FC2ブログ

Archive2012年09月 1/1

キルギス脱出!

中国ビザも取れたところで、予定通り明日ビシュケクを発ちます。カザフ国境まではたったの20km。ようやくのキルギス脱出。国慶節に絡んで9/28の15:00から10/7まで中国国境はクローズ。よりにもよって尖閣絡みで人民のごく一部が暴徒化・・・。中国入国は連休明けにしようと思います。カザフで時間を持て余すだろうなぁ・・・。最近の中国のネット事情がどんなものだか知りませんが、暫ら~くブログのアップはできなくなると思いま...

  • 0
  • 0

ビシュケクの日々 その3

たびたび話が飛んで申し訳ないですが・・・2012/9/16 日自分らにとってまったくいいとこなしのキルギス。気分転換に、居心地のよかったイランの日記を少しアップした。朝はパンとコーヒー、午後に外食して夜は宿で軽く済ませる、というのがここでの食生活。外食は毎日中華を食べに行っている。似たようなお金を出して不味いキルギス料理などわざわざ食べる気がしない。それにしても・・・中国ビザが取れるまで暇である。何もせず...

  • 0
  • 0

レズヴァンシャーの日々 その5

2012/6/2 土朝食後、ファルフードに誘われて近所の自転車屋へ。特にこちらに用事があったわけではなく、壊れたクイックリリースのシャフトを新調したいファルフードに付き合っただけ。日本旅行を計画しているファルフードであるが、実は彼の旅にはスポンサーがたくさんついている。この自転車屋もそんなスポンサーの一つ。新品の自転車を一台提供してもらえるらしい。他にも10,000ドルもの大金(イランの物価に照らし合わせるとそ...

  • 0
  • 0

レズヴァンシャーの日々 その4:アルデの山小屋

2012/5/30 水晴れ。朝食をいただいてから洗濯をさせてもらい、それからファルフードに誘われてバザールをブラブラ。15:00頃昼食。この日はタレシュの郷土料理をいただいた(名前は忘れた)。昼食後は昼寝。すっかり昼寝の習慣が身についてしまった。さて、いったい何時に山小屋に行くのかなぁ・・・今日は行くのやめたのかなぁ・・・と思っていたら、19:30頃ゾフレの一家が車二台で迎えに来た。ゾフレの一家は、ゾフレの他に旦那...

  • 0
  • 0

レズヴァンシャーの日々 その3:ファヒメの誕生日

2012/5/29 火晴れ。朝起きるとファルフードは既にどこかに出かけていて、二人だけで朝食をいただき、シャワーを浴びさせてもらう。しばらくするとファルフードが帰ってきて、今日はファヒメの23歳の誕生日だと教えてくれた。どうやらファルフードはケーキを注文に行っていたらしい。親類に声をかけてパーティーをやるという。「ファヒメには内緒にしておいてくれ」、と言う。自分らの行動予定は完全に彼に握られている。まずは近...

  • 0
  • 0

レズヴァンシャーの日々 その2:マースーレにドライブ

2012/5/28 月晴れ。一、二泊してすぐ発つつもりで自転車の荷物は積んだままにしていたのであるが、なんとなくファルフード家の滞在が長くなりそうな雲行き。荷物を自転車から降ろした。ファルフードの家の隣には、じいちゃんが一人で住んでいる。それじゃあ寂しいだろうとファルフードが家の塀にドアを作って、自由に行き来できるようになっている。そのじいちゃんの家に息子さんが田植えの手伝いに来ていて、息子さんの小さな娘...

  • 0
  • 0

レズヴァンシャーの日々 その1

2012/5/27 日晴れ。朝食は玉子とパン、バター、チーズにチャイ。これが定番といったところ。ファルフードと一緒に美味しくいただく。ファルフードは行動が突飛である。近所に障害児の学校があって、ファルフードはその学校を支援している。昨晩、唐突に明日学校を見に行こうという話になった。洗濯してからファヒメが学校に連れて行ってくれた。言いだしっぺの本人は仕事で行けない。残念ながらちょうど夏休み前の試験期間中で、...

  • 0
  • 0

レズヴァンシャーのファルフード宅

2012/5/26 土始:10:30 ~ 終:18:30 走行:89km~ Shirabad ~ Lisar ~ Hashtpar(Talesh) ~ Punel ~ Rezvanshahr晴れ。朝食をいただいて出発。今いるところは、カスピ海に面したイラン北部のギーラーン州。イランきっての観光地で、休日にはテヘランなどからも人がやってくる。イランでは珍しく緑の濃い、美しいところである。イランの道路は広くて、舗装もたいていきれいで走りやすい。交通量は町の中と外でかなり差があ...

  • 0
  • 0

ナセルとアリレザの家@ハヴィック

2012/5/25 金始:10:35 ~ 終:13:30 走行:29km~ Haviq晴れ。ヤゼールは昨晩話していた通り朝早くに出かけてしまい、朝食をいただいてから奥さんと息子さんに見送られてヤゼールの家をあとにする。イランに入って俄然アジアだと実感できる。道路脇には水田が広がっている。125ccくらいの小型バイクがたくさん走っていて、そこに家族連れで3人乗り、4人乗りしている姿はまぎれもなくアジアだ。物価もグッと下がった。イランに入...

  • 0
  • 0

アスタラにて・・・イラン入国

★★★ イランの日記をアップします ★★★最近の日記をアップし終えたところでイランの日記をちょっとアップします。時系列がグチャグチャになってしまいますがご勘弁を。キルギスはネガティブな日記ばかりでしたので、ここらで気分転換に・・・2012/5/24 木始:9:20(アゼル時間) ~ 終:19:30(イラン時間) 走行:38km~ Avrora ~ Pensər ~ Ərçivan ~ Astara ~ 国境 ~ Astara曇り時々雨、時々日が差す。昼に国境が閉まるこ...

  • 0
  • 0

ビシュケクの日々 その2

2012/9/13 木ビシュケクの南30kmほどのところにあるアラ・アルチャ自然公園に、同宿の人たちと一緒にタクシーをシェアして行ってきた。メンバーは自分ら二人のほかにニッキ君、キヨハラ君、タイラ君の計5人。曇り時々晴れ、一時雨というあいにくの天気であったが、久々の山歩きで気持ちよかった。歩き出しの標高が2,000mほど。アラ・アルチャ川に沿って広い谷を詰めてゆく。まぁはっきり言って見られる景色はたいしたものではない...

  • 0
  • 0

ビシュケクの日々 その1

2012/9/6 木朝一に自転車でカザフ大使館へ。開館の30分ほど前に着いたのだが、既に20人くらいの人がいた。やはり順番は大使館側が管理するのではなく、訪れた人が自発的に紙に名前を書いて順番待ちしている。ビザ代は種類によって通常30ドルとか60ドルとかかかるのだけれど、日本人とトルコ人だけは無料。無料であらゆる種類のビザが取得できる。通過するだけの予定の自分らはそれほど長いビザは不要であったが、先の細かい日程を...

  • 0
  • 0

ビシュケク到着

2012/9/5 水始:9:05 ~ 終:16:40 走行:69km~ Karabalta ~ Aleksandrovka ~ Sokuluk ~ Bishkek広くてきれいな道路を8kmほど北上すると、ビシュケクとカザフスタンのシムケントを結ぶ道にぶつかった。ここは・・・そこは先日車に追突された道路ととてもよく似た状況だった。狭くて車が多い。アスファルトが割れて道路端の舗装が剥げ、狭い道を余計に狭くしている。もちろん車の運転は乱暴でめちゃくちゃ・・・。この間の事...

  • 0
  • 0

ビシュケクへの道 その2:二つの峠

2012/9/3 月始:9:30 ~ 終:18:40 走行:65km~ Ala Bel峠(3,175m) ~ 峠から40km下ったところ朝は寒かった。シュラフにくるまっているのが気持ちよくて、いくらでも寝ていられる感じ。ここのところ連日しごかれていて、出発前から既に疲れていたりする。アラベル峠に向けて昨日の続きを上る。ちょっと走ると養蜂家の人たちは姿を消し、代わって遊牧民の世界となる。蜂蜜の代わりにクムス(馬乳酒)が道端で売られている。夏...

  • 0
  • 0

ビシュケクへの道 その1

2012/8/31 金始:9:20 ~ 終:19:30 走行:70km~ Razan-Say ~ Karakol ~ Karakolの先10kmほど独立記念日の今日は祝日。そのせいもあってか、車が少なくて助かった。ダム湖の連続するNaryn川沿いに北上する。峡谷沿いの道で眺めがよさそうに思えたのだが、これがまたパッとしない。殺伐としたガレたハゲ山がどこまでも連なっていて、景色に変化がない。走っていてとても退屈・・・なのだが、時々アップダウンを織り交ぜながら...

  • 0
  • 0

キラーロード・・・

2012/8/30 木始:10:10 ~ 終:18:35 走行:79kmMassy ~ Kurulush ~ Kochkorata ~ Mombekov ~ Burgundu ~ Kyzyl-Tuu ~ Tashkomuraの先のダム手前7:30頃バザールのマガジンへ仕事に行ってしまうボカティギュと先に別れの挨拶を交わし、いつも通りナーンとチャイとブドウの朝食をいただく。ショヤビックやバフリンサたちに見送られて10:00過ぎに出発。三日間お世話になりました!キラーロード・・・ビシュケク~オシュ街道の...

  • 0
  • 0

マースに足止めの三日間

2012/8/27 (月)この日は病院に行ってレントゲンを撮り、それから自転車屋へ行く予定。ナジーラの話だと、ジャララバードに修理のスペシャリストがいるらしい。ホントかよ?他の人と待ち合わせたり、途中でナジーラをピックアップしたりして、病院へ行くまでやたらと時間がかかった。ウズベキスタン国境に近いこのあたり一帯はウズベク人の居住地区。事故の関係者が全員ウズベク人なら見かけるのもほとんどウズベク人。キルギス...

  • 0
  • 0

事故!!!

2012/8/26 (日)始:8:30 ~ 終:14:00前・・・事故により行動終了 走行:44km~ 事故現場:Jalalabadへの分岐から25kmほど先 ~ Massyパミールは道路閉鎖中で結局走れなかったし、とにかく人が暗くてこちらまで気が滅入りそうだったタジキスタン。そんな国から入国し、ちょっと期待していたキルギスタン。入国早々のバトケン地方(チョン・アライ地方)こそ美しくて感動したものの、オシュに近づくにつれてイメージがガタ落ち...

  • 0
  • 0