FC2ブログ

Archive2010年11月 1/1

サンティアゴ

2010/11/19 金北の方はさすがに晴れているだろうと思っていたのだが、明るくなってからもどんよりとした天気。10:20頃サンティアゴに到着。薄日も差しているがやはり今ひとつパッとしない天気だ。インフォメーションで確認すると南のスール・ターミナルに着いたらしい。地図を見るとセントロまで1.5kmほどの距離なので徒歩圏内、地下鉄に沿って歩くことにする。サンティアゴは大都会。人が溢れ、何から何まで物も溢れている。その...

  • 2
  • 0

チロエ島 ~ プエルト・モン ~ サンティアゴ

2010/11/18 木朝からあいにくの雨。もう少しチロエ島の家々を見て回るつもりだったのだがそんな気分にならず、WiFiの使えるホットドッグ屋に入り浸って時間を過ごす。じいちゃんちの薪ストーブで濡れた服を乾かし、17:00のバスでサンティアゴへ発つ。セミ・カマと言いつつアルゼンチンの快適なバスと比べるとかなり窮屈、食事もなし。プエルト・モンまでは超満員で立ってる人もいて余計に窮屈だった。プエルト・モンも雨・・・ホント...

  • 0
  • 0

チロエ島

2010/11/15 月何もしてないのに異様に眠い。おそらく夜遅くまで明るい所為だ。10:00のバスでチロエ島へ。プエルト・モンの小さなバス・ターミナルはどことなくごちゃごちゃしている。その場でバスのチケットを購入。チロエ島行きのバスは3社ほどが運行しており、10:00のバスはクルス・デル・スール(ペルーのとは別会社)のバスだった。このあたりでは最大手のバス会社で、オフィスの窓口も乗務員も態度が横柄な感じ。運賃は通常片...

  • 0
  • 0

プエルト・モン その2

2010/11/14 日日曜の今日は昨日が嘘みたいに町の中がひっそり静まり返っている。南京虫の被害もここへきてようやく沈静化した・・・。日曜にチロエ島へ行ってもなぁ・・・ということでチロエ島行きを一日延ばしたので今日はプエルト・モンでのんびり。特に一日何もしてないので今日はチリのことについてちょっと。ご存知の通り、チリはアルゼンチンの隣にある細長い国。南北の長さ4329kmに対し東西の幅は平均175kmほどしかない。...

  • 0
  • 0

プエルト・モン その1

2010/11/13 土朝目覚めると船は停止していた。予定の6:00より早く船はプエルト・モンに着いたらしい。すぐに叩き起こされることもなかったので暫くウトウト。8:00近くになって隣の部屋の人の気配がなくなったので荷物をまとめて出る準備をしていると、あと15分で下船、みたいな船内放送があった。荷物を持ってラウンジに下りると、他の人たちが食事をしていたり食べ終えていたり・・・あっ!今日の朝食もあったのね。急いで朝食を...

  • 0
  • 0

プエルト・チャカブコ ~ プエルト・モン

2010/11/12 金昨晩船に乗ったときからマユミは自分以上に浮かれていて落ち着きがない。完全に舞い上がっている。今朝も船が動き出す前から外に出て写真を撮りまくっていた。自分は昨晩の夜更かしがたたって起きられず、残念ながら出航のシーンは見逃してしまった。船はほぼ6:00ピッタリに動き出したようである。回頭するのにけっこうな時間がかかったとマユミが言っていた。8:00から朝食を食べ、その後はずっと外にいた。おかげで...

  • 0
  • 0

コジャイケ ~ プエルト・アイセン ~ プエルト・チャカブコ

2010/11/11 木今いる宿にはチレーノの労働者が多数泊まっている。皆さんどこか遠くから長期の仕事にでも来てるのかしら。朝アルマス広場の方へ行ってみるとロードレーサーが何台も走っている。どうやらこれからレースがあるらしい。人に聞くとあと15分ほどでスタートするというのでスタートを待つことに。ちゃんとチームになっていてサポート・カーもついている。距離は100kmと短いからチリ国内のアマチュアのレースであるらしい。...

  • 0
  • 0

コモドーロ・リヴァダヴィア ~ コジャイケ

2010/11/10 水今日もけっこう朝が早い。8:00のバスでコジャイケへ向かう。ようやくアルゼンチンから脱出できる。バスは久々に一階建て。週二本しかないのでさすがに混んでいる。けっこう早くにターミナルに入っていたのに、荷物の積み込みにやたらと時間がかかり出発したのは結局8:30。2時間ほどでサルミエントに着き、そのちょっと先から道はグラベルになる。徐々に小高い丘が現れてきて、心なしか緑も濃くなり、車窓の景色に変...

  • 0
  • 0

コモドーロ・リヴァダヴィア

2010/11/9 火8:15のバスでコモドーロ・リヴァダヴィアへ向かう。昨日チケットを取ったときにはかなり席が埋まっていたのに同じバスに乗りそうな人があまりいなくておかしいなぁと思っていたら、珍しく今回は始発のバスじゃなかった。シートのリクライニングが固定しねぇ・・・壊れているのかこういうものなのか、シートを倒しても徐々に戻ってきてしまう。他にもそんな人が多数。1時間でトレレウに着く。ここでいったんバスの整備...

  • 0
  • 0

プエルト・マドリン その3

2010/11/8 月天気予報通り快晴!自転車をレンタルし、陸からクジラを見られるポイント、エル・ドラディージョまで行ってきた。昨日言われたとおり9:30におっちゃんのところへ行って自転車を借りる。マシンはママチャリではなく一応MTBであった。エル・ドラディージョはプエルト・マドリンから20kmちょっと、ヌエボ湾に沿って海沿いの道を北へ向かう。久々の自転車は実に爽快!5kmほど走ったところから右手のグラベル・ロードに入る...

  • 0
  • 0

プエルト・マドリン その2

2010/11/7 日一昨日聞いた通り今日は天気がイマイチ。朝からどんよりと曇って時々雨もパラパラ。一日中風が強くて寒かった。パタゴニアは厳しい土地だ。平地にいながらにしてどことなく冬山の厳しさを感じてしまう。朝から溜まった日記を書く。町にある自然科学海洋博物館に行こうと思っていたのだが、インフォメーションで聞いたら土日は休みだった・・・。日曜の今日は店が軒並み閉まっていて、より一層町の中がひっそりしてい...

  • 0
  • 0

バルデス半島

2010/11/6 土快晴というわけにはいかないが、昨日聞いたとおりまずまずのツアー日和。8:00過ぎに宿の前でミニ・バスにピックアップしてもらう。この時間、他にもツアーのミニバスが町中を走り回って客をピックアップしている。自分らのツアーは総勢15人ほど。内訳はアルヘンティーノがほとんどで、外国人は自分らのほか同じ宿のフランス人カップルだけ。アルヘンティーノのおばちゃん一人が妙にマイペースだった。常に誰かしらを...

  • 0
  • 0

プエルト・マドリン その1

2010/11/5 金朝目覚めると、パタゴニアの原野の中を走っていた。どこまでも延々と続く原野・・・これぞパタゴニアだ。コロラド川を境に、ほぼ南緯40°以南の地域をパタゴニアという。その北部に位置し大西洋に突き出た形になっているのがバルデス半島で、プエルト・マドリンは半島の根元にある小さな町である。プエルト・マドリンのちょっと手前で荷物検査のため1時間ほどストップ、12:30にプエルト・マドリンに到着した。バス・ターミ...

  • 0
  • 0

メンドーサ ~ プエルト・マドリン

2010/11/4 木昨晩は部屋の明かりをつけたままアイマスクをして寝たのだが・・・それでも喰われた、たぶん。朝起きたら壁に何匹かいたから・・・。潰すと「プチッ」といって壁が赤く染まる。この「プチッ」という音がとても腹立たしい。普段は小さな虫はおろかゴキブリさえも殺生することはないのだが、吸血性の奴らは別だわ。蚊でもアブでもヒルでも・・・とにかく小憎らしい。南京虫の恐ろしいところは、吸血中は痒くもなんとも...

  • 0
  • 0

プエンテ・デル・インカ

2010/11/3 水6:00のバスに乗るため5:00前に起きる。外はまだ真っ暗だ。さすがのマユミも南京虫が気になって昨晩はほとんど眠れなかった様子。部屋の明かりをつけて南京虫探しを始めると・・・いるいる。ちっちゃいヤツがベッドや壁を歩いている。ハンターと化したマユミが南京虫を駆除しまくる。「この壁紙の裏に潜んでいるみたいよ・・・」と言うのだが、ホントにそうかもしれん。いずれにしてもこの数は自分らが連れてきたヤツ...

  • 0
  • 0

メンドーサ その3 南京虫騒動

2010/11/2 火アコンカグアの南壁を見にプエンテ・デル・インカまで行こうと、ラウルに置手紙をして7:00にバス・ターミナルへ行ってみたものの、バスに乗り遅れた・・・。7:00頃からバスがある、と昨日インフォメーションで聞いていたのでそれを鵜呑みにして行ってみたのだが、平日のバスは6:00に出ていた。次のバスは10:30・・・プエンテ・デル・インカまではバスで3時間半ほどかかり、そんな時間に行っても意味がないので明日出直...

  • 0
  • 0

メンドーサ その2

2010/11/1 月メンドーサの街はとてもキレイ、いやキレイ過ぎるくらいだ。ここはもう完全にヨーロッパと思うしかない。町中を走る道路は碁盤の目状になっていてわかりやすい。道路は広くたいてい4車線ほどあり、だいたいどれも一方通行となっている。その道路をVWやフィアット、ルノー、シトロエンといった欧州車が走っている。アルゼンチンにはおそらく車検制度がなく、有り得ないくらいボロボロの車もけっこう現役で走っている。...

  • 0
  • 0

メンドーサ その1

2010/10/31 日朝目覚めると、バスはメンドーサまで30分ほどのところを走っていた。窓の外にはブドウ畑が広がっている。メンドーサはワインで有名なのだ。前方にはアンデスの峰々、左手(南)の方にアコンカグアも見える。ずいぶん真っ白なんだなぁと思っていたのだが・・・。出発が時間通りなら到着も時間通り。予定の7:15ジャストにメンドーサのターミナルに到着した。スゲーな、このバス・・・。時間も早いのでターミナルで1時...

  • 0
  • 0

コルドバ

2010/10/30 土ほぼ予定通り9:00前にコルドバに到着。今日一日コルドバを観光して夜行バスでメンドーサへ移動する。バスターミナルにザックを預け(一日3$A)、さっそくコルドバの市街へ繰り出す。ターミナルから市街までは1kmほど。コルドバは「母をたずねて三千里」でマルコも訪れた町である。ブエノス・アイレスから約700km、標高は450mほどで雨が少なく年間を通して快適な気候である。カラッと晴れた雲ひとつない青空を見てい...

  • 0
  • 0

プエルト・イグアス ~ コルドバ

2010/10/29 金昨晩は0:00過ぎから雨となった。しかも時折り雷まで鳴ってけっこう激しい雨である。宿の部屋は二段ベッドが邪魔で窓が閉まらないので(外に鉄格子があるので防犯上の問題はないが)、けっこう雨が吹き込んだ。夜が明けると雨はやんでいたが、昨日までが嘘のようにどんよりと曇った天気。そして10:00を過ぎるとまた雨・・・イグアスの滝を見に行ったのが昨日でよかった!一日ずれていたらとても観光どころの話じゃな...

  • 0
  • 0