FC2ブログ

Archive2016年10月 1/1

部奈にかける橋

ひじょ~にローカルな話題です。部奈(べな)という集落がある。山というか尾根というか丘というか(いわゆる段丘のひとつということになろうか)、そんなものの上にある集落。Photo by BehBeh (2008/8/13)山上の平坦部の標高が650mくらいあるから、天竜川沿いを走る国道や県道などからはまったく見えない。高い所へ上ってはじめて姿を拝める、というマチュピチュのような場所である。(ここらはそんな場所だらけですけど・・・)...

  • 0
  • 0

サドルのレビュー:TIOGA Acentia FORTIS AURA

最初に結論を言っておきましょう。結論:だめだこりゃ今回レビューするモノは、AcentiaのFORTIS AURAというサドル。センター部分のカットされた、クッション性に優れた柔らかめのサドルです。購入時の価格が2,300円ほど。いわゆる低価格帯のサドルです。ちなみに、AcentiaというのはTIOGAのブランド。マユミのジャイアントに装着して使用していたのだが、どうも長時間乗るにはマユミでも柔らかすぎる...

  • 0
  • 0

ヘリテイジさん、ありがとう!

テントはエスパースのマキシムを愛用している。エスパースのテントを知ったのは山岳会に入ってからのことで、いくつかあった会のテントがすべてエスパースだったものだから、一年中どこへ行くにもこれらのお世話になっていた。自分のエスパースを買ったのは2006年、確か最初に使ったのはその年末年始で行ったパタゴニアだ。それから10年、これまでにいったいどのくらい使ってきただろうかと数えてみたら、およそ600泊だっ...

  • 0
  • 0

旧道を歩く・・・中仙道妻籠宿と馬籠宿(自転車アプローチ) 【三日目】

日付: 2016/10/12(水)行程: 妻籠城址(0805) ~ 清内路トンネル(1015) ~ 清内路 ~ 阿智 ~ 天竜峡 ~ 自宅(1505)すっかり秋の空気となった。昨日までと比べてひんやりしている。昨日、一昨日と無風だったのだが、今朝は少々風があり、木の葉の揺れる音が寒々しい。帰りはどこを走って帰るか・・・といっても選択肢がいくつもあるわけではないのだが(北上して権兵衛峠を越えるという手も一応ある)、相談の結果、清内...

  • 0
  • 0

旧道を歩く・・・中仙道妻籠宿と馬籠宿(自転車アプローチ) 【二日目】

日付: 2016/10/11(火)行程: 妻籠宿第3P(0850) ~ 馬籠峠(1010) ~ 馬籠宿(1100) ~ 馬籠峠(1310) ~ 妻籠宿第3P(1410) ~ 南木曽駅前 ~ 妻籠城址(1620)昨晩は19:30には寝てしまったのだが、疲れていて今朝は6:30まで寝ていた。相変らず食欲はなく、お湯を沸かしてコーヒーだけ飲んでテント撤収。距離にして300mほど下ると旧中仙道と出合い、そこにトイレがある(なんと水洗!)。城址をあとにして妻籠宿へ...

  • 0
  • 0

旧道を歩く・・・中仙道妻籠宿と馬籠宿(自転車アプローチ) 【一日目】

長らくのぐずついた天気が一段落した秋の日、タイミングよくまとまった時間がとれたので、そのうち行こうと思いつつなかなか行けずにいた妻籠宿と馬籠宿へ行ってきました。自転車で妻籠宿へ出て、中日に妻籠宿から馬籠宿まで歩いて往復するという二泊の旅です。日付: 2016/10/10(月)行程: 自宅(0800) ~ 飯田峠(1220) ~ 大平峠(1310) ~ 妻籠宿(1410) ~ 南木曽駅前 ~ 妻籠宿(1710) ~ 妻籠城址幕営(1810)8時...

  • 0
  • 0