FC2ブログ

Archive2010年01月 1/1

ナガルコット その1

2010/1/29 金10:00過ぎにチェックアウトしバグ・バザールにあるローカルのミニバス乗り場まで1.5kmほど歩く。毎回全装備を背負って歩くのはけっこう骨が折れる。ミニバス乗り場といっても別に目印があるわけではないので、道路脇にバスが停まってなければそれとわからない。2、3台のバスが停まっており、バクタプル行きらしいバスに早速乗り込む。荷物は車内に持ち込まなければならず、大荷物を抱えて乗り込むのはちょっと迷惑な...

  • 0
  • 0

カトマンドゥ その1

2010/1/28 木依然体調は優れない。6:30過ぎにチェックアウトしてツーリスト・バススタンドまで歩く。予定通りバスは7:30過ぎに出発。車窓から町や山を眺めても、また来たいという気がまったく起こらない・・・ポカラは自分にとって不思議な町であった。町を離れて山道に入るとガスっていた。走り出して1時間半もすると朝食休憩、また走り出して2時間もしないうちに今度は昼食休憩・・・その度に全てのバスが提携先の高いレストラ...

  • 0
  • 0

ポカラ その2

2010/1/27 水一日ポカラで休養。朝のうちに宿のおっちゃんに頼んで明日のカトマンドゥ行きのツーリストバスのチケットを取った。一人350NR。明朝は6:30過ぎには宿を出ねばならんので、二泊分の宿代も一緒に払っておいた。ポカラはこの時季でも日中はポカポカ陽気。朝夕の山の眺めはいいし、夜は静か。宿も居心地よくて最高。・・・なのに何かピンと来ない。何故だろう?ちょっと考えてみたい。体調がよくないのも一因だろうと思う...

  • 0
  • 0

アンナプルナBCトレッキング

2010/1/24 日Annapurna BC Trekking DAY 1アンナプルナBCトレッキングの一日目。体調イマイチ・・・。ところで、アンナプルナBCというのは単なる地名である。BC(Base Camp)というと登山隊がベースを張る場所のような印象を受けるのだがそうではない。アンナプルナBCにはロッジが何軒かあり、観光客に毛が生えたくらいの人でも気合を入れれば行くことができる。所謂BCはもっとずっと奥だろう。さらにアンナプルナまで略してABCな...

  • 0
  • 0

ポカラ その1

2010/1/21 木朝5:30に宿の人に叩き起こされる。体調復活!朝食を食べてからバスに乗り込む。ちなみに、ポカラ行きはバリバリのローカルバスだった・・・結局どちらのツアー会社でも変わらんということか。もしかしたらカトマンドゥ行きはそのまま前日のツーリストバスだったのかもしれない。6:45に出発。スノウリを少し離れるとスッキリ晴れている。アグラー以降曇ったりガスったりの日が多かったので、青空を見るのは実に久しぶ...

  • 2
  • 0

スノウリ

2010/1/20 水昨晩はまいった。インドに来てはじめて、それも一旦インドを離れる前日に食あたりで吐きまくった。おそらく沐浴の後に食べたドーサの油にあたったものと思われる。残しては悪いと思い無理に食べた夕飯もよくなかった。一晩に5、6回吐いただろうか、もう胃の中には何もないはずなのに、とにかく吐き気がしてほとんど眠れなかった。ここまでしつこいのはこれまで経験したことがない。ちなみにマユミも、あまりに美味し...

  • 0
  • 0

バラナシ その2

2010/1/18 月今日も朝食後にガート沿いをぶらぶらする。火葬場のガートを通るとやはり引きつけられる。引力があるのか、どうにも素通りはできない。火葬場では今日もひたすら死者を焼き続ける。ガートの奥にあるEternal Flameから火種をとり、薪の上に乗せられた死者に喪主が火をつける。喪主は死者によって異なるのだが、白装束を身に着け、その場で髪の毛を剃られる。死者を覆う布は男女で異なり、赤が女性で白が男性だ。子供や...

  • 0
  • 0

バラナシ その1

2010/1/15 金明るくなると、また霧の中を走っていた。今回は乗客も少なく静かだったので、比較的よく眠ることができた。途中のラックノウで大勢の人が降り、客車の中は閑散としてしまった。距離で言えば2/3近く来たことになるラックノウまでは止まることも少なく思いのほか早かったが、ここからが大変だった。単線のため、対向の列車をやり過ごすため止まるわ、止まるわ・・・一向に先に進まない。駅でもなんでもないところで止ま...

  • 11
  • 0

ハルドワール

2010/1/11 月今朝隣の部屋に来た日本人旅行者と小一時間ほど話ができた。インドに来て以来、日本人とまじまじと話をするのは初めてだ。その方から「インド読本」をいただいた。ありがたい!昼前にチェックアウトし、管理人室?にザックを預けてバザールをぶらぶら。宿の人は留守にしていることが多いのでカギをブレーカーの箱に入れておいてくれたのだが、15:00頃ザックを取りに行くと部屋のカギが開かない・・・そう、インドでは...

  • 0
  • 0

ダラムサラ その2

2010/1/10 日今日は朝一でバス・チケットの手配。ブッキング・オフィスに行ったらシステムがダウンしていて10時過ぎに来いということだったので、朝食を食べて10時過ぎに行くとあっさりチケットが取れた。一昨日政府観光局で聞いたときは15:30のバスという話だったが、17:00に変更になっていた。運賃は一人305R。椅子の席での14時間移動はけっこう過酷そうだ。久々に近くのネット屋でブログの更新。速くてなかなか快適である(30R...

  • 0
  • 0

ダラムサラ その1

2010/1/8 金ダラムサラは言わずと知れた、チベットから亡命したダライラマ14世が住んでいるところ。標高が1,700mくらいあり朝晩はけっこう冷え込むが、天気がいいので昼間の日向は割りと暖かい。山がちな地形で、斜面に張り付くように家が建っている様は日本のようでどことなく落ち着く。水上にでもいるかのような気分だ。(水上よりぜんぜん静かだけど・・・)今のダラムサラはとても静かでのんびりした平和な町だ。人もチベット...

  • 2
  • 0

アムリトサル

2010/1/5 火夜が明けるとガスっていて、インドの穀倉地帯であるパンジャブ州の緑の中を列車は走っていた。途中で次々人が降りていき、アムリトサルまで乗ってた人はわずかだった。予定より5時間半ほど遅れて13:30過ぎにアムリトサルに到着。20時間ほどの列車の旅となったが、夜が明けてからは隣のボックス席の家族が落花生やらお菓子やらを色々くれて楽しい旅となった。駅からサイクルリクシャーで黄金寺院まで。サイクルリクシャ...

  • 0
  • 0

アグラー その2

2010/1/4 月9:00過ぎにチェックアウトし、ザックを預けてじいちゃんのチャイ屋へ。チャイとパイ、ビスケットで簡単に朝食を済ます。チャイもさることながら、一個2Rのパイがシンプルでとても美味しい。帰りに寄ったホテル近くのネット屋は速くて快適だった(30R/h)。昼前にホテルの屋上へ行ってみたが、今日も曇っていて眺望はイマイチ。寒くて屋上になどいられないのでレセプションのソファに座ってたら、ニューヨーカーのサー...

  • 0
  • 0

アグラー その1

2010/1/2 土アグラーに着いたのは予想より早く6:00ちょっと前。霧が濃くて寒い。砂漠の国から来たのでちょっとした驚きだ。リクシャーの運ちゃんの話では、どうやらガンディー・ロードに着いたらしい。タージまで8kmあると言うが、実際の距離は4kmくらいだ。暗いうちに動くとろくなことがないので、リクシャーの客引きをかわしながら韓国人カップルと一緒に明るくなるのを待つ。が、霧が濃くて7:00近くになっても一向に明るくなら...

  • 0
  • 0

プシュカル その2

2010/1/1 金昼前にチェックアウトしザックを預けてネット屋へ。初めにAmar Hotelの敷地内に行ってみたが、死ぬほど遅いわ停電するわで1時間で移動(20R/h)。近くのネット屋の兄ちゃんのvery fastという言葉に釣られて入ってみると今度はうまくつながらない・・・兄ちゃんが手動でIPアドレスを打ち込んでようやくつながった。つながれば言葉通り速くて快適だった。最初30R/hと言ってきたところを20R/hにしてもらって2時間使用。ガ...

  • 0
  • 0

プシュカル その1

2009/12/28 月「プシュカル!プシュカル!」という叫び声で目を覚ます。激しい振動にもかかわらずけっこう熟睡できたようだ。時計を見るとまだ夜中の2:30だ。4:00到着と聞いていたのだが・・・。扉を開けると、ここから自分の寝てた席に座るらしい兄ちゃんが既に待っていた。どうやらプシュカルが終点ではないらしい。ワイヤーロックの番号が見えずもたもたしてたら、兄ちゃんが親切に懐中電灯で照らしてくれた。プシュカルで降り...

  • 0
  • 0

ジャイサルメール その3

2009/12/27 日パッキングをして10:00前にひとまずチェックアウト。RENUKAにザックを預けて外に出る。久々にネット屋でメールをチェックしたら、eバンクから重要な知らせが届いていた。なんとクラシックカードでは2010年4月以降VISAデビット機能が使えなくなるという。どういうことかと言うと、海外のATMで現金の引き出しができなくなるということだ。自分のカードが何なのかよくわからんが、今まで会費など払ったことないからおそ...

  • 0
  • 0