FC2ブログ

Category■ 関東の山 1/1

晩秋の高原山

日付: 2016/11/16(水) 晴れ、強風行程: (小間々台P)0745 ~ 0835(大入道) ~ 0935(剣ヶ峰) ~ 1040(釈迦ヶ岳)1100 ~ 1150(鶏頂山)1225 ~ 1315(剣ヶ峰分岐) ~ 1405(八海山神社) ~ 1510(大間々台P) ~ 1540(小間々台P)先日(11/24)の雪ですっかり冬景色になりましたが(このあたりは10cm以上積もりました。湿雪だったのですぐ融けましたが)、その雪の前に実家に帰省した折、高原山に登ってきまし...

  • 0
  • 0

晩秋の高原山 2017

ここ何年か、仕事の合間となる11月半ばに実家へ帰るのが定番となっている。そのとき車で走るルートも決まっていて、和田峠、鳥居峠、金精峠と大きな峠を三つ越える(伊那谷から栃木県北部へ抜ける最短ルート)。金精峠でシーズン初の雪上走行となるのも定番となっている。帰省した際に近場へ歩きに行くのも定番となっていて、今年は昨年に続いて高原山へ、お袋も連れて行ってきた。日付: 2017/11/17(金) 晴れのち曇り行程:...

  • 0
  • 0

八溝山と雲巌寺

八溝山地は、白河南部から栃木と茨城の県境付近を南下している山地である。厳密に言えばいくつかの山塊からなっていて、南は筑波山にまで至るとされるが、各山塊は谷や平地によって隔てられており、一般には白河南部から茨城の大子あたりにかけて広がる八溝山塊のことをそう言っている。1,000m以下の山が連なるなだらかな山地で、その主峰が八溝山(1,022m)である。山頂は福島と茨城の県境にあり、栃木県境からは僅かに外れている...

  • 0
  • 0

塩原渓谷歩道

ここ何年か、11月の勤労感謝の日前後に実家のある大田原へ帰省するのが定番となっている。そのとき近場の山に登ったり、どこか歩きに行くのも定番となっていて、今年は塩原渓谷歩道と日留賀岳に行ってきました。まずは塩原渓谷歩道の記録。11月21日に、お袋をつれてマユミと三人で行ってきました。 回顧(みかえり)の吊橋からスタート。駐車場があってトイレもあります。ここまで実家から車で30分ほど。回顧の滝。紅葉はほぼ終わ...

  • 0
  • 0

白戸から日留賀岳

那須連峰の西南に、男鹿(おじか)山塊と呼ばれる山々がある。大佐飛山(1,908m)を主峰とし、男鹿岳、鹿又岳、黒滝山、長者岳などが連なり、その西南には栃木と福島の県境をなす帝釈(たいしゃく)山地が延びている。男鹿山塊の山々には登山道というものがなく、いわば未開の山塊。いずれも激しい藪山で、足を踏み入れるのは積雪期に限られる。無雪期にトレースするのはかなり厳しいものがある。その昔一度だけ、夏に大蛇尾川西股...

  • 0
  • 0