FC2ブログ

Archive2014年12月 1/1

このリムで、よく日本まで帰ってこられたものだ・・・

BB回りをメンテして、クランクにガタのなくなったキャノンデール、あと問題はリアのホイールです。何を隠そうキルギスで車に追突されたホイールをまだはいていたんですね・・・帰ったらすぐに替えようと思いつつ、ずっとそのままになっておりました。長野に帰ってからスポークが一本折れ、振れが大きくなったので調整したかったのだけれど、締めすぎによりニップルがいくつか死亡している状態。今回腰をすえてホイールを修復する...

  • 0
  • 0

HARUHISA WATANABE EXPEDITION

タジキスタンのドゥシャンベで夜な夜な語り明かした渡辺君。いやー楽しかった。刺激的だった。なんというか、自分と価値観の近い人だと知ってからは、毎日話をするのが楽しかったし、そして嬉しかった。夜な夜な時間を忘れて語り明かしましたね。2012年12月26日、渡辺君が厳冬期のロシア極北ムルマンスクで車に追突されて事故死したと知ったのは、青島にいるときでした。日本に帰ってからご実家を訪ね、以降、ご両親にはなにかとお...

  • 0
  • 0

安物買いの・・・スペシャのステムを再度交換

本文と関係ないですけど・・・今朝の中央アルプス自宅近くから見ると、一番に日が当たるのは空木。右の白いのが空木です。今頃は空木の山頂に日が射すのが7時ちょっと前ですね。今朝は冷えました。-10℃になったのは今シーズン初めて。野辺山では-20℃まで冷え込んだらしいですね。でも、何の根拠もないですけど、このあと暖かくなるのも早いだろうなと、なんだかんだで今年は暖冬だろうなと、そんな風に思っています。さて、...

  • 0
  • 0

はじめてチェーンの通し方を間違えた・・・

前回チェーンリングとBBをメンテしたキャノンデールにチェーンを組み付けます。キャノンデールのチェーンのリンク数は116L、今回買ったチェーンも116L。よって、今回はチェーンを切る必要がなく、買ったままの状態で組み付けるだけ。チェーンを組み付けてからリアディレイラーの調整。ロー側のストローク調整は、パンタグラフを手で押してみて、もっとも内側にストロークしたところがローギアの中心線上となるように調整...

  • 0
  • 0

TRUVATIV GXP ・・・クランクとBBの脱着

トゥルバティブというのは、どうやらスラム傘下の部品メーカみたいですね。自分のキャノンデールには、そのトゥルバティブのGXPというBBがついています。今回はそのGXPのBBの脱着について。基本構造はホローテックⅡとほとんど同じだと思うけど、一部特殊なところがあります。まずは左クランクの取り外し。ここが少々特殊です。トゥルバティブの左クランクはダブル六角ボルト構造となっていて、これはクランク抜き工具を...

  • 0
  • 0

フロントのシフターは昔の無段階のタイプがいいな・・・

今回はドーズのディレイラー調整について。前に書いたスペシャのディレイラー調整と違うところはないのですが、ドーズは8sスプロケ×7sシフターとなっているので、そのあたりのことについて追記します。シフターが7sですから、スプロケが8sであっても基本的に7段分のギアしか使えません。無理に調整すれば8段分使えないこともないのだが、それはインデックスの位置からはずれたところに無理矢理ギアが入っているだけだし...

  • 0
  • 0

チェーンの交換と長さ調整

チェーンというのは使っていると伸びます。「チェーンが伸びる」とはどういうことなのか・・・チェーンのピン及びブッシュ(内プレート)のピン穴が磨耗すると、ピンとピン穴の隙間が大きくなり、チェーンを引っ張ったときに見かけ上その隙間の合計だけチェーンが伸びることになる、ということ。なんというか、チェーンそのものが実際に伸びているわけではありません・・・。磨耗している部分は外プレートに隠れて見えないから、パ...

  • 0
  • 0

ドーズのBBとチェーンリングのメンテ2・・・BBの脱着(BBが左右逆に装着されているのかと焦った件)

前回の続きです。今回はBBの脱着について。【BBの脱着】ここでもBBツールという専用工具が必要になります。スクエアテーパー、オクタリンク系のBBツールはこんなものです。ISISのBBも溝の形状は一緒なのですが、工具によっては微妙に長さが足りず、軸が引っ掛かって届かないものがあります。写真のものはオクタリンクとISIS兼用のものです(安物ですけど・・・)。ちなみに、カンパのスクエアテーパーのBBを外...

  • 0
  • 0

ドーズのBBとチェーンリングのメンテ1・・・クランクの脱着

ドーズのチェーンとチェーンリング、それからリアディレイラーも、泥を含んだチェーンルブですごいことになっている。もういじるのも嫌な状態。せっかく新しくしたスプロケをこんな条件で使いたくない・・・ということで、分解して徹底的に掃除することに。チェーンは伸びていてどのみち交換しないとダメだから、この機会に新品に交換(おかげで掃除の必要なし)。そのことはまた次回書くとして、今回はチェーンリングとBBの脱着...

  • 0
  • 0

BBの規格について

「規格」というのは、当然ないと困るものなんですけど、あまりコロコロ変更されるのも困りもの。自転車の世界もそうですね。性能向上のため、品質向上のため、などと言われれば聞こえはいいですけど、あとで部品を買ったり交換したりするときに非常に困る。規格変更ビジネスという一種の詐欺商法ではあるまいか・・・そういぶかりたくなることもある。自転車にも様々な規格がありますが、規格変更ということで言えば、BBが最たる...

  • 0
  • 0

ドーズのカセット交換・・・8sスプロケ×7sシフターの組み合わせ

シマノは7s⇒8s⇒9s・・・とギアの枚数を増やしてきたわけですが・・・7s⇒8sにするときに、ハブのフリーの長さ変更した(長くした)。7s⇒8sへ、同じチェーンを使って8s化しているので、当然ながらカセットの総幅はスプロケ一枚分増えるわけです。よって、7sのフリーに8sのカセットは組み付きません(スペーサーを入れるなりすれば逆は可能なのだろうか???)。8s以降、少なくとも10sまでは(例によって1...

  • 0
  • 0

シマノチェーンの互換性について

今回はチェーンの話です。うちにある自転車はビアンキだけカンパ(レコード9s)なのですが、残りはすべてシマノを使っておりまして、以下の内容はシマノを前提にした話です。ママチャリなんかのシングルスピードの自転車のチェーンと違い、ディレイラーで変速する多段ギアのスポーツバイクのチェーンはナローチェーンとなっている。それも、ギアの枚数によってスプロケ間の距離が変わるから、それに対応したチェーンもまた仕様が...

  • 0
  • 0

スペシャのステムを交換

前回のテスト走行で、「ステムを替えよう!」という結論に達したスペシャのステム、交換しました。代替品はバズーカの安いアジャスタブル・ステム(2,300円ちょっと)。ステム長は95mm、-40~20°の範囲で角度を調整できる。で、めでたくポジションは出ました!しかし・・・問題がひとつ。可動部のところでステムがガタつく。何度やり直しても、どうやってもガタつく・・・orz。そんなに大きく動くわけではない。が、...

  • 0
  • 0

自転車のサイズとポジションについて2・・・旅の自転車

荷物満載で長距離を走る旅の自転車というのは、車で例えるなら長距離トラック。サーリーからロングホールトラッカー(長距離トラック野郎)というモデルが出ているけど、「まさに」という感じのうまいネーミングだと思う。ちなみにこの自転車、世界中を走り回っている人たちの中では圧倒的なシェアではなかろうか。それが良いことなのか悪いことなのかは別にして、あちこちでよく見かけます。自転車の盛んなヨーロッパでは、旅用自...

  • 0
  • 0