FC2ブログ

Category■ 009_India 2 / インド 2 1/1

パトナ

2010/2/3 水5:30頃ようやくビールガンジに到着。群がるリクシャーの運ちゃんや馬車の御者を振り切って食堂でチャイを飲みながら明るくなるのを待つ。明るくなった7:00前に行動開始。少し歩いたところで人のよさそうなインド人のじいちゃんのサイクル・リクシャーを捕まえ乗っていく。国境まではけっこう距離があった。まずはネパール側のイミグレで出国手続き。他に客はおらず、世間話でもするように和やかに終了。ところで、ネパ...

  • 0
  • 0

ブッダガヤ その1

2010/2/5 金のんびり起き出して朝食後にマユミに散髪してもらった。4ヶ月近く伸び放題だった髪の毛が短くなってサッパリした。昼頃外に出る。ブッダガヤは言わずと知れたブッダが覚りを開いたところである。ブッダが覚りを開いたまさにその場所に建つのがマハーボディ寺院。寺院の裏側には菩提樹があり、この木の下で49日間の瞑想に入り覚りを開いてブッダとなったとされている。今ある木は当時の木の末裔と伝えられ、ブッダが座...

  • 0
  • 1

ブッダガヤ その2

2010/2/8 月今朝も5:30起きで朝の勤行に行く。昨日もそうであったが、朝は読経をしないらしい。素人的には、朝こそ読経しないでどうする・・・と思うのだが。お堂は開いているので、勝手に入って勝手に座禅を組む。早起きは三文の徳、とはよく言ったもんだ。実に清々しくて得をした気分になる。ブッダガヤは、のんびりするのにうってつけだ。美味しい食事にありつけないのが難点だが、それを補って余りあるのどかさがある。宿泊し...

  • 0
  • 0

ガヤ → ムンバイ

2010/2/9 火ガヤ駅から5:27の列車に乗るため、3:00起きで旅立ちの準備。4:00過ぎに、昨晩頼んでおいた乗り合いリクシャーにホテルでピックアップしてもらい、暗い道をガヤ駅まで移動。40分ほどでガヤ駅に着く。こんな時間にもかかわらず、駅は大勢のインド人でごった返している。駅舎の床は、布を敷いて寝ているインド人でいっぱい。ホームにも人が溢れている。案内所のようなところで列車番号を言い、どのホームに列車が来るのか...

  • 0
  • 0

ムンバイ再び その1

2010/2/10 水疲れていた所為もあって、昨晩はよく眠れた。列車が南下するにつれて如実に暑くなってくる。途中でまた「おや?」と思うことがあった。インド人の譲り合い精神の成せる業なのか、それともカーストが関係していることなのか・・・自分らの対面の三人がけの席の二人(若いインド人の男)がたまたま席を立っていたところに、見た目裕福そうな、小さな子を連れた若い夫婦がやって来た。「ここ座ってもいいかい?」みたい...

  • 0
  • 0

ムンバイ再び その2

2010/2/11 木大都会ムンバイは、インドの最先端を行き過ぎて、インドから逸脱してしまっているように思われる。市街地からちょっと外れればスラムのようなところもあるのだが、少なくともCST駅周辺の所謂ムンバイと呼ばれている市街地には、インド的な面白味はほとんどないと言える。でも、ムンバイは嫌いじゃない。インド門周辺のツーリストエリアでない限り、レストランでも屋台でも安くて美味しい食事にありつけるし、植民地時...

  • 0
  • 0