FC2ブログ

Archive2012年08月 1/1

そんな話って・・・まさかの・・・

2012/7/31 火宿でボリューム満点の朝食をいただき、洗濯なんかを済ませてからサマルカンド観光へ。まずはレギスタン広場。さすがにここは見応えがある。美しい青のタイルで見事に修復されたサマルカンドの中心・・・が、反面、すぐに興醒めする気分が自分の中に盛り上がってくる。なんと言うか、こういうところは朽ちた状態でもいいから元の状態のものを見せてほしいなぁといつも思う。時間の経過をまったく感じられない真新しく...

  • 0
  • 0

サマルカンドに着いたけれど・・・

2012/7/30 月始:8:45 ~ 終:18:30 走行:93km~ Kattakurgan ~ Samarqandチャイとナーンをいただいて出発。今日も暑さは感じない。日中の日陰の気温が37℃ほど。陽射しは強いが、湿気がない分これだと日本の夏より過ごしやすい。道がよくない・・・コンクリートの板を敷き詰めた道で、4~5mほどの間隔で継ぎ目の段差が現れる。ボロボロのアスファルトの方がまだマシだ。こういう道はポーランドにもたくさんあった。アスファル...

  • 0
  • 0

サマルカンドへの道

2012/7/28 土始:12:00 ~ 終:19:00 走行:69km~ Galaasiya ~ Vabkent ~ Gizhduvan ~ Tavosの先のんびり起きだしてパッキングし、昼食を食べて12:00に出発。ブハラから先は緑が濃かった。こんなに緑の濃いところを走るのはいつ以来だろう。久々に緑が目に眩しい。が、道は単調で走っていて少々退屈。路面もあまりよくない。でも、昨日同様暑くなく、時々吹く風も爽やかに感じる。走っていてとても気持ちがいい。まさにこの...

  • 0
  • 0

ブハラで休養の日々 その2

2012/7/25 水特に改めて観光ってことはしていないのだけれど、町中を適当にブラブラしている間に主なものはほとんど見られてしまった感じ。観光の町ブハラは両替えのレートがよくない。なんだかんだでホテルの少年に頼んでもらうのが一番レートがよかった。$100両替えして、$1=2,780Us。なんてったって最高額の紙幣が日本円にしてたったの28円だから、両替商も大変だ。大きなバッグを持ってホテルのロビーに現れた。鞄の中は札束...

  • 0
  • 0

イランでお世話になった人たち

イランではたくさんの方たちにお世話になりました。日記をしばらくアップできそうにないので、お礼方々お世話になった方たちのことだけひとまず挙げておきたいと思います。ヤゼールさん一家@アスタラ:1泊ナセルさん一家@ハヴィック:1泊ファルフードさん一家@レズバンシャー:8泊スペシャルサンクス:ペイマン&ナイード ファルフードのお姉さんゾフレさん一家の山小屋@アルデ:2泊モハンマドさん一家@ラシュト:1泊スペシ...

  • 0
  • 0