FC2ブログ

Category■ 自転車小旅行 1/1

トレラン日記1 小渋湖 ~ 四徳 ~ 駒ヶ根

コースの紹介も兼ねて、これから自転車のトレランのことも記録に残そうと思います。自宅から乗り出すトレラン!その第一弾。日付: 2014/5/22 木コースと距離: 自宅 ~ 小渋湖 ~ 四徳(しとく) ~ 駒ヶ根 ~ 自宅 = 50kmほど私、およそ38年間を関東平野で過ごしてきました。関東平野は日本最大の平野です。日本で海と山がこれだけ離れているのはここくらいでしょう。その関東平野にいたころ、上りのトレーニングをしたいと...

  • 0
  • 0

分杭峠

日付: 2014/5/25 日コースと距離: 自宅 ~ 小渋湖 ~ 大鹿 ~ 分杭峠(1,424m) ~ 中沢峠(1,317m) ~ 駒ヶ根 ~ 自宅 = 60kmほど一年前のこの日、秋葉街道(R152)を走って自宅に帰ってきた。それからちょうど一年後の5月25日、秋葉街道の続きをちょっと走ってみた。秋葉街道というのは、南アルプスのすぐ西側の山間を走り、浜松から中央構造線に沿って長谷まで北上する狭い道。地質が脆く、がけ崩れにより通行できなくな...

  • 0
  • 0

塩川小屋(塩見岳の登山口)

日付: 2014/5/29 木コースと距離: 自宅 ~ 小渋湖 ~ 大鹿 ~ 鹿塩温泉 ~ 塩川小屋手前 ~ 大河原 ~ 自宅 = 53kmほどこの夏は久しぶりに塩見に登ろうかと思っていて、その下見を兼ねて塩川小屋まで行ってきた。自転車でアプローチするのにどのくらいかかるのか、登山口に幕営できるのか、それらを確認するための下見。いや、塩川口には何度か行ったことがあるのだけれど、まったく覚えておりません・・・。いつものコース...

  • 0
  • 0

シオジ平(越百山の登山口)

ローカルなネタが続きます。この度はシオジ平へ・・・。日付: 2014/6/9 月コースと距離: 自宅 ~ 天竜川 ~ 七久保 ~ 千人塚公園 ~ シオジ平手前 ~ 自宅 = 35kmほど実は、近くに住んでいながら中央アルプスにはこれまでまともに登ったことがない。これぞ山脈、という壁のような山塊は見ている分には美しく見映えがするのだけれど、懐が深いわけではなく、どうにもスケールが感じられない。「登る」という観点ではあまりそ...

  • 0
  • 0

片桐ダム

こんにちは。スッキリしない梅雨空が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?ここ伊那谷では梅雨に入ってからもまともに雨が降っておりません。降りそうで降らない・・・そんな日が続いております。いい加減恵みの雨が欲しいところです。ワールドカップはいよいよ決勝トーナメントですね。順当な国が勝ち上がっているので楽しみです。グループリーグを見るに、オランダがいい線いきそうな気がしますが・・・どうですか...

  • 0
  • 0

秋葉街道サーキット

久しぶりに純粋なトレランの記録です。以前から走りたいと思っていたコースを走ってきました。名付けて”秋葉街道サーキット”!車少なくアップダウンに富んだコースです。ぜひたくさんの人に走っていただきたい。日付: 2014/8/7 木コースと距離: 中川 ~ 大鹿 ~ 分杭峠 ~ 長谷 ~ 高遠 ~ 駒ヶ根 ~ 中川 = 86km晴れ。久しぶりにスッキリ晴れて、日差しが強烈。朝、畑に水遣りしただけでクラクラする。いきなり家で休憩して...

  • 0
  • 0

旧道をゆく・・・大平街道

久しぶりに自転車のトレランです。ちなみに、既にお気づきと思いますが最初に断っておくと、本ブログで「トレラン」と言っているのは、昨今流行っている「トレールランニング」のことではありません。自転車のトレーニングラン(トレーニングライド)のことです。日本でトレールランニングが市民権を得る遥か以前から、自分の周りではそう呼んでいたので、今でもその通り使っています。よってここで「トレラン」と言えば、自転車の...

  • 0
  • 0

自転車で陣馬形山(フロントにパニールをつけてテスト走行)

いやー寒くなりました。朝はいよいよ氷点下を記録するようになりましたね。先日スペシャに取り付けたチューブスのフロントキャリア、こいつのチェックをするため、フロントにパニールを装着して走ってきました。たまに走っているお気に入りのコースなんですけど、折草峠から駒ヶ根へ抜けようと思っていたところ、今度は峠の駒ヶ根側が舗装工事中で通り抜けできない。工事期間は11/6~12/10。全面通行止ですので、行こうと...

  • 0
  • 0

2015年の走り初めは天竜峡へ

たまに走っている小渋湖から松川へ抜ける道(2014/12/25)この季節、山中の道は雪と氷に閉ざされる。伊那谷は、雪はそれほど降るところではなく、冬型の気圧配置では、よほど強い冬型でない限り雪が降ることはない。どちらかと言えば、南岸低気圧により雪が降るから、関東などと同じタイミング、むしろ雪が降るのはこれからです。が、寒~い。内陸で、標高もそれなりにあるから、とにかく冷え込む。雪はないけど、何もかもが凍る。...

  • 0
  • 0

一月の折草峠(楽しい雪上走行)

12/10までの予定だった舗装工事が、さすがに終わっているだろうと出かけてきました。雪上走行の楽しいこと・・・。除雪されているため自転車で走れる状態にあり、朝のガチガチの時間帯は厳しいでしょうけど、日当たりのいいところなので晴れて雪が緩めば、最高に楽しい雪上走行が期待できます。日付: 2015/1/20 火コースと距離: 自宅 ~ 小渋湖 ~ 四徳(しとく) ~ 折草峠 ~ 駒ヶ根 ~ 自宅 = 50km弱快晴!7:00頃の...

  • 0
  • 0

和合へ・・・

「和合へ毎日通うことは可能だろうか?」その確認の意味も込めて、自転車で走ってみました。まだ桜も咲かない3月20日の話です。和合というのは、阿南町の和合地区のこと。天竜峡のさらに南、伊那谷からも出てしまっている。感覚的に、普段の生活圏からは完全に外れた場所となります。遠州街道の走る阿南の町部には、これまで何度か行ったことがありますが、というか通ったことがありますが、和合は街道からかなり山へ踏み入った...

  • 0
  • 0

下伊那サーキット1 千代経由で泰阜へ

中川を起点とした、下伊那のサーキットコースのご紹介。距離はありませんが、起伏に富んでいて自転車のトレランに打ってつけです。日付: 2015/4/12 日コースと距離: 中川 ~ 弁天橋(喬木) ~ 上久堅 ~ 千代 ~ 泰阜 ~ 千泰大橋 ~ 天竜峡 ~ 弁天橋 ~ 中川 = 76km飯田の千代から泰阜(やすおか)へ、なんとなくそれだけを決めて、行けるとこまで行って帰ってこようという腹積もりで出発(9:20)。おなじみの竜東線を南...

  • 0
  • 0

下伊那サーキット2 県道1号線を南下せよ

またまたローカルな下伊那のサイクリングコースのご紹介。やはり中川を起点としたサーキットコースになっています。といいながら、一部は同じ道を往復してますけど・・・。コースの一部をツーリングのルートに組み込んでみてもおもしろい、かもしれない。日付: 2015/4/18 土コースと距離: 中川 ~ 天竜峡 ~ 千泰大橋 ~ 温田駅 ~ 天宮橋 ~ 阿南町役場 ~ R151 ~ 天竜峡 ~ 中川 = 93km9:10、自宅を出発。おなじみの竜東...

  • 0
  • 0

天龍から遠山郷へ(オススメ!)

所要10時間、死ぬほどアップダウンを満喫できる充実のトレランコースのご紹介。温田の南、十方峡にかけての天竜川沿いの道は、息をのむほど美しい。遠山郷も徐々に道路が整備されつつあるとは言え、相変らずの山深さで、緑の地獄のような秘境。景色の素晴らしいオススメのサイクリングコースです!基本的には全線舗装で、路面の状態も悪くなく、ロードでもOK。唯一の難点は、土砂崩れ等により通れなくなることがあることでしょ...

  • 0
  • 0

伊奈大島城と武田の狼煙リレー

自宅から最も近い城址は、村内にある大草城である(自宅から1.5kmくらい)。その歴史は南北朝時代にまで遡ることができるが、戦国期の武田、織田の支配時代の記録に出てくることはまずないので、南北朝の頃の歴史に疎い自分には今ひとつピンとこない。現在は大草城址公園となっていて、ちょっとした桜の名所にもなっている。快適な憩いの場としての公園化ということでは成功しているといえるのかもしれないが、城址の保存という観...

  • 0
  • 0

坂バカに捧ぐ!自転車で快晴の陣馬形山・2015秋

久しぶりに自転車のトレラン(トレーニングラン・ライド)に出かけたので、その記録を。陣馬形山の周辺にはいくつか林道があり、トレランするのにいろいろコース取りが可能。そんなバリエーションのひとつをご紹介。林道陣馬形線というのがあり、これまでごく一部しか走ったことがなかったので、これを起点から全線トレースして駒ヶ根へ抜けようと計画したのだが、行ってみたら一部区間が工事のため通り抜け不可となっており(この...

  • 0
  • 0

旧道を歩く・・・中仙道妻籠宿と馬籠宿(自転車アプローチ) 【一日目】

長らくのぐずついた天気が一段落した秋の日、タイミングよくまとまった時間がとれたので、そのうち行こうと思いつつなかなか行けずにいた妻籠宿と馬籠宿へ行ってきました。自転車で妻籠宿へ出て、中日に妻籠宿から馬籠宿まで歩いて往復するという二泊の旅です。日付: 2016/10/10(月)行程: 自宅(0800) ~ 飯田峠(1220) ~ 大平峠(1310) ~ 妻籠宿(1410) ~ 南木曽駅前 ~ 妻籠宿(1710) ~ 妻籠城址幕営(1810)8時...

  • 0
  • 0

旧道を歩く・・・中仙道妻籠宿と馬籠宿(自転車アプローチ) 【二日目】

日付: 2016/10/11(火)行程: 妻籠宿第3P(0850) ~ 馬籠峠(1010) ~ 馬籠宿(1100) ~ 馬籠峠(1310) ~ 妻籠宿第3P(1410) ~ 南木曽駅前 ~ 妻籠城址(1620)昨晩は19:30には寝てしまったのだが、疲れていて今朝は6:30まで寝ていた。相変らず食欲はなく、お湯を沸かしてコーヒーだけ飲んでテント撤収。距離にして300mほど下ると旧中仙道と出合い、そこにトイレがある(なんと水洗!)。城址をあとにして妻籠宿へ...

  • 0
  • 0

旧道を歩く・・・中仙道妻籠宿と馬籠宿(自転車アプローチ) 【三日目】

日付: 2016/10/12(水)行程: 妻籠城址(0805) ~ 清内路トンネル(1015) ~ 清内路 ~ 阿智 ~ 天竜峡 ~ 自宅(1505)すっかり秋の空気となった。昨日までと比べてひんやりしている。昨日、一昨日と無風だったのだが、今朝は少々風があり、木の葉の揺れる音が寒々しい。帰りはどこを走って帰るか・・・といっても選択肢がいくつもあるわけではないのだが(北上して権兵衛峠を越えるという手も一応ある)、相談の結果、清内...

  • 0
  • 0

部奈にかける橋

ひじょ~にローカルな話題です。部奈(べな)という集落がある。山というか尾根というか丘というか(いわゆる段丘のひとつということになろうか)、そんなものの上にある集落。Photo by BehBeh (2008/8/13)山上の平坦部の標高が650mくらいあるから、天竜川沿いを走る国道や県道などからはまったく見えない。高い所へ上ってはじめて姿を拝める、というマチュピチュのような場所である。(ここらはそんな場所だらけですけど・・・)...

  • 0
  • 0

林道陣馬形線と吉瀬ダム

10月30日(日)、林道陣馬形線をトレースしてきました。昨年の秋に一度行ってみたのだが、その時は一部区間が工事中で全線トレースできなかった。およそ一年ぶりの再戦。林道陣馬形線は陣馬形山の西の中腹を南北に走る林道で、総延長22,851m。中川村と飯島町、駒ヶ根市に跨っており、一番長い中川村分が13,792m、駒ヶ根市分が7,549m、飯島町分はちょっとかすめる程度の1,510mとなっている。(ちなみに、林道の走る飯島町の日曽...

  • 0
  • 0

高遠の奥のほうを巡る旅 一日目

久しぶりに自転車旅の記事。一月の走り初め以来となるだろうか?今年は夏以降めっぽう天気が悪く、中央アルプスも南アルプスも、山の見えた日が数えるほどしかなかった(特に中央アルプス側が悪い)。伊那谷の中だけは晴れていたりするのだが、出かけようとすると山は毎度雲の中で、出かける気分をそがれていた。ここへきてようやく晴れるようになり、休みのタイミングが合ったので、気になっているルートのひとつをマユミと走って...

  • 0
  • 0

高遠の奥のほうを巡る旅 二日目

日付: 2017/10/9(月)行程: 山室川の川原(0800) ~ (0835)芝平峠 1450m ~ (0950)金沢峠 1315m ~ 千代田湖 ~ (1025)杖突峠 1247m ~ 片倉 ~ (1200)松尾峠 1294m ~ (1230)箕輪ダム ~ (1425)猿岩 ~ (1600)自宅走行: 78km昨晩は、夕飯を食べて20:00にはシュラフにくるまったのだが、眠りが浅く、どうにも熟睡できた感じがない。久しぶりの自転車旅で、疲れすぎたのも理由の一つだけど、何より暑かったせ...

  • 0
  • 0

(条件付きだけど)これはいいかも・・・イワタニ カセットガス ジュニアコンパクトバーナー

イワタニ カセットガス ジュニアコンパクトバーナーそのバーナーの存在を明確に知ったのは、3年8ヶ月の旅から日本に帰ったとき。自宅に向けて自転車を走らせているとき、途中で会った日本一周中のチャリダーが使っていた。へぇーと思い、ずっと気になっていたのを今年になって購入し(買値=3693円)、先日の高遠の旅ではじめて使ってみた。こいつの優れているところは、なんといってもその安さ。まず本体も、山用のいわゆるガス...

  • 0
  • 0

赤石峠と地蔵峠

2015年5月に行ったときは通行止で走れなかった赤石峠。ようやく今回走ることができたので、ルートの紹介。このあたりの道の恐ろしいところは、通行止となっていることがままあること。「復旧の見通しは立っていない」などということで長期間通行止となることも珍しくないから、走れたらラッキーくらいに思っていたほうが間違いがない。とはいえ、アプローチだけでもけっこうたいへんなので、通行止となっていたときのダメージ...

  • 0
  • 0

幻の国道R256の終点

赤石峠を走ったついでに、地図を眺めつつ秋葉街道に思いを馳せると、小川路峠のことが気になってくる。昔の秋葉街道の難所であり、武田信玄が三方ヶ原へ兵を進めた際にこの峠を越えたとも云われる。小川路峠は今も歩いて越えることができる。そのうち行きたいと思っているけど、行くとなると足の関係で峠からピストンしてくることになるかな、おそらく自宅から一泊で。先日、ひとまずR256の終点まで偵察してきたので、その記録。日...

  • 0
  • 0