FC2ブログ

Archive2010年07月 1/1

キト その1

2010/7/26 月今日はほぼ一日情報収集。宿の情報ノートを見て、それから街をぶらぶら。古いけど、ガイドブックも一冊手に入った。エクアドルの人は日本人に似ている。顔はちょっと黒いけど日本人にそっくりで、体つきは日本人より小柄。なんか妙に親近感が湧く。言葉はスペイン語を話しているわけだけれど、ゆったりとしたテンポで話すので聞き取りやすく、ソフトな印象を受ける。とてもスペイン人と同じ言語を話しているとは思え...

  • 0
  • 0

マドリッド ~ キト

2010/7/25 日さすが☆☆☆☆ホテル、寝心地は抜群によかった。朝食のビュッフェも種類が豊富で、今度こそ腹いっぱい食べることができた。部屋でのんびりして11:30のバスで空港に行くかと思ってたら、部屋の電話で告げられたところによると10:00がチェックアウト。急いでパッキングして部屋を出る。ロビーでネットをやってから外に出ると黒山の人だかり・・・バスにこんなに乗れるのか?と思ってたら、例によって超大型のバスが2台現れ...

  • 0
  • 0

マドリッド・・・での無為な一日

2010/7/24 土朝になって他に二組ほど宿泊者がやって来た。なんだかんだ慌しく荷物をまとめ11:00にチェックアウト。荷物を預けておくにも金が掛かるので、夜中のフライトなので時間が死ぬほどあるが、そのまま荷物を背負って空港へ向かうことにした。空港までは地下鉄一本で、2Eである。マドリッドでは、些細なことだが公衆電話や券売機にコインを飲み込まれたり、どうもしっくり来なかった。些細なことなのだけれど、旅行者にとっ...

  • 0
  • 0

リスボア ~ マドリッド

2010/7/23 金リスボンからマドリッドへの移動。7:30に宿をチェック・アウト。宿のばあちゃんが熱い抱擁で見送ってくれた。地下鉄でバス・ターミナルのあるハルディン・スーロジコ駅へ行き、9:30のバスでリスボンへ向け出発。リスボンに来るとき乗ったのと同じ座席が1列+2列の広々としたバスで、フカフカの革張りシートがとても快適。おまけにガラガラで乗客は10人くらいしかおらず、尚快適。バスが毎日あるのは有難いが、これだと...

  • 0
  • 0

リスボア、再び

2010/7/22 木今日のリスボンは既に秋の様相だ。昼間の日差しは相変らず強いが、風が冷たく実に爽快。思うにこの辺りは季節の移ろいが早く、最も暑いのは6月から7月にかけての頃なのかもしれない。今いる宿は安宿だが一等地にある。部屋の窓から、宿の前にある広場を見下ろすと実に気分がいい。広場に出されたテーブルとイスに座ってじいちゃん、ばあちゃんたちが談笑している。リスボンのこんなほのぼのとした光景が好きだ。今日...

  • 0
  • 0

サグレス ~ リスボア、再び

2010/7/21 火朝のうち薄い雲がかかっていたが、すぐにいつも通りの快晴となった。サグレスには大型犬が多い。こんなところもパタゴニアの町々と共通するところだ。人に飼われている奴もいれば、野良の奴もいる。昨日町中でばったり出くわした奴などホントに大きくて、最初オオカミかと思ってドキッとした。彼はどうやら野良で、かなりの老犬。町中で普通に暮している。昨日最初に出会って以来、自分たちは「ボス」と呼んでいる。...

  • 0
  • 0

サグレス

2010/7/19 月22:00過ぎまで明るいのでどうしても床に就くのが遅くなり、朝早く起きるのがとても辛い。6:30に宿を出て、地下鉄でバス・ターミナルのあるハルディン・スーロジコ駅まで移動。バスのチケットは一昨日購入済みで、一人15.7E(学割)。サグレス行きのバスは定刻通り7:30に出発した。サグレスは遠い。たいした距離ではないのだが、やたらと時間がかかる。途中から幹線道路を外れると、石畳の上にそのままアスファルトを被...

  • 0
  • 0

リスボア

2010/7/17 土ポルトガルは時差があるらしい。どの時計を見ても自分の時計とずれているので、時計を1時間遅らせた。これで日本との時差は-8時間。地下鉄は6:00頃から動き出した。7:00過ぎにポリスに起こされた。別に寝ていることを咎められたわけではなく、寝てる体勢が悪いらしい。ベンチに横になっていると場所を占領してしまうためだろう、縦になって寝ろと言う。ちょっとわかりにくいが、通路の両側は全て斜面になっていて、そ...

  • 0
  • 0

バルセロナ ~ リスボン

2010/7/16 金バルセロナからリスボンまで久々に長距離を一気に移動する。スペインも見たいところが色々あるのだが、まぁまた次回自転車で、ということでひとまずポルトガルへ。今回の移動の果てにどうしても見ておきたかったのがユーラシア大陸の西の果て、大陸が大西洋で終わるところだ。最西端のロカ岬とその南にあるサグレスに行く予定である。夜行バスでの移動は外の景色が見られないという欠点がある反面(これは自分にとっ...

  • 0
  • 0

バルセロナ

2010/7/14 水夜は22:00過ぎまで明るいのでどうしても寝る時間が遅くなりがちで、朝起きるのが非常に辛い。今朝も6:30過ぎには起きて出発の準備。昨日教わった秘密経路でバス・ステーションまで行き、8:15のバスでバルセロナへ向け出発。Direct Busという会社のバスなんだけど、ちょっと意表を衝かれたのはなんとこのバス、車内での飲食禁止!えぇぇ~そんなバスがあるの?もちろん水を飲むくらいは問題なかろうが、基本的に車内で...

  • 0
  • 0

アンドラ・ラ・ヴェッラ

2010/7/13 火ここのところ移動続きで朝起きるのが辛い。久々に5:00過ぎに起きてテントを撤収、6:30にキャンプ場を後にした。夜は22:00くらいまで明るいが、朝はようやく6:00くらいになって明るくなる感じだ。駅に行ってみると窓口が閉まっていた。券売機はカードのみで現金は使えない。掃除の人に聞いてみたら、7:00に窓口が開くということで一安心。7:00過ぎに無事アンドラ・ラ・オスピターレまでの切符を買い(一人3.8E)、トゥ...

  • 0
  • 0

まさかのラトゥール・デ・キャロル

2010/7/12 月アンドラという国をご存知だろうか?フランスとスペインの国境にはピレネー山脈が走っている。その国境線上、まるで虫食いの穴のようにポツンと存在しているのがアンドラというミニ国家である。どのような経緯で存続するに至ったのか、実は不勉強で知らないのだが、地図を見るたび興味をそそられ、いつか訪れてみたいと思っていた。当初はバルセロナからアプローチしようと考えていたのだが、昨日ペルピニャンまでし...

  • 0
  • 0

トゥーロン ~ ペルピニャン

2010/7/11 日この日もトゥールーズ行きの9:00過ぎの列車に乗ろうと思って早くに宿を出たが、駅に行ってみたらやはり列車が運行されてなかった・・・。フランスは電車賃が高いが、代わりに運用はしっかりしている。スタンピングの機械が調子悪いということもないし、窓口に行くと乗り継ぎなども迅速詳細に調べてくれる。一気にバルセロナまで行けるだろ、と思って窓口で相談してみたが、残念ながら乗り継ぎの列車が満席で席が取れ...

  • 2
  • 0

ラ・スペツィア ~ トゥーロン

2010/7/10 土9:00過ぎのトリノ行きの列車に乗ろうと思い8:00過ぎに宿を出たのだが、結局この列車は運行しておらず、10:00発のジェノバ・ブリノーレ行きに乗る。ラ・スペツィアにて、終点のヴェンティミリアまでチケットを購入。運賃は12.9E。ジェノバ行きの列車は最初鬼込みで、ジェノバに行く人がこんなにいるのかと驚いたが、レヴァントの手前でほとんどの人が降りてしまった。このあたりのビーチに行く人がほとんどだったようで...

  • 0
  • 0

まさかのラ・スペツィア

2010/7/9 金朝一にマユミが駅の様子を見に行くと、一応列車は動いているらしかった。駅員に聞いたところによると、厳密にはストは今晩9時から明朝9時までらしい。昨日の窓口のお姉さんにはめられたか?宿のおっちゃんも似たようなことを言っていたし、何はともあれ移動できそうなので宿をチェックアウトして駅に向かう。フィレンツェで二泊したメルリーニは静かで快適な宿だった。宿の人も皆親切だし、もしフィレンツェに行く人が...

  • 0
  • 0

フィレンツェ

2010/7/7 水墓地が7:00に開くというので、朝一でパンちゃんのお墓参りをしてきた。墓地に行くと、朝早くから何人かのじいちゃん、ばあちゃんが自分の家のお墓の掃除に来ていた。パンちゃんのお墓に限らず、このあたりのお墓はすごい。墓地の中に、まるで高級住宅地のように石の家がいくつも建っていて、その家の中に写真や花などが飾られている。石の家には門まであって夜は施錠されているようである。墓地の管理人が毎朝開錠して...

  • 0
  • 0

チェゼナティコ

2010/7/6 火リミニはなかなか居心地のいい町だった。有料ビーチのあたりは観光地っぽくていささかいただけないところもあるのが、まぁ許容範囲だ。宿のおっちゃん&おばちゃんも実にいい人だった。10:30の列車に乗ろうと思い朝食後にパッキングして駅に行ったのだが、何故だか今日は10:30の列車がなくなっていた。チェゼナティコまでの切符を買って列車の時間を聞いたら12:30・・・予想外に時間が空いてしまったので駅前でカフェ...

  • 0
  • 0

サンマリノ

2010/7/5 月今日はサンマリノへ行く。リミニはサンマリノへの玄関口に位置する町である。宿の朝食後、おっちゃんにサンマリノへの行き方を聞いて出掛ける。サンマリノへは近くのトリポリ広場からバスが出ているらしい。広場のインフォメーションでチケットを買って10:30のバスに乗り込む。サンマリノまでは1時間ほどだ。途中、サンマリノにほど近いところで「メルカトーネ・ウノ」の店舗を発見、帰りにはしっかり車窓から写真も撮...

  • 0
  • 0

バーリ ~ リミニ

2010/7/4 日無事夜が明ける。人が来る前にササッとシュラフカバーを片付けて素知らぬ顔でベンチに座る。7:30を過ぎると続々と昼間のフェリーに乗る人たちが集まり出した。自分たちの座るベンチのすぐ前に車を止めたドイツ人一家がコンロでお湯を沸かし始め、自分らにもお茶をご馳走してくれた。掃除のおっちゃんにターミナル・ビルがいつ開くのか聞いてみると、7:00には開くと言う。ん?もしかして時差があるの?後で人に聞いてみ...

  • 0
  • 0

イグメニッツァ ~ バーリ

2010/7/3 土フェリーでイグメニッツァからイタリアのバーリへ渡る。ギリシア出国時もイタリア入国時もパスポートのチェックすらなく、本当に一国内を移動しているかのようだ。通貨も同じユーロだしまったく楽チン。その反面ちょっと寂しい気もする。今自分がどこの国にいるのかわからなくなりそうだ。ギリシアはバスも鉄道も時間に正確であったが、さすがにフェリーはそういうわけにはいかなかった・・・。昨日チケットを買ったと...

  • 0
  • 0

イグメニッツァ

2010/7/2 金イオニア海に面したイグメニッツァからは、コルフ島などイオニア海の島々のほかブリンディシやバーリ、アンコナ、ベネツィアなどイタリア各地に渡るフェリーが就航している。昨晩ネットで調べたところフェリー会社もよりどりみどり。そろそろハイシーズンに差し掛かる時季で、イタリアからギリシアへ渡るフェリーはかなり混んでいるもののギリシアからのフェリーはデッキ席なら前日に十分取れそうな感じである。例外は...

  • 2
  • 0

カランバカ(メテオラ)

2010/6/30 水昼前に宿をチェックアウトし、テッサロニキ駅までのんびり歩く。今日はメテオラの麓にあるカランバカまで移動。カランバカ行きの直通列車は18:00発の一本しかないのでラリッサで乗換えとなる。カランバカまで通しチケットが買えるだろうと思っていたのだがどうやら買えないらしく、とりあえずラリッサまでのチケットを買う。一人10E。ギリシアの国鉄は、席が自由なのにいちいち列車番号入りのチケットを発行するので...

  • 0
  • 0

テッサロニキ

2010/6/27 日7:30に宿を出て近くの駅からトラムヴァイでメトロのオフィス前まで。そこからサービスバスにピックアップしてもらってオトガルのバス・ターミナルへ。サービスバスはとてもキレイで、ちょっと小さいけどこのままギリシアに行ってもらってもまったく問題ない感じである。オトガルのターミナルでは着いたとき世話になったクルド人のアフメットの店にもう一度行こうと思ったのだが、ターミナルが広すぎて店の場所がわか...

  • 0
  • 0

イスタンブール その2

2010/6/25 金朝起きると雨、その後も降ったりやんだりの天気で何もできず。まさか昨日より天気が悪いとは・・・まさか初日の天気が一番よかったとは・・・。イスタンブールに来てからまだ何もしていない。何を食べても旨いし、人はいいし、宿の居心地もいいし、街はキレイだし・・・イスタンブールはとても居心地のいい町だ。このままズルズル長居したい衝動に駆られる。何もしていないのに、妙にイスタンブールが気に入ってしま...

  • 0
  • 0