前に、レザがマシュハドで買ったというボールペンをくれた。車で幹線まで先導してくれ、そこでお別れ。ここからは起伏のない退屈な道が続く。なんだか埃っぽい。冷たいもの欲しさに途中寄った商店では、近くで仕事をしていたおっちゃんらが集...

  • 0
  • 0

衝撃のファルデシラズィー

2012/6/11 月晴れ。9:30起床。テヘランまでは3時間ほどの距離だから、のんびり寝させてもらってしまった。カゼムの買ってきてくれたパンを朝食にいただく。なぜだか朝から下痢で、すこぶる調子が悪い。今日はダメかもしれん・・・。ハミドさんとの約束は19:00だから、16:00にここを出れば間に合うだろう。しばらく様子を見ることにする。朝食が終わると一家は散歩に出かけた。また家にマユミと二人きり・・・おそらく気を利かせて...

  • 0
  • 0

巨大都市テヘランに到着

2012/6/12 火始:12:00 ~ 終:20:20 走行:58km~ Tehran晴れ。10:20起床。のんびり眠っていられて幸せ。カゼムはどこかに勤めている様子がない。ゼスチャーによる説明から裁判官であろうと推測しているのだが、今ひとつ判然としない。ネットの翻訳を試みてくれるのだけれど、昨日からどうもうまく訳せない。イラン独特の職種なのであろうか?司法関係の本もたくさんあるから、その手の仕事をしていることは間違いない。昨日に...

  • 0
  • 0

テヘラン逗留 その1 日本大使館と月に一度の親族一同大集合

2012/6/13 水晴れ。テヘランではやることが盛りだくさん。最大のミッションは周辺国のビザの取得。中国まで、キルギス以外のすべての国でビザが必要。トルクメニスタン、ウズベキスタン、タジキスタンの三ヶ国のビザをテヘランで取る予定。国によって大使館の休みの日も違うし、開いている時間もまちまち。おまけに、申請するのに出国先の国のビザが必要という国もあるから、少々ややこしい。これらの国のビザは入国日指定である...

  • 0
  • 0

テヘラン逗留 その2 ウズベキスタン大使館・・・偵察に終わる

2012/6/14 木恐るべしテヘランの渋滞。大使館に着いたときにはすでに閉まっていた・・・。晴れ。7:30起床。これでもウズベキスタン大使館に行くため早めに起きた。今日もハミドさんは仕事がお休みで、車で一緒に大使館に行ってくれるという。なんていい人なんだ。勝手を言うとすぐにも出たいところだったのであるが、ハミドさんは起きていきなり羊の頭のスープを買いに行ってしまった。朝食はその羊のスープをパンと一緒にいただ...

  • 0
  • 0

テヘラン逗留 その3 ハミドさんの家におんぶに抱っこの二日間

2012/6/15 金晴れ。今日と明日はウズベキスタン大使館が休みで動きが取れない。補足の準備を進める。10:00にみんなと一緒に起き出して朝食をいただく。休みの日はのんびりだ。朝食はトマトオムレツだった。イランで朝食によく食べられているこのトマトオムレツは非常に旨い。朝食のあと、ハミドさんと一緒に外をブラブラ。写真屋に行ったので、ちょうどいいやとビザ申請用の証明写真を撮ってもらった。ハミドさんは、古い8ミリテ...

  • 0
  • 0

テヘラン逗留 その4 ウズベキスタン&タジキスタンビザ申請、大使館三つをハシゴした充実の一日

2012/6/17 日晴れて日曜日。今日は大使館を三つハシゴしようと思っているから、ちょっと忙しい。7:00に起きる。ファトゥメがわざわざ朝食を準備してくれて、いただいていると7:30過ぎにタクシーが来た。どうせ8:00頃まで来ないだろうと高を括っていたので、ちょっとビックリ。慌しく7:40に家を出る。市街地の手前からお馴染みの渋滞・・・あちこちで渋滞している。何時に着くのか少々心配になる。ウズベキスタン大使館の住所をフ...

  • 0
  • 0

エスファハーンとシーラーズの小旅行 その1 エスファハーンは世界の半分

2012/6/18 月「エスファハーンは世界の半分」16世紀後半のサファヴィー朝の全盛時代、この地の栄華を目にしたヨーロッパの商人たちは、エスファハーンのことをそう称えた。ティムール亡き後の混乱状態に終止符を打ち、再びイランを統一したのがサファヴィー朝。シーア派十二エマーム派を国教に定めたのもこの時代で、現在に至るイランの国体の基礎が固まった時代であるといえる。晴れ。7:10起床。朝食をいただいて8:30に出発。お...

  • 0
  • 0

エスファハーンとシーラーズの小旅行 その2 二日目のエスファハーン

2012/6/19 火晴れ。宿は朝食付きだった。中庭でいただくようになっている。なかなか素敵な空間だ。ちょうどルーディーとファビエンヌも朝食中だったので、食後にチャイを飲みながらお喋りした。聞きはしなかったが、おそらく自分らとほぼ同年代。とても感じのいい二人である。「イランでもトルコでも、なんで子どもがいないのかって毎回聞かれない?」二人はこの質問にウンザリといった様子。やっぱ同じこと聞かれてるんだな・・...

  • 0
  • 0

エスファハーンとシーラーズの小旅行 その3 シーラーズに移動

2012/6/20 水8:00に起きて中庭で昼食。中国人と韓国人のパッカーが数人いた。今しがた着いた模様。同じく食事をしていたルーディーとファビエンヌに挨拶して宿をあとにする。シーラーズ行きのバスが出るのは、着いたところと違う南ターミナル。けっこうな距離なので、ターミナルまで路線バスに乗ることに(3,000R)。南ターミナル行きのバスはスィー・オ・セ橋のそばから出ているらしい。バスがたくさんいて迷う。教えてもらったバ...

  • 0
  • 0

エスファハーンとシーラーズの小旅行 その4 フルに動き回った一日

2012/6/21 木晴れ。宿の受付でパスポートを返してもらい、7:30に行動開始。タクシーでビザオフィスへ(2万R)。7時から開いているはずだ。ファルシーでビザオフィスのことは「エダーレイェ・ゴザルナーメ」という。日本語の発音でアクセントも滅茶苦茶だが、運ちゃんはすぐに理解してくれた。場所はやはり昨日見に来たところだった。入口の前にはもう何人もの人が並んでいる。これはマズイ・・・。あとでわかったことだが、そこに...

  • 0
  • 0

エスファハーンとシーラーズの小旅行 その5 ペルセポリスと山のキャンプ地と

2012/6/22 金晴れ。7:00起床。あんな時間に寝たから何時に起きることやら・・・と心配していたのであるが、彼らはキッチリ起きてきた。すごい。布団やピクニックセット、テントなんかをこれでもかというくらい車に積み込む。8:05出発。すごい。ピクニックやキャンプは手馴れているから、準備も驚くほど早いのだ。途中の町で朝食の買い出し。パンとクリームチーズをササッと買ってきてくれて、車を走らせながら食べる。チャイも自...

  • 0
  • 0

エスファハーンとシーラーズの小旅行 その6 滝のある風景

2012/6/23 土晴れ。8:05起床。テントの外をのぞくと、少し離れたところに滝が見えた。絶景である。朝食を食べてからテントを撤収。手馴れていて撤収もすごく早い。ピクニックの達人であるイランの人たち。それはもうほとんど生活の一部になっている。車に荷物を詰め込んで滝まで歩く。遊歩道ですぐだ。おぉぉ・・・これはなかなか。幾条もの細い滝が岩壁を流れ落ちている。日本のどこかにありそうな景色だが、外国ではなかなかお...

  • 0
  • 0

再びのテヘラン

2012/6/24 日くもりのち晴れ。バスは7:20にテヘランの南ターミナルに着いた。読みどおり。いや、何時に到着予定なのか知らなかったから・・・。今日はウズベキスタンとタジキスタンのビザを受け取れる日。そのまま即行動に移る。まずはターミナルの近くでタクシー探し。どの車も20万Rの言い値。申し合わせでもあるのだろうか・・・。そこへ15万Rで行ってくれるという運ちゃんが現れたのだけれど、ついていくと乗り込む前に別の運...

  • 0
  • 0

タジキスタンビザ取得

2012/6/25 月晴れ。7:00起床。家族のみんなが起きる前、7:30に家を出た。昨晩のハミドさんのアドバイス通り、今回はメトロを使ってタジキスタン大使館へ向かう。家の近くから最寄り駅のAli Abadまで乗り合いタクシーで2万R。思いのほか遠く、通常の言い値は2万5千Rである。メトロは現在ゴドゥス広場近くのTajrish駅まで延びていて、Ali Abadから1時間弱。運賃は二回券が4,500R。メトロにも女性専用車両がある。先頭の二車両ほどが...

  • 0
  • 0

ファルフード来たる

2012/6/26 火晴れ。ようやく今日は何も予定がない。9:00過ぎまで寝ていて、朝食をいただいてから溜まりに溜まった日記を書く。こんなに日記を溜めたのは旅立って以来はじめてだ。ザフロが昨晩買ったハイヒールを試し履きしている姿が微笑ましい。遊びに来たハミドさんのお姉さんと一緒にスイカをいただいたりしていると、あっという間に14:00。昼食をいただいた後もひたすら日記を書き続けた。18:00頃、ハミドさんが仕事から帰宅...

  • 0
  • 0

トルクメニスタンビザ取得・・・できず

2012/6/28 木晴れ。気合を入れて6:00過ぎに起き、6:30に家を出た。家族の皆はもちろんまだ寝ている。タクシーを拾い、メトロでアリ・アバッドから終点のタジリシュまで移動。すっかり通い慣れてしまった・・・。アリ・アバッドからタジリシュまでは50分くらいかかる。この距離を往復4,500R、20円ほどで移動できてしまうのだからメトロは安い。さすがに前回までのようなすし詰め状態の通勤ラッシュには晒されず、早い段階で座ること...

  • 0
  • 0

テヘランを発つ

2012/6/29 金始:15:15 ~ 終:19:15 走行:56kmTehran ~ Pakdasht ~ Sharif Abad 出発の日の朝。晴れ。今日はテヘランから出られさえすればいいやと思っているので出発はのんびり。いつものように朝食をいただき、10:00過ぎにパーキングまで自転車をとりに行った。シートをかぶせてあったにもかかわらず埃だらけだったけれど、それ以外は何事もなし。パーキングの代金はハミドさんが払ってくれてしまった(割引きしてくれて5...

  • 0
  • 0

とにかく暑い!そして向かい風でまったく進まない・・・

2012/6/30 土始:8:05 ~ 終:17:45 走行:84km~ Eyvanekey ~ Garmsar ~ Aradan ~ Deh Namak 朝から暑くて、昼頃になるととても走っていられなくなる。今日も道は平坦。草木の生えない一面茶色の世界。横に見える山々も乾燥した土の山で、どこか他の惑星にでもいるみたいだ。Eyvanekeyで食堂を見つけたので、すかさず寄って朝食。朝の定番メニューのオムレツとパン。もはや朝テントで朝食を食べる気にはならない。暑いのと、...

  • 0
  • 0

今日も暑くて進まない、眠れない

2012/7/1 日始:7:30 ~ 終:19:30 走行:80km~ Lasjerd ~ Sorkheh ~ Semnan 晴れ。朝起きると、パーキングの東屋にはイラン人のテントがいくつも張ってあった。朝から暑く、そして強烈な向かい風。出発してすぐにDeh Namakの町だろうと思っていたのだが、町がない。このあたりは地図に地名は出ているのだけれど、どうもそこに町はない様子。緩い上りがずっと続く。風さえなければ楽勝なのだろうけど、とにかく進まない。水は...

  • 0
  • 0

おまけに上りと風か

2012/7/2 月始:8:35 ~ 終:20:00 走行:79km~ Ahuan ~ Damghanの25kmほど手前 テントを撤収して売店のところに行ってみると、朝からピクニックのイラン人がいっぱい。基本的にイランの人たちは店で食事をするということがなく、買ったものを外で食べるのが大好き。車の屋根に大きな風呂敷包みの荷物を積んで走っているのをよく見かけるが、これはすべてピクニック・セットである。売店のそばに陣取ってトイレに行ったり顔を...

  • 0
  • 0

シャフルードへの道

2012/7/3 火始:8:20 ~ 終:19:00 走行:72km~ Shahrudの20kmほど手前 今日も強い向かい風。道はほぼ平坦だというのに、時速7~8kmでしか走れない。あぁなんでこう毎日東風が強いのだろう。だんだん腹が立ってくる。ひたすら辛かった。何故だか上りだった昨日より辛い。それでも今日は20~30kmおきにパーキングあったので救われた。モスクがあり、チャイハーナやレストラン、商店なんかもあるとてもありがたいスペース。場所に...

  • 0
  • 0

長い夜・・・シャフルードのハミドさん宅にて

2012/7/4 水始:9:50 ~ 終:12:30 走行:24km~ Shahrud テントに泊まった人たちは動き出すのも早かった(自分らが遅すぎるという話もある)。4:30のアザーンと共に起き出して、6:00前にはほとんどの人が出発した。7:00前に起きたときには、張ってあるのは自分らのテントだけだった・・・。隣のサイーデ一家を見送ってからテント撤収。自転車に荷物を積んでいると、シャフルードの先のサブズィバールに住むというホセインさんに...

  • 0
  • 0

長い夜 その2・・・今宵はシャフルードのアリレザの家

2012/7/5 木9:00過ぎに起きてハミドさんと一緒に朝食をいただいていると、マフラガのお兄さんのアリレザが夫婦でやって来た。この人がまたえらくいい人で、かつ非常に気に入られてしまい、ぜひうちに来いと言ってくれる。炭火で入れたチャイをぜひご馳走したいのだと。そう言ってくれたのだけれど、先に進みたいところであるし、今回は遠慮させてもらうことにした。準備を済ませ、12:00にハミドさん宅をあとにする。マシュハドへ...

  • 0
  • 0

トルコのトラック野郎

2012/7/6 金始:10:50 ~ 終:17:30 走行:71km~ Mayameyの先10km 9:00過ぎまでゆっくり寝させてもらった。朝食をいただいて準備を済ませ、アリレザの家をあとにする。家族総出で途中まで送ってくれると言うので、車についていく。44号線に出てさらに10kmほどのところまで送ってくれた。感じのいい一家だった。家族に見送られて、一路44号線を東へ。風は今日も向かい風。強くはなく、そよ風みたいなもんだ。標高1,450mのシャフ...

  • 0
  • 0

一路マシュハドへ

2012/7/7 土始:8:50 ~ 終:17:00 走行:90km~ Mayamey ~ Abbas Abad ~ Davarzanの手前 テント組は相変らず動き出しが早い。東屋のテントは7:00前にすべて撤収されていた。夜中騒いでいた連中だけがいつまでも寝ている。風は今日もそれほど強くない(向かい風には違いないが)。道は概ね平坦。一度1,400mまで上った後は、どちらかと言えば下り基調だった。20kmほど走ると、トルコのオレンジ色のトラックが止まっていた。てっ...

  • 0
  • 0

マシュハド到着

2012/7/10 火始:8:05 ~ 終:20:00 走行:105km~ Binalud ~ Mashhadシーア派の聖地マシュハドは、日本で言うと伊勢神宮のようなところである。宗教施設の集まるハラムの近くにはおかげ横丁のようなところもある。イラン最大の観光地、と言うと語弊があるが、町の中心部はものすごい人でごった返している。昨日買ったパウンドケーキを食べて出発。今日は無風かと思ったのも束の間、すぐに向かい風が吹き荒れる。道は緩い上り。...

  • 0
  • 0

トルクメニスタンビザ取得

2012/7/11 水ものすごい疲労感。ここ数日の風との格闘で脚が棒のようになっている。7時に起きてトルクメニスタン領事館へ。宿から領事館まで歩いて30分弱。気合を入れて開館(8:30)の15分くらい前に着いたのだが、他に誰もいなかった。テヘランの大使館とは雲泥の差だ。結局あとからやって来たのも2、3人のイラン人だけだった。8:30を15分ほど過ぎてようやく窓口が開いた。果たして本国への照会は済んでいるのか、恐る恐るパスポ...

  • 0
  • 0

休養のマシュハド

2012/7/12 木今朝は9:00過ぎまでのんびり寝ていた。依然として激しい疲労感。まだまだ疲れがとれない。やっぱ年には勝てない・・・。最初に昨日顔を出した自転車屋へ行ってみたが、ドーズの予備のブレーキシュー(ネジを切ってない古いタイプのカンチ用)は残念ながら手に入らなかった。昨日に続き店の人がチャイをご馳走してくれる。自転車と言えば・・・ギャグとしか思えないものをイランで見かける。”cannondale”ではなくて”ca...

  • 0
  • 0

国境の町サラクスへ

2012/7/13 金始:11:20 ~ 終:18:40 走行:73km~ Sarakhsの手前120kmほど サラクスというのも発音が難しい。ラテン文字に置き換えると”Sarakhs”となるようなのだが、この”h”の発音が日本人にはうまくできない。日本語表記では”サラフス”となっていることが多いが、どちらかと言えば”サラクス”と書いたほうが実際の発音に近い。人のごった返す宿の前の狭い通りで自転車に荷物を積むのがひどく憂鬱だ。人ごみの中、エマーム・レザ...

  • 0
  • 0

一日休養@サラクス

2012/7/15 日6:00にモルテザに起こされた。職員が来るから起きろ、ということらしい。いったん荷物と自転車を外に運び出し、建物の日陰で自転車の整備をさせてもらう。トルクメニスタン入国前に入念な整備を行う。キャノンデールもドーズもタイヤを一本ずつ新しいものに交換した。これまで履いていたものは既に終了してしまっているので、そのまま廃棄。こういう国では古タイヤもゴミ捨て場に普通に捨てられるので楽チンだ。お店...

  • 0
  • 0