FC2ブログ

Category★ お知らせ、その他 1/1

溜まった日記をアップします・・・

またまた久々のアップです。ワープロ化したところまで、溜まった日記をまとめてアップします。@実家にて・・・この夏、我が中川村にもようやく光がやって来る!8/9に我が家に導入される予定なので、そしたらもう少しチョコチョコとアップできるかな・・・...

  • 0
  • 0

続きを少しアップしました

今日の甲子園の準々決勝はどの試合もすごかった・・・個人的には浦和と作新が早々に敗退してしまったのが残念。特に浦和が・・・日記の続きを少しアップしました。着実に進んではいる。でも、先は長いなぁ・・・まだ一年分くらいある。気長にお付き合いくださいませ。p.s.マユミのほうもブログを始めました。こちらは旅のブログではなく、最近の信州ライフのことを綴ってあります。よければ一緒にのぞいてみてください。小さな菜園...

  • 0
  • 0

イラン入国&初めの頃の日記

**********************************************************************イランの初めの頃の日記はこちらからどうぞ。2012/5/24 ~ 2012/6/4の日記です。カテゴリ ■ 100_Iran / イラン日付通りに並んでいるので過去にアップしたものをそのまま残しておきます(写真を追加しました)。ちなみに、カテゴリは入国した国ごと、複数回入国している国はその回ごとに分けてあるので、上から追っていくと順番に読めるようになっています...

  • 0
  • 0

トルクメニスタンの記録とウズベキスタン初期の記録

トルクメニスタンの記録はこちらからどうぞ。写真だけちょっと追加しました。カテゴリ ■ 101_Turkmenistan / トルクメニスタンウズベキスタン初期の記録はこちらから。やはり写真だけちょっと追加。カテゴリ ■ 102_Uzbekistan / ウズベキスタン サマルカンドの続きからまた順次アップしていきます。...

  • 0
  • 0

キルギス後半の日記

今日は寒かったですね。今住んでいるのは長野県にある伊那谷のほぼ中央なのですが、日中の最高気温が1~2℃でした。雪はそれほど降らないところなのですが、けっこう寒いところです。めっきり日の短くなったこの頃、早く冬至を過ぎないかなぁと思っている日々です。さて、踏んだり蹴ったりのキルギス後半の日記はこちらからどうぞ。■ 105_Kyrgyzstan 2 / キルギス 22012/8/26 ~ 2012/9/20、事故に遭った日からビシュケク滞在中まで...

  • 0
  • 0

青島から釜山までの記録

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。おかげさまで、旅の日記が釜山までつながりました!中国の残りと韓国の日記はこちらからどうぞ。■ 111_China4 Tsingtao / 中国4 青島■ 112_Korea / 韓国これでひとまず今回の旅における海外の走行は終了したことになります。旅から自宅に帰ったのが2013年5月25日。それから9ヶ月ちょっとになりますか。何事もあとでまとめてやろうとすると大変なものですね・・・改めて実感しま...

  • 1
  • 0

HARUHISA WATANABE EXPEDITION

タジキスタンのドゥシャンベで夜な夜な語り明かした渡辺君。いやー楽しかった。刺激的だった。なんというか、自分と価値観の近い人だと知ってからは、毎日話をするのが楽しかったし、そして嬉しかった。夜な夜な時間を忘れて語り明かしましたね。2012年12月26日、渡辺君が厳冬期のロシア極北ムルマンスクで車に追突されて事故死したと知ったのは、青島にいるときでした。日本に帰ってからご実家を訪ね、以降、ご両親にはなにかとお...

  • 0
  • 0

農閑期にお遍路へ

いつか行こうと思っていたお遍路へ、来週から行ってきます。モバイルの類は携行しないので(というか持ってない・・・)、ブログはしばらくお休みします。今回、四国までのアプローチはバスやフェリー。本当は家から自転車で出られると気分的にも金銭的にもすごく楽なのだけれど、お遍路の間どこかにデポしておかなければならないので諦めました。帰りは、これまたいつか行こうと思っていた熊野古道を歩いて伊勢へ抜けようと思って...

  • 0
  • 0

高野山から伊勢へ

今年の二月は熊野古道を歩きます。橋本までバスと列車で移動し、高野山町石道 → 小辺路 → 中辺路 → 伊勢路と繋ぐつもり。高野山から熊野三山、そして伊勢の神宮へと繋げます。日本の神々のおわす大和の山々、その主脈をぐるりと巻くようにまず今回は歩きます。車道の建設などにより姿を消してしまった部分も少なくない熊野古道ですが、宇江敏勝氏の本などを参考に、可能な限り古よりの道を辿ってみたいと思ってます。熊野古道とい...

  • 0
  • 0