FC2ブログ

Archive2017年10月 1/1

本丸落ちる!・・・雨漏り騒動のその後

前回までに外堀は埋まり、本丸に迫りつつあったものの攻め落とせずにいた我が家の雨漏り騒動。そのさなかに台風21号を迎えたわけであったが、当然雨漏りはしていたものの、風雨が強まっても(ここらは雨より風のほうが強かった)雨漏りの程度は変わらず。ダダ漏れでなかったのがせめてもの救い、不幸中の幸いだった。台風が去ってから、攻城戦を再開。まずはどこから二階の屋根へ上がるか。種々検討の結果、テラスの横にハシゴを...

  • 0
  • 0

【閲覧注意】 猪の解体

猪はこれまでのところ自分で解体したことはない。が、補助をしながら見せてもらったことがあるので、そのときのことを書きとめておく。9月の中ごろ、たて続けに猪が三頭捕れた。その中の一体。雌、三歳か四歳くらいだろうとのこと。ウリ坊を連れていたという話。猪はデカイ。鹿よりずっとデカイ。肉づきがよけりゃ骨格もごつい。基本的に、やることは鹿の場合と一緒。皮を剥き、四肢を外して、肉を切り出す。が、ごつい分、解体す...

  • 0
  • 0

雨漏り騒動

今回の台風21号の仕業ではないけれど、我が家は現在、雨漏り騒動のまっただ中。高遠の奥のほうを巡る旅から帰って以降、仕事のない日は雨漏り対策に忙殺されていた。玄関の上がり口にはじめて雨漏りを確認したのは、今年の8月8日。忘れもしない、台風のため一日遅れた夏の甲子園の開幕日。その日の朝だ。これまでなんともなかったのに、なぜいきなり・・・?ま、伏線はないこともなかった。中古で買った家だが、家を建てた前の...

  • 0
  • 0

鹿の解体

今年の夏から人に頼まれて、鹿や猪の解体を手伝っている。自宅から少し上がったところに、ジビエ工房なる獣の解体施設があり、そこで不定期の仕事としてやっている。自分らにとって貴重な現金収入源のひとつだ。ジビエ工房に持ち込まれるのは、主に罠にかかった鹿と猪。害獣駆除の目的で捕られたもので、鹿が圧倒的に多い。猟期に山で狩った鹿や猪が持ち込まれることはまずないのだが、それでもかなりの数で、次々捕れるから驚く。...

  • 0
  • 0

(条件付きだけど)これはいいかも・・・イワタニ カセットガス ジュニアコンパクトバーナー

イワタニ カセットガス ジュニアコンパクトバーナーそのバーナーの存在を明確に知ったのは、3年8ヶ月の旅から日本に帰ったとき。自宅に向けて自転車を走らせているとき、途中で会った日本一周中のチャリダーが使っていた。へぇーと思い、ずっと気になっていたのを今年になって購入し(買値=3693円)、先日の高遠の旅ではじめて使ってみた。こいつの優れているところは、なんといってもその安さ。まず本体も、山用のいわゆるガス...

  • 0
  • 0

タイヤのバルブが傾いてしまうときの対処法

(左)前輪、(右)後輪、ともに写真の右側が前方自転車に乗っていると、リムに対してタイヤのバルブが傾いてくることがある。上の写真くらいの状態なら実用上何の問題もないが、これを放っておくと、場合によってバルブがさらに傾いてきて、バルブの根元付近でチューブがちぎれてパンクする。この場合のパンクは性質が悪い。普通のパンクと違い、バルブの根元が裂けてしまうから、パッチを張って修理することが不可能。そのままチ...

  • 0
  • 0

高遠の奥のほうを巡る旅 二日目

日付: 2017/10/9(月)行程: 山室川の川原(0800) ~ (0835)芝平峠 1450m ~ (0950)金沢峠 1315m ~ 千代田湖 ~ (1025)杖突峠 1247m ~ 片倉 ~ (1200)松尾峠 1294m ~ (1230)箕輪ダム ~ (1425)猿岩 ~ (1600)自宅走行: 78km昨晩は、夕飯を食べて20:00にはシュラフにくるまったのだが、眠りが浅く、どうにも熟睡できた感じがない。久しぶりの自転車旅で、疲れすぎたのも理由の一つだけど、何より暑かったせ...

  • 0
  • 0

高遠の奥のほうを巡る旅 一日目

久しぶりに自転車旅の記事。一月の走り初め以来となるだろうか?今年は夏以降めっぽう天気が悪く、中央アルプスも南アルプスも、山の見えた日が数えるほどしかなかった(特に中央アルプス側が悪い)。伊那谷の中だけは晴れていたりするのだが、出かけようとすると山は毎度雲の中で、出かける気分をそがれていた。ここへきてようやく晴れるようになり、休みのタイミングが合ったので、気になっているルートのひとつをマユミと走って...

  • 0
  • 0