FC2ブログ

Archive2017年12月 1/1

ホイールのバルブ穴変換 米口→仏口

現状、ホイールのバルブ穴は、ジャイアントがUS(米口)、スペシャがフレンチ(仏口)となっている。バラバラなわけであり、それでもまぁ普段はどうでもいいことなのだけれど、長旅になると予備のチューブを二種類持ち歩くのが面倒くさい。それもある。が、それよりもっと厄介なことがあって、ジャイアントの前輪のバルブが乗っているうちに大きく傾いてしまう。こんな感じに。(関連記事) → タイヤのバルブが傾いてしまうときの...

  • 0
  • 0

スペシャとジャイアントのブレーキシュー交換

前回の続きで、今回は実際の作業。このタイプのブレーキシューの交換はすこぶる簡単だ。ブレーキワイヤを開放して、六角レンチでブレーキシューを交換するだけ。アームには、2個のスペーサー(凹形状)と2個のコーンワッシャー(凸形状)、1枚の平ワッシャーを介してナットで固定する。スペーサーの凹形状とコーンワッシャーの凸形状を組み合わせることでうまい具合に固定できるようになっているので、これらを向かい合わせに使...

  • 2
  • 0

Vブレーキのシューホルダーは世の中にほぼ二種類しか存在しないらしい

続いてブレーキシューの交換。スペシャもジャイアントもVブレーキを使っていて、そのブレーキシューの交換の話。Vブレーキのブレーキシューには一体型のものと、パッド部分のみ交換可能なカートリッジタイプの二種類がある。丸ごと交換するなら、部品単価は一体型のほうが安いが、カートリッジタイプのほうが次からの交換は安く済む。予備のシューを持ち歩くのもカートリッジタイプのほうが楽だ。現状、スペシャもジャイアントも一...

  • 0
  • 0

スペシャのリアホイールの振れ取り

これまたけっこう前から気になっていたスペシャのリアホイールの振れ。振れ取りせねばと思いつつ、面倒でなんとなく先延ばしになっていたのだけれど、この機会についでに片付けました。今回はそのあたりの話。振取台にセットして、まずは縦振れと横振れの程度を確認。結果、縦振れは1mm以内に収まっているので、今回は一切いじらないことにする。物にもよるけど、リムというのはどうしても真円ではなく、特に接合部分が異形となり...

  • 0
  • 0

スペシャのチェーン交換とディレイラー調整

ジャイアントに続いて、スペシャ(ROCKHOPPER comp)のチェーン交換の話。こちらは9sで、フロントはトリプル。ギアの最大歯数はフロント=44T、リア=32Tとなっている。チェーンの交換前に、やはり参考までにチェーンの現状を写真に撮っておいた。 (左)アウター×トップ、(右)アウター×ロー (左)インナー×トップ、(右)インナー×ローチェーンの長さは見るからに適性だ。インナー×トップでもチェーンがきちんと引けていて、...

  • 0
  • 0

ジャイアントのチェーン交換とディレイラー調整

このところめっきり寒くなりました。今冬は久しぶりに自転車で旅しようと思っているので、その前にコツコツと自転車を整備しています。やらねばと思いつつ面倒で先延ばしにしていた整備を、この機会に腰を据えて実施。そのあたりのことを数回に分けて記事にします。まずはジャイアントのチェーン交換。マユミのジャイアント(ATX860)は7sで、フロントはトリプル。ギアの最大歯数はフロント=42T、リア=30Tとなっている。寒くてと...

  • 0
  • 0

命をいただくということ

ブログに書こうと思っていたことを、先にマユミに書かれてしまった。→ 小さな菜園のある暮らし ジビエという名の魔法自分が言いたかったのもまぁこういうことなんですけど、ちょっと追記をしておきます。今の日本に生きていて、命をいただく、いただいているのだということを感じられる瞬間というのはどれだけあるだろうか?それも頭で考えるのではなく、体で理解する、本能が瞬時に反応するというそんな場面が。頭で考えれば、そ...

  • 0
  • 0

サイコン今昔物語(スペシャのサイコン交換)

スペシャのサイコンにはキャットアイのVELO2を長らく使っていたのだが、去年の11月にこれが動かなくなった(台座部分のコードの接触の問題っぽい)。使っていないキャットアイのCORDLESS2の手持ちがあったので、その後はこれに交換して乗っていたのだけれど、いろいろ問題があるので、今冬の旅の前に先日新たなものに交換した。今回はそのあたりの話。(左)キャットアイのCORDLESS2、(右)同じくVELO2。VELOシリーズは今でもラ...

  • 0
  • 0

ジャイアントのシートポスト交換(オフセット0mm化)

現在マユミの愛車となっているジャイアントは、もともとは自分が乗っていたもので、マユミには少々サイズが大きい。体力があるため特に問題もなく乗りこなしてしまうけど、ちょっとハンドルが遠いかなぁと、はたから見ていてそんなふうに思わなくもない。ま、十分許容範囲であるとは思うけど・・・。マユミのポジションに合わせるべくできる限りのことはしてある。サドルはめいっぱい前に出してあるし、ステムもこれ以上ないくらい...

  • 0
  • 0

八溝山と雲巌寺

八溝山地は、白河南部から栃木と茨城の県境付近を南下している山地である。厳密に言えばいくつかの山塊からなっていて、南は筑波山にまで至るとされるが、各山塊は谷や平地によって隔てられており、一般には白河南部から茨城の大子あたりにかけて広がる八溝山塊のことをそう言っている。1,000m以下の山が連なるなだらかな山地で、その主峰が八溝山(1,022m)である。山頂は福島と茨城の県境にあり、栃木県境からは僅かに外れている...

  • 0
  • 0