FC2ブログ

Archive2010年09月 1/1

クスコ ~ プーノ

2010/9/27 月プーノ行きのバスは朝と夕方なら頻繁に出ているらしいので、バス・ターミナルまで行って適当なバスに乗ることにした。7:30前に宿を出てバス・ターミナルまで歩く。昼間の通常シートのバスはかなり安い。プーノまで15sである。8:30発で時間のちょうどよかったパワー社のバスにしたが、空いてるし足元スペースも広くて快適だった。8:30過ぎにバスは出発。途中で人を乗り降りさせながらプーノへ向かう。クスコは雲が多くス...

  • 0
  • 0

クスコ その3

2010/9/26 日マチュピチュからの帰りの埃にやられたのか、久々に風邪をひいてしまい、鼻水ジュルジュルでどうにも調子が悪い。今日は一日クスコでまったり。今朝ヤワタに来たヒサ君と談笑したり町中をブラブラしたりしてのんびりした。日曜のためか町中はどことなく閑散としていて静かだ。心なしか観光客も少なく、自分らが着いたときのような浮ついた感じがない。こうして見るとクスコも悪くないかも。スィーツ好きのヒサ君と一...

  • 0
  • 0

マチュピチュ ~ クスコ

2010/9/25 土帰りも徒歩と乗り合いタクシーでクスコへ。7:40にマチュピチュを出発。行きと違って一度上から見ているので、どれがワイナピチュでどこに遺跡があるのかハッキリわかる。それでもやはりマチュピチュは下からはよく見えない。よくできているもんだ。水力発電所にほど近い橋のあたりから見るマチュピチュ山下部の大岩壁は大迫力だ。切れ落ちていて上からはよく確認できないのだが、下がこんな大岩壁になっていたとは・...

  • 0
  • 0

マチュピチュ

2010/9/24 金夜中2:00過ぎ頃から雨音が・・・。同じ宿の欧米人は2:00ころからバタバタ準備を始めている・・・マチュピチュ恐るべし!4:00前にカッパを着て外に出る。まだ雨がパラパラ。バス乗り場へ行くと既に60~70人くらい並んでいる・・・マチュピチュ恐るべし!バスのチケットを持ってないと別の列に並ぶ破目になるから、前の日に買っておかないとマズイ。同じくマチュピチュのチケットも前の日に買っておかないと朝一にワイ...

  • 0
  • 0

クスコ ~ マチュピチュ

2010/9/23 木ツアーではなく個人でマチュピチュへ行く場合、鉄道で行くのが手っ取り早いのだが運賃がかなり高い。安く上げるなら、コレクティーボを乗り継いでウルバンバ川の水力発電所まで行き、そこからアグアス・カリエンテスまで歩くのが一番。もちろん自分らもコレクティーボ+徒歩でマチュピチュへ。6:50過ぎに宿を出る。アルマス広場からサンタ・マリア行きのコレクティーボ乗り場までタクシーで10分ほど(3s)。バスも近く...

  • 0
  • 0

クスコ その2

2010/9/22 水今日も、昨日ほどのパワーはないがストはしっかり行われていた。午後になるとだいぶパワー・ダウン、どうやら今晩からバスや鉄道は機能しそうだ。明日からマチュピチュへ行くことにしているのだが、スト明けで滅茶苦茶混んでいそうで恐ろしい。ただでさえ驚くほど混んでいるところなのに・・・。今日は読書三昧と食料の買出しと荷物の整理で一日終わり。昼頃久々にネット屋へ行ってみた。ネットは驚きの安さで、1時間1...

  • 0
  • 0

クスコ その1

2010/9/20 月朝8:00過ぎには簡単な朝食も配られた。クスコに着いたのは13:30頃。このあたりは土が赤く、車窓から遠目に見るクスコの町はオレンジのような薄茶色のような色一色である。クスコにはバス・ターミナルがあり、各社のバスがここに発着している。バスに乗るのはずいぶん楽だ。バス・ターミナルは例によって町の外れにあるが、アルマス広場までは歩けそうな距離なので歩く。日差しが強烈・・・。宿はアルマス広場にほど近い...

  • 0
  • 0

リマ

2010/9/18 土朝6:00前にリマに到着。バスは広い市内の数箇所に止まり、セントロに近いパセオで下車した。まだ朝早いし、寝ぼけていてフラフラするので、1時間ほど待合室でのんびりする。待合室の前の席にいたおっちゃんとマユミが話をしたら、ちょうど今いるフローレスというバス会社がクスコ行きの直通バスを運行しているらしい。後で探す手間が省けた。リマには特に用がないので、自分らも一泊だけしてクスコに発つ予定だ。さて...

  • 0
  • 0

ワラス その3

2010/9/15 水午前中、宿の屋上に濡れたテントやらシュラフやらを干しまくる。汚れた衣類も全て洗濯。洗濯物干しスペースとなっている宿の屋上には黒くて大きなおとなしい犬がいる。可愛がられているのだけれど、外に連れ出してもらっている様子はなく、この屋上だけが彼の生きる世界かと思うとちょっと気の毒だ。午後から先日もお世話になったモンテレイの温泉へ、再び。やっぱ温泉はやめられん。温泉のない国に住むのは無理だな...

  • 0
  • 0

ワイワシュ・サーキット

2010/9/6 月HUAYHUASH Circuit Day 1ワラス(3,100m) ⇒ チキアン(3,400m) ⇒ リャマク(3,300m) ⇒ ポクパ ~ マタカンチャ(4,100m)ワイワシュ・サーキット・・・ワイワシュ山群の西麓にあるリャマクからワイワシュ山群を時計回りにぐるりと一周しリャマクに戻る、全長:130kmの魅力的なルート。4,300-5,000mの峠を9つ越えるハード・トレッキングだ。4:00過ぎに宿を出、昨日チケットを買ったナザリオ社のオフィス(ただの掘っ...

  • 0
  • 0

ワラス その2

2010/9/3 金午前中はひたすら日記の続きを書く。昼食を食べて午後からモンテレイの温泉に行く。南米にはけっこう温泉がある。エクアドルでは行かなかったが、今回ばかりはどうしても湯に浸かりたくなった。ワラスからモンテレイまではコレクティーボで20分くらい。運賃はたったの1s。午前中にホテルに顔を出したマルコスが、メルカードにあるコレクティーボ乗り場を教えてくれた。行きのコレクティーボはぎゅうぎゅう詰めで、行く...

  • 0
  • 0

ベースキャンプから下山

2010/9/2 木昨晩は寒かった。夜、テントに入ってから雨だか雪が降り出し、その後断続的に降り続く。朝になってもまだ雪が降っていた。今日ウルスに登る予定にしていた大手のツアーも中止。いやー自分らはホントにツイていた。6:30にトイレに起きると、既にロバ使いのクレメンテの姿があった。昨日、マルコスはおそらく昼くらいだろうと言っていたが、ずいぶん早く来てくれた。7:30にクレメンテ共々マルコスの作ってくれる最後の食...

  • 0
  • 0

ペルーのワラスよりお知らせ 第2弾

山から帰ってまだワラスにいます。明日からまたトレッキングに行くので音信不通になります。ワラスに戻るのは、おそらく9/14ブログの更新が追いつかん・・・。...

  • 0
  • 0

トキヤラフ (6,034m)

2010/9/1 水あまり眠くもなくウトウト・・・どうやら雪は降ってないようだが、0:00を過ぎてもマルコスが動く様子はない。やっぱガスっててダメなのか???寒くてシュラフから出るのが億劫で、とりあえず1:00までシュラフに包まっていることにする。1:00を過ぎるとマルコスがガサガサやり出した。たまらず自分もテントから出てみると・・・なんと、なんと、満点の星空!無風快晴ではないか。最高のアタック日和、もう小躍りしたい...

  • 0
  • 0

トキヤラフ・ハイキャンプ (5,000m)

2010/8/31 火夜中から雨が降り続いている。7:30に起きたときもまだ雨。テントの外でやけに牛の鳴き声がするなぁと思っていたら、隣のアメリカ隊のキッチン・テントに頭を突っ込んでゴソゴソやっていた。人の気配を感じると動きをピタッと止め、その後スゴスゴと去って行った。後でポーターの二人がテントに帰ってきたのだが、どうやら塩とか野菜を食べられてしまったらしい・・・。今日は一度テントを撤収し、標高5,000のトキヤラ...

  • 0
  • 0

イシンカ (5,530m)

2010/8/30 月昨晩は20:00頃シュラフに入り、21:00にはテントを叩く雨の音がしなくなった。でも、ガスっててダメだろうなぁと思いつつ寝入ったのだが、1:00に起きてみると晴れている。昨日より雲は多いが星空も見えている。いやー実にツイてるなぁ自分らは。昨日どうしようか迷っていたマユミも結局登ることになった。コーヒーとみかんの簡単な朝食を済ませ2:15に出発。今回はアプローチがそれほど急登でないためベースからプラブ...

  • 0
  • 0

ウルス (5,495m)

2010/8/29 日3:00起床。外は無風快晴、満天の星空!最高のアタック日和だ。マルコスの沸かしてくれたお湯でコーヒーとパンの簡単な朝食を済ませ、4:00に出発。他パーティーは動く気配なし。下部の急登が登りづらいから、ということでプラブーツは途中まで背負っていく。アックスもマルコスのアドバイスで1本だけ。小屋の裏手から急登に取り付く。半月だが月明かりで十分明るくヘッドランプは必要ない。マルコスは歩くのが速くとて...

  • 0
  • 0

イシンカ谷 ベースキャンプ

2010/8/28 土晴れ。8:30にマルコス&マックスが宿に迎えに来る。カローラ・バンのタクシーに荷物を積み込んで早速出発。今日入るイシンカ谷は昨日のチュルップ谷から3本北にある谷である。道は昨日よりさらに険しく、ホントによくカローラが壊れないもんだと感心する。1時間ほどで車止めのあるパシュパに到着。標高は3,700m。ここでロバ使いのクレメンテと合流、笑顔の素敵なじいちゃんだ。ここから2頭のロバでベースキャンプまで...

  • 0
  • 0

チュルップ湖 トレッキング

2010/8/27 金晴れ。チュルップ(5,495m)の裾野にある氷河湖、チュルップ湖まで高所順化を兼ねたトレッキング。チュルップ湖は標高4,485mにあるが雪はなく、足回りは自前のトレッキング・シューズである。朝8:00にマックスが部屋に呼びに来た。宿の下で今日から7日間行動を共にするマルコスと初対面。マルコスと3人、タクシーに乗って早速出発。車はワラスのタクシーのほとんどがそうであるように、二駆のカローラ・バン。幹線道...

  • 0
  • 0

ワラス その1

2010/8/26 木朝8:30、快晴のワラスに到着。着いたのはやはりリネア社のオフィス。なんとなく頭がボーっとしている。バスに二連泊した所為もあるだろうが、何より久々に標高の高いところに来た所為だろう。ワラスの標高は3,100mほど。ガラパゴス、グアヤキルと標高が0mに近いところから急に3,000m超のところに来たことになるので、頭がボーっとしても不思議はない。さて、何故ワラスに来たのかと言うと、ペルーアンデスだ。南米と...

  • 0
  • 0

ピウラ ~ トルヒーヨ ~ ワラス

2010/8/25 水ピウラに着いたのは朝9:30。天気がいい。最初にワラスへ行きたくて、南下するバスを探す。ペルーでは、バスターミナルがあるのではなく、バスは各バス会社の車庫から直接発着しているようである。バスも、ボロかったエクアドルと比べてかなり立派。大通り沿いに何社もバス会社があり、3、4社のぞいて行き先と運賃を調べてみた。ワラスへ行くには、ひとまずトルヒーヨまで出て乗り換えるしかなさそうである。運賃は20...

  • 0
  • 0

グアヤキル ~ ピウラ

2010/8/24 火13:00に宿をチェックアウトし、夜行バスのためひとまず荷物を預かってもらう。アメリカン航空に用事があって街中にあるはずのオフィスに行ってみたら空港内に移動していて、路線バスで空港まで行ってみたらアメリカンのカウンターは閉まっていた・・・。どうやら今日はもうアメリカンのフライトはないらしい。結局、用事は済まず。さて、シファの夜行バスだが、21:00のバスは通常シートで$12、23:30のバスがセミカマ...

  • 0
  • 0