FC2ブログ

Archive2014年09月 1/1

秋の陽だまりハイク・・・蓼科山(2,530m)

9月27日、御嶽山が噴火。つい十日ほど前に登った山(自転車アプローチ登山10 御嶽山(3,067m))が噴火したということで、たいへん驚きました。その日は二人で蓼科山に行ってました。御嶽からの帰り、権兵衛トンネルで木曽から伊那谷へ抜けたときにきれいに見え、登りたくなったという山です。噴火のことは、帰りの車のラジオで知りました。ちょうど大相撲を聞いていたところ、中継が中断してニュースが入った。そのときは噴...

  • 0
  • 0

こいつはなかなか優れもの

過去に撮影したネガ・フィルムやカラーリバーサル・フィルムをけっこう持っていて、すべてデータ化したいと常々思っておりました。この場合一番簡単な方法は、フィルムをキタムラなんかに持ち込んで、データをCDに落としてもらう方法。過去に何度か依頼したことがあるのですが、問題はやはりコスト。フィルム一本につき、今でも300~400円くらいかかると思います。数年前ならその倍近くかかった。一方、フィルムスキャナー...

  • 0
  • 0

世界百名山

少し前に「日本百名山」のことを書きましたが、「世界百名山」という本もあるのをご存知でしょうか?本というか写真集なんですけど。白川義員さんの作品集です。三部作で、一冊が三万八千円(税抜き)もするんですけど、自分はこれを持っているんですね。もちろん所有している本の中でもっとも高価です(笑)。2001年から2002年にかけて順次出版されたものなんですけど、写真に感動してしまって、出版と同時に購入しました...

  • 0
  • 0

自転車アプローチ登山10 御嶽山(3,067m)

木曽のおんたけさんに行ってきました。久しぶりの自転車アプローチです。日付: 2014/9/17(水) ~ 9/19(金)ルート: 自宅 ~ 権兵衛トンネル ~ 木曽福島 ~ 開田口 ~ 御嶽山 ~ 開田口 ~ 木曽福島 ~ 権兵衛トンネル ~ 自宅ひとつの山としてはおそらく日本で最も大きいのではなかろうかという御嶽山。深田久弥の「日本百名山」の中では次のように記述されている。「普通御嶽は日本アルプスの中に入れられるが、この山は...

  • 0
  • 0

日本百名山

先日、ブックオフで深田久弥の「日本百名山」を見かけ、買ってみた。パラパラ読んでみると、これがなかなかおもしろい。これまで、こういったことにはあまり興味がなかった。こういったことというのは、その山が人とどう関わってきたとか、いつ頃から登られてきたとか、はたまたその山の植生などといったこと。クライミングにのめりこんでいるときは、山を単に登攀の対象として捉えていた。興味があるのはルートの難易度であり、雪...

  • 0
  • 0

地蔵尾根から仙丈岳(3,033m)

暑くも寒くもない、山歩きに打ってつけの季節となりました。ようやく天気が安定したかなという日に(今年は本当に酷い天気でしたね)、仙丈岳に行ってきました。本当は前日午後に自転車アプローチするつもりで準備していたんですけど、あまりに不安定な天気で断念しました。雷ゴロゴロ、雨ザーザー・・・うちのあたりはたいして降らなかったんですけど、中央アルプスも南アルプスも怪しい雲にスッポリ包まれていました。実は、仙丈...

  • 0
  • 0

世界で一番大きい山

世界で一番大きい山はどこだろう。その山をドーンと目の前にして、一対一で対峙してみたい。単純にそう思うのです。山の大きさ(高さと置き換えても差し支えない)というのは、評価する(感覚的に捉える)のが難しい。例えば世界最高峰のエベレストは標高8,848m。もちろん絶対的な標高では世界最高峰なわけだけれど、山がドーンと見えるところまで行くと既にそこが5,000m以上あるから、そこから見えているのはせいぜい3,000~4,000...

  • 0
  • 0

歩くということ(そして老化について思うこと)

歩くというのは、人間にとってもっとも基本的なことの一つであると思う。二本足で歩くというのは、普段何気にやっていることですが、実は体にけっこう負担のかかることである、ということに最近気付いた。歩いているときに脚の付け根や尻のあたりを触ってみるとよくわかる。けっこうな力がかかっている。よって本来注意していないと、筋力や関節というものはすぐに劣化してしまうものなのではなかろうか。これまでは特に意識して歩...

  • 2
  • 0

歩いて陣馬形山へ(夏の終わりに)

日付: 2014/9/3(水)ルート: 自宅 ~ 柳沢 ~ 桑原 ~ 四徳 ~ 陣馬形山 ~ 美里 ~ 大草 ~ 自宅すっかり涼しくなりました。というか、今年はずっと涼しかったと思わなくもない。今年は夏というものがあったのだろうか???晴天率が高いと思われるここ伊那谷でも、梅雨以降スッキリしない天気が続いてます。大雨ということはないですが、雨もそこそこ、いつもの年より降っています。入梅の頃から山が見えた日がほとんどあり...

  • 0
  • 0