FC2ブログ

Category■ 105_Kyrgyzstan 2 / キルギス 2 1/1

事故!!!

2012/8/26 (日)始:8:30 ~ 終:14:00前・・・事故により行動終了 走行:44km~ 事故現場:Jalalabadへの分岐から25kmほど先 ~ Massyパミールは道路閉鎖中で結局走れなかったし、とにかく人が暗くてこちらまで気が滅入りそうだったタジキスタン。そんな国から入国し、ちょっと期待していたキルギスタン。入国早々のバトケン地方(チョン・アライ地方)こそ美しくて感動したものの、オシュに近づくにつれてイメージがガタ落ち...

  • 0
  • 0

マースに足止めの三日間

2012/8/27 (月)この日は病院に行ってレントゲンを撮り、それから自転車屋へ行く予定。ナジーラの話だと、ジャララバードに修理のスペシャリストがいるらしい。ホントかよ?他の人と待ち合わせたり、途中でナジーラをピックアップしたりして、病院へ行くまでやたらと時間がかかった。ウズベキスタン国境に近いこのあたり一帯はウズベク人の居住地区。事故の関係者が全員ウズベク人なら見かけるのもほとんどウズベク人。キルギス...

  • 0
  • 0

キラーロード・・・

2012/8/30 木始:10:10 ~ 終:18:35 走行:79kmMassy ~ Kurulush ~ Kochkorata ~ Mombekov ~ Burgundu ~ Kyzyl-Tuu ~ Tashkomuraの先のダム手前7:30頃バザールのマガジンへ仕事に行ってしまうボカティギュと先に別れの挨拶を交わし、いつも通りナーンとチャイとブドウの朝食をいただく。ショヤビックやバフリンサたちに見送られて10:00過ぎに出発。三日間お世話になりました!キラーロード・・・ビシュケク~オシュ街道の...

  • 0
  • 0

ビシュケクへの道 その1

2012/8/31 金始:9:20 ~ 終:19:30 走行:70km~ Razan-Say ~ Karakol ~ Karakolの先10kmほど独立記念日の今日は祝日。そのせいもあってか、車が少なくて助かった。ダム湖の連続するNaryn川沿いに北上する。峡谷沿いの道で眺めがよさそうに思えたのだが、これがまたパッとしない。殺伐としたガレたハゲ山がどこまでも連なっていて、景色に変化がない。走っていてとても退屈・・・なのだが、時々アップダウンを織り交ぜながら...

  • 0
  • 0

ビシュケクへの道 その2:二つの峠

2012/9/3 月始:9:30 ~ 終:18:40 走行:65km~ Ala Bel峠(3,175m) ~ 峠から40km下ったところ朝は寒かった。シュラフにくるまっているのが気持ちよくて、いくらでも寝ていられる感じ。ここのところ連日しごかれていて、出発前から既に疲れていたりする。アラベル峠に向けて昨日の続きを上る。ちょっと走ると養蜂家の人たちは姿を消し、代わって遊牧民の世界となる。蜂蜜の代わりにクムス(馬乳酒)が道端で売られている。夏...

  • 0
  • 0

ビシュケク到着

2012/9/5 水始:9:05 ~ 終:16:40 走行:69km~ Karabalta ~ Aleksandrovka ~ Sokuluk ~ Bishkek広くてきれいな道路を8kmほど北上すると、ビシュケクとカザフスタンのシムケントを結ぶ道にぶつかった。ここは・・・そこは先日車に追突された道路ととてもよく似た状況だった。狭くて車が多い。アスファルトが割れて道路端の舗装が剥げ、狭い道を余計に狭くしている。もちろん車の運転は乱暴でめちゃくちゃ・・・。この間の事...

  • 0
  • 0

ビシュケクの日々 その1

2012/9/6 木朝一に自転車でカザフ大使館へ。開館の30分ほど前に着いたのだが、既に20人くらいの人がいた。やはり順番は大使館側が管理するのではなく、訪れた人が自発的に紙に名前を書いて順番待ちしている。ビザ代は種類によって通常30ドルとか60ドルとかかかるのだけれど、日本人とトルコ人だけは無料。無料であらゆる種類のビザが取得できる。通過するだけの予定の自分らはそれほど長いビザは不要であったが、先の細かい日程を...

  • 0
  • 0

ビシュケクの日々 その2

2012/9/13 木ビシュケクの南30kmほどのところにあるアラ・アルチャ自然公園に、同宿の人たちと一緒にタクシーをシェアして行ってきた。メンバーは自分ら二人のほかにニッキ君、キヨハラ君、タイラ君の計5人。曇り時々晴れ、一時雨というあいにくの天気であったが、久々の山歩きで気持ちよかった。歩き出しの標高が2,000mほど。アラ・アルチャ川に沿って広い谷を詰めてゆく。まぁはっきり言って見られる景色はたいしたものではない...

  • 0
  • 0

ビシュケクの日々 その3

たびたび話が飛んで申し訳ないですが・・・2012/9/16 日自分らにとってまったくいいとこなしのキルギス。気分転換に、居心地のよかったイランの日記を少しアップした。朝はパンとコーヒー、午後に外食して夜は宿で軽く済ませる、というのがここでの食生活。外食は毎日中華を食べに行っている。似たようなお金を出して不味いキルギス料理などわざわざ食べる気がしない。それにしても・・・中国ビザが取れるまで暇である。何もせず...

  • 0
  • 0