FC2ブログ

Category★ 世界旅行 2009/10/20~2013/5/25 1/17

出発前夜

中部国際空港にて。出発は明日ですが、飛行機の出発時間の関係で空港近くのホテルに今夜は泊まります。...

  • 0
  • 0

無事出発しました。

2009/10/20 火6時過ぎホテルをチェックアウトして空港へ。エアチャイナのカウンターにてチェックインを済ます。預けた荷物は二人で約40kgだった。飛行機は定刻通り(9:20)、中部国際空港を出発。搭乗するのにバスに乗って移動するという、初めての経験をした。飛行機が小さかったので少々揺れて怖かったが、無事に北京に到着。サービスで付いていたビジネスクラスのラウンジ(ホテルだったけど)で、次のフライトまでの時間...

  • 4
  • 0

バンコクにて その1

2009/10/22 木エアコン無しの部屋を見せてもらうが、電源がないのでとりあえず却下。散歩がてら付近の宿も物色してみるが、今の宿よりいいところがない。結局本日は今の部屋に連泊。ちなみに、部屋の汚さなどを問わなければ、エアコン無しで160B(416円)くらいで宿泊可能。でも、今の部屋はちょっと狭いんだよなー。屋台で朝食を食べてあちこち散策。屋台で売ってるオレンジ100%ジュースがとってもおいしい。歩いてワット・ポー...

  • 0
  • 0

バンコクにて その2

2009/10/25 日今日はGolden Mountainに寄ってから運河の水上バスに乗ってインド大使館まで行ってみた(一人12B(31円))。こっちの水上バスはほとんど地元の人しか使用せず、片言の英語も通じないので乗りこなすのは難しそう。途中で船の乗り換えになった。勝手がわからないが、おっちゃんが身振りで教えてくれた。チャオプラヤー川の水も決してきれいではないが、運河の水はそうとうヤバイ。地元の人でも水に濡れるのを嫌がる。...

  • 0
  • 0

バンコクにて その3

2009/10/26 月今日は宿の前の屋台で朝食を食べてから、水上バスと地下鉄を乗り継いでインド大使館までVISAの申請に行ってきた。大使館なんてとこに行くのは生まれて初めて。日本でも行ったことがない。セキュリティチェックを受けて大使館の中に入ると、けっこうな人が椅子に座って順番待ちしている。窓口でVISAの申請をしたい旨問い合わせると、どうやら別の建物でやってるらしい。さすがに英語が補助公用語のインド、しゃべるの...

  • 0
  • 0

バンコクにて その4

2009/10/27 火昨日雨が降らなかったせいか、今朝は心なしか風が心地よかった。もうすぐ雨季も終わりだろうか?それでも日差しは殺人的なのだが。今日は歩いて付近をぶらぶら。まずは近くの運動公園へ。公園内に様々な運動マシーンがあって自由に使える。三輪車のようなマシーンに乗ってるフレンドリーなじいちゃんがやってみろというので、二人してちょっとやってみたが面白かった。続いてまだ行ってなかったワット・ポーへ。ここ...

  • 3
  • 0

シェムリアップ その1

2009/11/1 日いつもの屋台が今日は開いてたので、いつもより早い時間に朝食を済ませる。最後に女の子にチップを10B(26円)あげたら、はにかみながらとても喜んでくれた。昨日パッキングした荷物を背負ってバスの集合場所に向かう。7:30集合だが、バスが出たのは結局8:40ころ。VIPバスということで、たまに見かけるダブルデッカーのすごいやつを想像してたが、それほどのバスでもなくちょっと拍子抜け。一応エアコンは効いてるの...

  • 2
  • 0

シェムリアップ その2

2009/11/3 火めずらしく早朝から雨。すでに雨季は終わっているらしいのでスコールのような雨ではなく、日本の梅雨のように降ったりやんだり。雨がやむまでホテルのロビーでブログの更新をしたり、マオさんと話をしたり。ロビーでは無料のWiFiが快適に使える。同じコードで入れるから勘違いしてたけど、部屋で拾えてたのは実は別の電波だった。今宿泊しているSKY WAYホテルは街の中心から外れたところにあるのでとても静か。それほ...

  • 0
  • 0

シェムリアップ その3

2009/11/6 金マオさんにお願いしてアンコールワットの日の出を再び見に行く。5:00前にロビーに下りると、既にマオさんが待っていてくれた。一発始動とはいかないが無事にエンジンもかかり、前回とは違って真っ暗闇の中をトゥクトゥクで行く。大型バスやミニバスなど、トゥクトゥク以外にも日の出ツアーに行く車がけっこう走っている。暗いうちにアンコールワットに到着し、足早に池の畔に向かうと既に大勢の人が陣取っていたが、...

  • 0
  • 0

プノンペン

2009/11/8 日明け方、かなり強い雨が降っていたが出発する頃にはほとんどやんだ。7:00過ぎにホテルでミニバスにピックアップしてもらい、少し離れたバスターミナルまで。各方面行きのバスがずらりと並んでいてにぎやかだ。バスはバンコクからのVIPバス?よりずっとキレイで快適。エアコンもがんがん効くし、日本で乗ってる高速バスよりも快適なくらいだ。2階席に乗るので眺めもいい。しかもペットボトルの水が一人一本ずつサービ...

  • 0
  • 0

ホーチミン その1

2009/11/10 火朝チェックアウトすると、部屋代を一泊$5にしてくれた。洗面台に排水パイプがなくて水が垂れ流しになってたり、やたらとブレーカーが落ちたりしたが、That's OK!G.H.前のトゥクトゥクの運ちゃんにキャピトルまでいくらか聞くと$2、まけて$1.5ということなので他を当たる。$1で行けそうな気がしたのだが、他の運ちゃんに聞いても答えは同じ。どうやら距離的に$1では行けないみたいなので、3人目の運ちゃんに$1.5で乗...

  • 2
  • 0

ホーチミン その2

2009/11/11 水旅立って以来初の体調不良。一晩中つけておいたエアコンにやられたらしく、おなかはピーピーだし虚脱感が激しく何もやる気がしない。のんびり起き出して外に出るが、吐き気がして何も食べられそうにないので真由美だけ屋台でサンドイッチ(美味!)を買い、自分はアイスコーヒーだけにして近くの公園で食べる。やっぱ間違いなくサイゴンは過ごしやすい。プノンペンがあんなに暑いのは内陸のためか?とにかく不快な暑...

  • 2
  • 0

ニャチャン その1

2009/11/12 木移動の一日。まだ本調子じゃない状態で10時間以上のバスはさすがにきつかった。食べられないのがつらい。チェックアウトしてシンカフェの前でバスを待っていると、7:15ジャストにバスが到着する。荷物の積み込みもスムーズで予定通り7:30過ぎに出発、これには正直驚いた。これもシンカフェのなせる業か?それほど大きなバスじゃないが何も問題なし。水とお絞りもサービス。バスはハノイまで続く1号線をひたすら北上...

  • 2
  • 0

ニャチャン その2

2009/11/14 土5:00に起きてビーチに日の出を見に行く。ベトナムの人は朝が早く、既に薄暗いビーチは信じられないほどたくさんの地元の人でごった返していた。歩く人、走る人、体操する人、バドミントンをやる人など様々で、老若男女を問わない。サイゴン川沿いもそうだったけど実に健康的である。そして信じられないくらい早くから仕事に行く。日の出自体は、ビーチから見ると島の山陰から昇る形になるのでたいしたことなかった。...

  • 0
  • 0

ニャチャン その3

2009/11/15 日ホイアン行きのバスは夜行なので、部屋でのんびりパッキングして昼前にホテルをチェックアウト。レセプションまでのほんの短い距離ではあるが、日に焼けたとこがヒリヒリしてザックを背負うのが拷問に近い。レセプションでザックを預かってもらい、ビーチに繰り出してヤシの木陰のベンチでのんびり読書。日曜のため木陰には地元の人がたくさんいる。カップルや親子連れ、ビール片手に妙に盛り上がってるおっちゃんグ...

  • 0
  • 0

ホイアン

2009/11/16 月ホテルの客引きに期待してたのだが、バイクタクシーの運ちゃんしかいない。田舎だからか、ホテルもまだ閉まっているところが多い。他の乗客が地図を見ながら歩き出す中、バイクタクシーの運ちゃんと話しながらしばし検討。ホイアンは一泊の予定なので、なるべくシンカフェの近くに泊まりたい。事前情報のあったHOP YEN Hotelの場所を聞くとすぐそこだと言うので、お礼を言い行ってみることにした。ホテルの前まで行...

  • 0
  • 0

フエ その1

2009/11/17 火明け方から雨。しかも風が強くて台風のようだ。シンカフェが目の前でホントよかった。雨のせいか珍しくバスもちょっと遅れ、8:00に出発。ニャチャンからホイアンまでと同じsleeping busで、しかも今回は2階の最前列の席なので見晴らしも最高!同じバスに、音楽をやってるという単独の日本人男性がいた。一ヶ月のオフでインドシナを回ってるらしいが、変な気負いもなく好感が持てた。なにしろ昨日の夕食時に強烈なバ...

  • 0
  • 0

フエ その2

2009/11/18 水今日もあいにくの天気だが昨日よりはましで、霧雨が降ったりやんだりという天気。数日前までビーチで泳いでたのが信じられないくらい肌寒く、長袖シャツが手放せない。近くのNINA CAFEで朝食を食べる。店の人が皆気持ちよくとても居心地のいいCAFEで、BINH DUONGに泊まる人は必ず行くみたい。ホテルのレセプションで小一時間ほどまったりしてからいよいよ旧市街の方へ。フォーン川に架かるフースアン橋を渡るとすぐ...

  • 0
  • 0

サバナケート

2009/11/19 木フエは今日も雨。8:00前にミニバスにピックアップしてもらい、すぐ近くのバスターミナルでサバナケート行きのバスに乗り換える。8:30過ぎにターミナルを出発するが、街中で他の乗客をピックアップしたり、30分も走らないうちにガススタンドで休憩などしていてまったく前に進まない。サバナケートに着くのは何時になることやら・・・。乗客は地元の人ばかりで外国人は自分ら二人だけ。フエからラオス国境のサバナケー...

  • 0
  • 0

ビエンチャン

2009/11/21 土途中0:00頃の休憩を挟み、予想より早く5:00にビエンチャンのバスターミナルに着く。まだ暗いので明るくなるまで待つかと思ってたら、乗り合いバス(ただのトラックの荷台だけど・・・)が中心街まで行くというので乗り込んだ。一人20,000Kip(206円)。向かいに座っているフレンドリーなフランス人のおばちゃん二人組が漫才をやっているようで面白い。この乗り合いバス、どうやら客がいっぱいにならないと出発しない...

  • 0
  • 0

バンビエン

2009/11/22 日朝食後にチェックアウトして、レセプションでバスを待つ。30分遅れで迎えが来たが、バスに行ってみるとすでにいっぱい。順番にゲストハウスを回っているようで、運悪く最後の方だったらしい。席はバラバラになってしまったがとりあえず乗れたので、まあよしとしよう。満席で乗れなかった人も数名いた・・・その後どうしたことか。一応VIP BUSと書いてあるが、足元スペースが狭くてとても窮屈だった。3時間ほどなので...

  • 0
  • 0

ルアンパバーン その1

2009/11/26 木朝食を食べてからパッキング。同宿の人たちに見送られて、9:30過ぎにG.H.の人にバスターミナルまで送ってもらう。旅人は皆、それぞれ自分の旅立ち時になると北か南に旅立っていく。こういうのっていいなぁ~としみじみ思う。バスの席は今回も自由だが、幸い今日は早目にターミナルに着いたので好きな席を確保できた。10:00過ぎに出発。久々に地元の人のいない完全なツーリストバスだった。ルアンパバーンまで7時間、...

  • 0
  • 0

ルアンパバーン その2

2009/11/28 土今日はちょっとのんびり起き出して、いつものおばちゃんの屋台でLao style sandwichをおいしくいただいた後、メコン川のボート乗り場にスローボートのチケットを取りに行った。ボート乗り場で当日取れると宿のおばちゃんから聞いていたが、乗り場を確認に行ったついでに取れたので、念のため取っておいた。その後はまた街中をプラプラ歩いて寺巡り。Sisavangvong st.をちょっと外れるとツーリストも減り、静かでなか...

  • 0
  • 0

パクベン

2009/11/29 日再び5:30に起きて僧侶の托鉢を見に行った。Sisavangvong st.まで行くと欧米人観光客がいっぱいいて台無しなので、今日は宿の近くでおばちゃんらがもち米を差し出すのをじっと見ていた。寺によっては、托鉢のときにお坊さんがお経を唱えてくれるようだ。フエイサイまで、今日から一泊二日の船旅だ。ひとまず今日のところはパクベンまで約8時間の旅程になる。運賃は一人100,000Kip(1030円)。7:00過ぎに宿を出てボー...

  • 0
  • 0

フエイサイ

2009/11/30 月パクベンは自家発電の村なので、どこのGHも朝6:00になると自家発電が止まって電気が使えなくなるらしい。薄暗がりの中ヘッドランプをつけてパッキングし、サンドイッチを買いに外に出る。ちょっと下のGH前の屋台に行くと、そこに泊まってたらしいオランダ人サイクリストのおっちゃんもヘッドランプを頭に着けたまま買いにきていた。7:30に船着場に行くと、既にさっきのオランダ人サイクリスト夫婦とスイス人のおっち...

  • 0
  • 0

チェンラーイ その1

2009/12/1 火フエイサイの宿は大丈夫だろうと踏んでたのだが、やはり朝7:00に電気が使えなくなった・・・。せっかくシャワー付きの部屋にしたのに、油断していてシャワーを浴び損ねてしまった。気合を入れれば水シャワーでいけないこともないが、ちょっと辛いので頭と足だけシャワーで流した。隣の店で朝食を食べて9:00過ぎにチェックアウト、と言っても宿代は昨日払ってあって、レセプションには誰もいないのだが・・・。渡し舟...

  • 0
  • 0

チェンラーイ その2

2009/12/2 水宿の自家製のパンがとても美味しい。甘くないコーヒーも久々。テーブルクロスなんかのセンスもよく、ちょっとリッチな気分を味わえる朝食である。9:00からフアンさんのツアーに出発!フアンさんのナイス・プランニングにより盛りだくさんの内容。よって、今回のブログは写真スペシャル!ツアーのルートは次の通り・・・チェンラーイ → チェンセーン → ワット・チェディ・ルアン → オピウム博物館 → ゴールデン・トライ...

  • 0
  • 0

チェンラーイ その3

2009/12/3 木昨日の反動で、今日は一日まったり。宿でリッチな朝食の後、まだ見てなかったチェンラーイの街をぶらぶら。今さらながらツーリストインフォに行ったら、ただで立派な地図をくれた。スバラシイ!どこにでも無料のトイレがあって用足しにも困らない。スバラシイ!チェンラーイの市場もかなり大きい。ナイトバザールは観光客相手の感が否めないが、こっちは地元の人のためのマーケットである。所狭しと店が並び、何でも...

  • 0
  • 0

チェンラーイ その4

2009/12/5 土今日は国王誕生日で、タイの祝日である。シャッターの下りている店も多く、昼間の街中は閑散としている。タイに来てこんなのは初めてで、ちょっと新鮮な感じがした。父の日も兼ねているらしいので家でのんびりするのが慣例なのか?と思いきや、国道1号は鬼渋滞で事故も多かったと後でフアンさんが教えてくれた。やはりみんな観光スポットに出掛けているわけね。午前中にバスステーションに行ったら、けっこう混んでい...

  • 0
  • 0

チェンマイ その1

2009/12/6 日感動した!あまりに快適なタイのバスにだ。朝食にカオソーイを食べて9:00前にチェックアウト。TOURIST INNのみなさんありがとうございました。とっても快適な宿でした。バスステーションまで歩いて早速ソンテウに乗り込む。ソンテウは8人以上集まれば出発し、運賃は一人10B(26円)。あっという間に6人集まり、あと二人。目の前のタイ人のおばちゃんもしきりに人数を数えている。15分ほどすると、どこかのバスが着い...

  • 0
  • 0

チェンマイ その2

2009/12/7 月近くの市場で朝食を食べてからパッキングしてチェックアウト。宿にザックを預けていざチェンマイ観光へ。何はさておきドイ・ステープに行こうと思い、ソンテウ乗り場まで歩く。ソンテウは最低10人集まれば一人50B(130円)で行ってくれるが、人がまばらで、おっちゃんの懸命の客引きにもよらず6人しか集まらない。「6人しかいないから一人70B(182円)でどう?」というおっちゃんの提案に全員賛成、いざ出発と相成った...

  • 0
  • 0

バンコク再び その1

2009/12/8 火今日は完全に頭に来た。キャセイパシフィックの角野卓造似のおばちゃんスタッフにだ!まだ暗い5:00にカオサンに到着。やはりバンコクは暑い!イマイチどこだかわからないが、トゥクトゥクの運ちゃんの指差す方に歩いていくと、確かにカオサンロードがあった。なんだか懐かしい。相変わらずイカレタ奴らが飲んでいる。とにかく眠いので、そのまま寺裏を目指す。最初にMerry Vに当たってみたが何と満室。1ヶ月前より確...

  • 0
  • 0

バンコク再び その2

2009/12/10 木今日もタイの祝日。何となく予想はしてたのだが、のんびりしようと昼前に図書館に行ってみると、やはり休みだった。仕方なくプラ・スメン砦のベンチで読書しながら半日のんびり過ごした。プラ・スメン砦もカオサン近辺では寺以外に唯一静かでのんびりできるお気に入りの場所だ。近所の人の憩いの場といった感じで、夕暮れ時になるとけっこう人が集まる。カオサン近辺こそ祝日も関係なくどの店も屋台も営業しているが...

  • 0
  • 0

バンコク再び その3

2009/12/11 金インドに発つ前にいらない荷物を日本に送り返すことにした。山ヤの癖で補助ロープやカラビナ、スリングなど絶対に使わないだろう装備をけっこう持ち歩いていたのだ。何かの役に立つだろうということで。わかっちゃいたけどやはり身軽が一番!テントやエアマット、蚊帳も捨てたいくらいだが、アフリカ以降活躍するかもしれないので、これらは当面持ち歩くことにした。世界中どこでも大概のものは手に入るので、やっぱ...

  • 0
  • 0

ムンバイ

2009/12/12 土やっぱインドはすごい!まずそう思った。みんながみんな好き勝手なことをしている、そんな感じだろうか。ほぼ定刻通り3:50にムンバイ着。バンコクとの時差は-1.5H。空港にATMがなかったのでとりあえず$50だけルピーに両替えし、プリペイドタクシーのチケットを購入。荷物代込みでCST駅まで370R(703円)。チケットを買った時点で乗るタクシーも決まっているらしく、乗り場に行くと係のおっちゃんがチケットに書いて...

  • 2
  • 0

アマダバッド

2009/12/14 月昨晩は列車が30分前にホームに入り、ほぼ定刻通り20:30頃出発した。さすがに2Aの寝台は広くて快適だった。枕や毛布、シーツにタオルまでついている。駅に着いても放送もなけりゃ駅名が見えるわけでもないので、降りる駅を見極めるのはなかなか大変だ。到着時間を目安に起き出し、一緒に降りるインド人に「アマダバッド?」と確認してから降りる。列車の時間は驚くほど正確だった。5:00前に着き、明るくなるまでホー...

  • 0
  • 0

ジョードプル その1

2009/12/18 金8:00にチェックアウトし、ホテルの近くでリクシャーを拾って鉄道駅へ。駅でチャイを飲んで軽く食べてからホームで列車を待つ。ホームにしつこく粘る物乞いの男の子が一人いて、「けっこうしつこいなぁ・・・」と自分らも話してたのだが、自分らが場所を変えようと立ち去った後、インド人が見かねたのか彼はビンタされてそのままホームの外に連れ出されてしまった・・・。アマダバッド始発のため1時間前くらいからの...

  • 0
  • 0

ジョードプル その2

2009/12/20 日クジャラートからラジャスタンに州が変わったせいか、ジョードプルでは食習慣もちょっと変化。ジョードプルにはチャイ屋があまりない。代わりに温かいミルクを出す店があり、試しに今朝飲んでみたらめちゃくちゃ旨かった。屋台のスナック類にも変化が見られ、卵とパンを使う店が多いように感じる。今日も旧市街を抜けてFort(砦)の方へ。途中、Discoveryでまた声を掛けられ、部屋を見せてもらったらとてもキレイだ...

  • 0
  • 0

ジャイサルメール その1

2009/12/21 月9:00前にチェックアウト。フロントのおっちゃんにバスのピックアップポイントまでリクシャーで幾らくらいか聞くと、40R(76円)がスタンダードだから40R以上出してはいけないと教えてくれた。宿の外で待ち構えてたリクシャーの運ちゃんと40Rであっさり交渉成立し、ピックアップポイントのBombay motor circleへ。釣りがないというので、近くのチャイ屋でチャイを飲んでお金を崩す。意外にもジャイサルメール行きのバ...

  • 0
  • 0

タール砂漠

2009/12/23 水 CAMEL SAFARI DAY1RENUKAの屋上レストランで朝食を済ませ1Fで荷物を預ける。PCなど貴重品はお願いしたらマネージャーが別室に保管してくれた。7:30にホテルのジープで出発。参加者は感じのいいオーストリア人カップル、チャーリー&サラを含めた4人だけ。やかましい欧米人が一緒じゃなくてホッとした。ジープで30分ほど移動しサファリのスタート地点の村でラクダを待つ。しばらくするとキャメル・ドライバーに連れ...

  • 0
  • 0

ジャイサルメール その2

2009/12/26 土うるさい欧米人もおらず昨晩はよく眠れた。マユミはラクダに乗っているときに尻が擦れて痛かったらしく、今朝確認すると尻がちょっと擦り剥けていた・・・。のんびり起き出して外に出る。RENUKAで明日のプシュカル行きのバスチケットを取ってから屋上のレストランで朝食を食べる。朝食の後はサファリの荷物を片付けたり、溜まった日記をまとめて書いたりして一日のんびりした。夕暮れ時の17:00頃、まだ行ってなかっ...

  • 0
  • 0

ジャイサルメール その3

2009/12/27 日パッキングをして10:00前にひとまずチェックアウト。RENUKAにザックを預けて外に出る。久々にネット屋でメールをチェックしたら、eバンクから重要な知らせが届いていた。なんとクラシックカードでは2010年4月以降VISAデビット機能が使えなくなるという。どういうことかと言うと、海外のATMで現金の引き出しができなくなるということだ。自分のカードが何なのかよくわからんが、今まで会費など払ったことないからおそ...

  • 0
  • 0

プシュカル その1

2009/12/28 月「プシュカル!プシュカル!」という叫び声で目を覚ます。激しい振動にもかかわらずけっこう熟睡できたようだ。時計を見るとまだ夜中の2:30だ。4:00到着と聞いていたのだが・・・。扉を開けると、ここから自分の寝てた席に座るらしい兄ちゃんが既に待っていた。どうやらプシュカルが終点ではないらしい。ワイヤーロックの番号が見えずもたもたしてたら、兄ちゃんが親切に懐中電灯で照らしてくれた。プシュカルで降り...

  • 0
  • 0

プシュカル その2

2010/1/1 金昼前にチェックアウトしザックを預けてネット屋へ。初めにAmar Hotelの敷地内に行ってみたが、死ぬほど遅いわ停電するわで1時間で移動(20R/h)。近くのネット屋の兄ちゃんのvery fastという言葉に釣られて入ってみると今度はうまくつながらない・・・兄ちゃんが手動でIPアドレスを打ち込んでようやくつながった。つながれば言葉通り速くて快適だった。最初30R/hと言ってきたところを20R/hにしてもらって2時間使用。ガ...

  • 0
  • 0

アグラー その1

2010/1/2 土アグラーに着いたのは予想より早く6:00ちょっと前。霧が濃くて寒い。砂漠の国から来たのでちょっとした驚きだ。リクシャーの運ちゃんの話では、どうやらガンディー・ロードに着いたらしい。タージまで8kmあると言うが、実際の距離は4kmくらいだ。暗いうちに動くとろくなことがないので、リクシャーの客引きをかわしながら韓国人カップルと一緒に明るくなるのを待つ。が、霧が濃くて7:00近くになっても一向に明るくなら...

  • 0
  • 0

アグラー その2

2010/1/4 月9:00過ぎにチェックアウトし、ザックを預けてじいちゃんのチャイ屋へ。チャイとパイ、ビスケットで簡単に朝食を済ます。チャイもさることながら、一個2Rのパイがシンプルでとても美味しい。帰りに寄ったホテル近くのネット屋は速くて快適だった(30R/h)。昼前にホテルの屋上へ行ってみたが、今日も曇っていて眺望はイマイチ。寒くて屋上になどいられないのでレセプションのソファに座ってたら、ニューヨーカーのサー...

  • 0
  • 0

アムリトサル

2010/1/5 火夜が明けるとガスっていて、インドの穀倉地帯であるパンジャブ州の緑の中を列車は走っていた。途中で次々人が降りていき、アムリトサルまで乗ってた人はわずかだった。予定より5時間半ほど遅れて13:30過ぎにアムリトサルに到着。20時間ほどの列車の旅となったが、夜が明けてからは隣のボックス席の家族が落花生やらお菓子やらを色々くれて楽しい旅となった。駅からサイクルリクシャーで黄金寺院まで。サイクルリクシャ...

  • 0
  • 0

ダラムサラ その1

2010/1/8 金ダラムサラは言わずと知れた、チベットから亡命したダライラマ14世が住んでいるところ。標高が1,700mくらいあり朝晩はけっこう冷え込むが、天気がいいので昼間の日向は割りと暖かい。山がちな地形で、斜面に張り付くように家が建っている様は日本のようでどことなく落ち着く。水上にでもいるかのような気分だ。(水上よりぜんぜん静かだけど・・・)今のダラムサラはとても静かでのんびりした平和な町だ。人もチベット...

  • 2
  • 0

ダラムサラ その2

2010/1/10 日今日は朝一でバス・チケットの手配。ブッキング・オフィスに行ったらシステムがダウンしていて10時過ぎに来いということだったので、朝食を食べて10時過ぎに行くとあっさりチケットが取れた。一昨日政府観光局で聞いたときは15:30のバスという話だったが、17:00に変更になっていた。運賃は一人305R。椅子の席での14時間移動はけっこう過酷そうだ。久々に近くのネット屋でブログの更新。速くてなかなか快適である(30R...

  • 0
  • 0

ハルドワール

2010/1/11 月今朝隣の部屋に来た日本人旅行者と小一時間ほど話ができた。インドに来て以来、日本人とまじまじと話をするのは初めてだ。その方から「インド読本」をいただいた。ありがたい!昼前にチェックアウトし、管理人室?にザックを預けてバザールをぶらぶら。宿の人は留守にしていることが多いのでカギをブレーカーの箱に入れておいてくれたのだが、15:00頃ザックを取りに行くと部屋のカギが開かない・・・そう、インドでは...

  • 0
  • 0