FC2ブログ

Category■ 061_Cuba / キューバ 1/1

ハバナ

2011/3/30 水10:30のバスでカンクンの空港へ。空港までは30分ほど、運賃は45N$。チェックインが混むから2時間前じゃなく3時間前に行け、と航空券を買ったときに言われてその通りにした。結果、待ち時間0でチェックイン終了。楽チンだ。買った航空券にはメキシコの出国税が含まれていないことは了解済みで、カウンターで一人270N$払う。カンクン空港で驚いたことが二つ。その1、とにかくモノが高い!コーヒー一杯がいったいいくら...

  • 0
  • 0

ハバナ ~ サンタ・クララ ~ サンティアゴ・デ・クーバ

2011/4/2 土朝のバスなのでばあちゃんに悪いと思い、昨日一時は朝食を断ったものの、夜になってばあちゃんに「朝食食べてったら」と言われて言葉に甘えた。ありがとう、ばあちゃん!別れ際にはハグしてくれた。御歳82のばあちゃん、もしこの先もう一度キューバに来ることがあっても、その時ばあちゃんはいないだろう。そんなことを考えながらばあちゃんとハグしてた。82歳と言えば、フィデルやゲバラと同年代。おそらくフィデルは...

  • 0
  • 0

サンティアゴ・デ・クーバ

2011/4/3 日サンティアゴ・デ・クーバに着いたのは朝7:00。革命広場にそそり立つ巨大なモニュメントに度肝を抜かれる。たくさんの客引きたちがターミナルの窓に張り付いている。スゲーな・・・。ターミナルから一歩外に出た途端、客引きたちに取り囲まれる。あぁぁ一度に喋るな、訳がわからんから・・・。ハバナなどと違って一気に黒人比率が上がる。客引きも全員黒人。決して黒人だからというわけではなく、どいつもこいつもどーも...

  • 0
  • 0

バラコア

2011/4/5 火この時季、6:00のキューバはまだ暗い。こんな時間に朝食の準備をしてもらって申し訳ない・・・と思っていたのだが、後でしっかり一人2.5CUC請求されたからお互い様だ。6:30過ぎに宿を出てターミナルまで30分歩く。既にセントロにはけっこう人がいて、町は動き出していた。と言っても、サンティアゴに限らずキューバで働いている人というのは多く見積もって1/3くらいだろう。思うに、とにかく仕事がないのだ。真っ昼間...

  • 0
  • 0

バラコア ~ ハバナ

2011/4/8 金11:30に宿の外に出てみると、約束通りフレディリスが既に迎えに来てくれていた。時間前に来てくれるとは・・・。しかも、はなむけにバナナを一房持ってきてくれた。フレディリスの自転車タクシーに揺られ、海沿いの道をターミナルまで。歩いても行ける距離だから5分ほどで到着。まだ時間が早いので、ターミナルの外でフレディリスとお喋り。別れ際に心ばかりのチップを渡そうとしたが、彼は受け取ろうとしなかった。今...

  • 0
  • 0

ビニャーレス

2011/4/9 土ハバナに着いたのはバラコアを出て18時間後の朝7:00。9:00発のビニャーレス行きがあったので、ターミナルでウトウトしてそのまま乗り継いだ(12CUC)。様々な行き先のバスが朝からけっこう頻発している。4時間弱でビニャーレスに到着。暑っつい・・・雲ひとつない青空はいいのだけれど、強烈な日差しでクラクラしそう。バスはビアスールの事務所前に着いた。道端には客引きの人たちがいっぱい。バスを降りると途端に取...

  • 0
  • 0

ハバナ再び その1

2011/4/11 月まだ暗い6:30に朝食を準備してもらい、それをいただいてからバス乗り場へ。今日は朝からアマリージョが忙しそうにヒッチの誘導をしていた。バスは時間通り8:00に出発し、3時間半でハバナに到着。ハバナのターミナルはセントロからやたらと遠いのが面倒くさい。路線バスでもセントロに出られるのであるが、タクシーの運ちゃんの一人が5CUCで行ってくれると言うので、お目当てのカサまで直行してもらうことにした。お目...

  • 0
  • 0

コヒーマル

2011/4/12 火朝食をいただいて、ハバナからバスで30分ほどのところにある漁村コヒーマルへ。ロサに行き方を聞いたら、265番のバスで行けるってことと、近くのバス停の場所を教えてくれた。キューバのバスは基本的にバス停にしか止まらない。バス停には標示板が立っていて、止まるバスの番号も書かれているのであるが、場所によってどこがバス停なのかわかりにくかったりする。たくさんの人でごった返しているところがたいていバス...

  • 0
  • 0

ハバナ再び その2

2011/4/13 水実は、ヘミングウェイの作品はほとんど読んだことがないし、特に感銘を受けた作品があるわけでもない。が、そのライフ・スタイルには憧れるものがあった。ヘミングウェイが初めてキューバを訪れたのは1928年のことであるらしい。以来この地に魅せられた。ハバナのセントロにあるホテル、アンボス・ムンドスに常宿して「誰がために鐘は鳴る」を執筆。その印税でフィンカ・ビヒア邸を購入し、以後、大好きな海と釣りをテ...

  • 0
  • 0

ハバナ ~ カンクン

2011/4/14 木今日でキューバとお別れ。朝食を食べ、ロサの呼んでくれたタクシーで空港へ(20CUC)。近々何かイベントがあるらしく、道路上に軍の車両が並んでいて、道路の一部が閉鎖されていた。迂回路が混んでいて、空港まで1時間ほどかかった。すれ違うアストロのバスも全て軍が借り切っている感じだった。どのバスも軍服姿の人を満載。空港でチェックインを済ませ、免税店などをブラブラのぞいて回る。観光が外貨獲得の大きな...

  • 0
  • 0