FC2ブログ

Category■ 過去の山行記録 1/1

過去の山行記録

フィルムスキャナーでデータ化したかった写真の多くは、実は山行の写真なんです。山にカメラを持っていくことはほとんどなかったんですけど、どこかにもそう書きましたけど、中には例外もありまして。特にアイスの時はなるべく写真を撮るようにしてました。アイスってのは年によって氷の状態が違うので、登ったときの記録をとる意味で写真を撮るようにしていたわけです。他には五月連休や夏休み、正月休みという比較的長く山に入れ...

  • 0
  • 0

槍ヶ岳 硫黄尾根(2008年GW)

過去の山行記録の第一弾は硫黄尾根。2008年ゴールデンウィークの記録です。珍しく写真がたくさんありました。おそらくミノルタTC-1で撮った写真と思われ(写ルンですじゃない)、比較的きれいです。ただ、本人はほとんど写ってないんですけど・・・。文章のほうは、「稜線」に載せたものをちょっとだけ加筆、修正したものです。「 '08春合宿: 硫黄尾根~横尾尾根下降 」メンバー: L村田よ、児玉、鹿山、村田ま2008/4/29...

  • 0
  • 0

槍ヶ岳 北鎌尾根(2005年正月)

槍つながりで・・・今回は2005年正月の北鎌の記録です。この山行は自分にとって大きかった。まだまだお粗末なところも多々ありましたが、誰かに連れていってもらったのではない、自分たちの力だけで登ったのだと、そんな達成感が得られた山行でした。前年の年末年始の合宿が、いろいろな理由から前穂北尾根を敗退していたこともあり、起死回生の山行にもなりました。計画も含め会心の山行ではなかったかと、今でもそう思ってお...

  • 0
  • 0

鹿島槍ヶ岳 天狗尾根(2005年三月)

前回の北鎌の記事で、最後にちょこっと話に出た鹿島槍の天狗尾根。この山行も写真と原稿がありました。写真は前橋山岳会の角田さんからいただいたもので、撮影も角田さんです。過去の山行の写真では唯一、デジカメで撮影したものであります。さすが!きれいな写真をありがとうございます!「 鹿島槍ヶ岳・天狗尾根 」2005/3/19 ~ 21メンバー: CL 角田(前橋)、SL 村田、茂木(前橋)、児玉一月の末頃だったか、どこかへアイスに...

  • 0
  • 0

利根川本流

奥利根の源流水系の沢に入ろうと思ったら、まず困難なのはアプローチだ。理由は矢木沢ダム。関東の水瓶、矢木沢ダム。ダムの作る奥利根湖によって行く手を阻まれるからである。逆に言えば、矢木沢ダムによって外界から隔離されたことで原始のままの自然を保っている、とも言えるのですが。奥利根湖には連絡船や遊覧船の類はなく、基本的に船の利用は困難。否応なしに歩きとなるのだけれど、これが厳しい。ほぼ自然にかえってしまっ...

  • 0
  • 0

剱岳 小窓尾根(2003年正月)

「 '02冬合宿: 剱岳・小窓尾根 」2002/12/29 ~ 2003/1/2メンバー: CL 町田、SL 長山、深谷、児玉、小杉、村田2002/12/29 雪伊折 6:45 ~ 馬場島 9:15 ~ 雷岩手前 14:4028日15:00、晴れの太田を出発するも上市は雨・・・伊折へ向かう林道の途中から雪となった。除雪の終わるところまで車で入り、道路脇に駐車して車中泊。他にも4、5台駐車してあった。夜がふけるにつれだんだん雪が強くなる。翌朝雪の降り続く中、共同装備を...

  • 0
  • 0

剱岳 八ツ峰主稜(2003年GW)

残雪期の八ツ峰は、長次郎谷からⅠ,Ⅱ峰間ルンゼを詰め、Ⅰ,Ⅱのコルに出るのが最も容易で手っ取り早いアプローチとなる。が、今回はあくまで冬の八ツ峰を見据え、その偵察も兼ねてⅢ稜を登ることにした・・・のだけれど、結果的には間違えてⅣ稜を登った。Ⅲ稜ではなくⅣ稜を登ったというのは、山行を終えてから地図を見直していて気付いたこと。山行中は、二万五千図を見て「なんか違うよなぁ・・・」と思いつつ、半信半疑のまま登って...

  • 0
  • 0

西上州 立岩北面 3ルンゼ&1ルンゼ

「 立岩3ルンゼ 」2008/2/9(土) 晴れのち南岸低気圧の通過により15:00ころから雪メンバー: 村田よ、児玉、村田ま今シーズンは冷え込みが遅れ、一月はまともにアイスができなかったが、一月末になってようやく寒気が入るようになり、アイスのシーズンが到来した。二月の三連休は当初荒川出合を計画していたが、土曜午後から日曜明け方にかけて沿岸部を中心に雪の予報。奈良田も雪だとすると、積雪量によっては肝心の日曜に登れ...

  • 0
  • 0

西上州 湯の沢渓谷 行者返しの滝(脳軟化症を自負する男)

「 行者返しの滝(脳軟化症を自負する男) 」2008/2/11メンバー: 村田よ、児玉、村田ま前回の立岩3ルンゼからの続きの話です。アイスクライミングのおもしろい点は、登攀の成否が、技術以前に自然のコンディションに支配されるところ。いつも登れるわけではない。毎年登れるわけではない。当たり前のことながら、大前提として凍らないと登れないわけです。日本で行われているアイスクライミングの対象は、主に、ジェフ・ロウの言...

  • 0
  • 0

奥久慈 袋田の滝

「 袋田の滝 」2006/1/9メンバー: 村田、西田普段なかなか登れないところを登れたという点では、ここが筆頭かもしれない・・・袋田の滝。茨城の北部、栃木県境に近い大子町にある滝で、観光地として名の通っている滝である。実家のある大田原からもそう離れていない。かつては毎年凍った有名な氷瀑であるが、近年氷結するのは稀。完全氷結して登れる状態になったのは、この時が十年ぶりということだった。登攀内容は決しておもし...

  • 0
  • 0

御坂 芦川蛇沢 千波ノ滝

ここ何日かすっぽり雲に覆われていた中央アルプスが、今日久しぶりにスッキリ見えた。さすがに白くなってますね・・・たぶんこれはもう春先まで融けることのない雪でしょう(ちなみに、南アルプスもうっすら白くなってます)。いよいよ今年も冬の到来です。今シーズン初めて玄関先のたらいの水が凍ったのは、11月14日(金)の朝でした。ちゃんと調べてないですけど、ほぼ例年通りかちょっと遅いくらいだと思います。伊那谷のこ...

  • 0
  • 0