FC2ブログ

松川高原探索

松川高原というのは、天竜川西岸にある清流苑(温泉・宿泊施設)のあたりのことをおぼろに言っているようです。
伊那谷のうち南の飯田から駒ヶ根あたりにかけては、全般的に天竜川西岸のほうが広くなだらかで、人が多く住んでいる。自宅のある東岸の段丘から眺めると、対岸の松川や高森のあたりはずいぶん上のほうまで人が住んでるなぁというふうに見えます。
(逆に西岸の段丘から東岸のほうを眺めると、よくあんなところに人が住んでるなぁというふうに見えます(笑)。もちろん実際にその場へ行ってみれば、それなりになだらかで平坦部もあるわけですけど。)

その天竜川西岸の松川高原にある清流苑は我が家の行きつけの温泉施設で(主にサウナ目的)、ここのところは新型コロナに感染するのがいやで自粛してますが、普段なら週に一度くらい通っている場所です。
そこのサウナクラブ(よく会う常連客のことを勝手にそう呼んでいる)の知人の一人が、清流苑のすぐ上に住んでいると話していたので、そんな場所があったのかと新鮮に思い、よく晴れた日に探索してきました。

日付: 2020/3/26 木
コース: 自宅 ~ 伊那田島駅 ~ 池の平池 ~ 片桐ダム ~ 清流苑 ~ 自宅

中央道の下をくぐってすぐ、清流苑に上っていく道から左へ折れると、走ろうと思っていた道が通行止。
それとは別に、片桐ダムでも発電所の建設工事を行っているらしい。
P1270957_サイズ変更 P1270958_サイズ変更
こんな田舎でもちょっと来ないでいるといろいろ変わるもんです。


南のほうから迂回して池の平池のあるところまで上りました。

P1270960_サイズ変更 P1270963_サイズ変更
いやーなんだか静かでいいところです。
さんさんファームってここにあったのか・・・と新鮮な気分。


P1270966_サイズ変更
東を見ると南アルプスが一望できる。
水が豊富なところで、道路脇を小沢がさらさら流れていたりします。池も小沢が流れ込んでできている様子。


P1270965_サイズ変更
塩見もよく見える。
あたり一面が果樹園なので、防除の季節はどうかと思うけど。


P1270972_サイズ変更
高垣外展望台というのがあるらしいので自転車を置いて登ってみましたが・・・すっかり自然にかえってました。
辛うじて道は辿れますが、今ではまわりのヒノキがすっかり大きくなってしまって展望はまったくありません。


P1270968_サイズ変更 P1270971_サイズ変更
東屋にトイレまであったようですが、今ではこの通り。


P1270974_サイズ変更
それにしてもいいところだ。
このあたりが最奥のリンゴ園。リンゴの木を植えていたおっちゃんの話では、すべて戦後に開拓したとのこと。


P1270977_サイズ変更
正面の山が自宅からもよく見える烏帽子岳。
ここらから見るとまさしく烏帽子のような形をしていて、山名に思わず納得してしまった。


池の平池のある段丘からいったん下って上り返すと片桐ダムに到る。

P1270981_サイズ変更
ダムの下に現在発電所を建設しています。


P1270983_サイズ変更
前回ダムに来たのは2014年。そのときには発電所の気配など微塵もなかったので、時の流れを感じます。


P1270988_サイズ変更 P1270985_サイズ変更
ダムの上はとても気持ちのいい場所で、ポカポカ陽気に誘われてベンチの上で一時間ほど昼寝...zzz...。


P1270982_サイズ変更
ちなみに、ダム湖にはウチダザリガニがいるらしい。ちょうど2014年頃、増えて困っているというのをニュースで見たのを思い出した。
持ち出し禁止というのはウチダザリガニが希少種だからではなく、特定外来生物で、在来の生物環境等に大きな影響を及ぼすことが心配されているから。
「ウチダザリガニ」という名前から在来種かと思ってしまいますが、原産地はアメリカ北西部で、15cm以上になる大型のザリガニです。


P1270978_サイズ変更 P1270979_サイズ変更
片桐ダムから下っていくと、清流苑に下りられる遊歩道の分岐がある。
前に来たときはこんなふうに整備されておらずただの砂利道だったので、これまた時の流れを感じました。


帰りはこの遊歩道を使って清流苑まで下りた。

いやー本当に、しばらく来ないでいるといろいろ変わっているもんです。
そして身近なところにもまだまだ知らない場所があるものですね。


P1270995_サイズ変更
伊那田島駅から下る途中、自宅付近を見る。


P1270993_サイズ変更
こんなふうに集落が見えます。


関連記事
スポンサーサイト



久しぶりに大物

猟期は終わりましたが、まだ猟友会が有害駆除のため毎週山に入っているので、鹿や猪は山の奥の方に追われたまま。
この時季工房にはほとんど持ち込まれません。(工房に持ち込まれるのは、わな猟で捕獲した鹿や猪のみ。)
一月も二月も(そしておそらく三月も)ぽつぽつと何頭か解体しただけ。
ちなみに猟期というのは、毎年11月15日から翌年2月15まで(北海道以外)。加えて長野県では、ニホンジカとイノシシ(わな猟)に限り翌年3月15日まで延長となっています。

そんな中、2月29日に大きな牡鹿が捕れました。
前回「大きすぎる鹿」で書いたものほど大きくはないですが、立派な角を持った牡鹿です。
IMGP6512_サイズ変更

写真でもなんとなくわかると思いますが、春先の鹿というのは痩せています。
鹿に限らず動物は皆そう。
冬の前にしっかり蓄えた脂肪を厳しい冬の間に使い切り、どの個体もすっかり痩せこけている。草木が芽吹くまで、もうしばらく厳しい季節が続きます。

この牡鹿も痩せてました。
皮下脂肪も内臓脂肪もほとんどゼロ。
ジム通いや食事制限により肉体改造に励んでいる人には理想的な体形ということになるのでしょうが、生命体としてはかなり危機的な状態。

もっとも解体や精肉ということになると、鹿の場合は脂を削ぎ落としてはじめて売り物になるので、脂がついてないと作業が楽で助かります。
解体までに四日おいたので、肉はとてもいい感じになってました。


おかげさまで秋以降によく出ましたので、現在鹿のロースや内モモはほとんど在庫がない状況です。
春になればまた捕れるようになると思うので、たくさんの方に鹿肉を味わっていただけたらと思います。


関連記事

カメハウス完成・・・カメハウスを建て替える!その3

基礎ができたところで、角材を使って上物を作っていく。
今回は先に各面の壁を作り、あとでそれらを集成するという工法にしました。
使用する角材はおなじみの、近所のホムセンで売っている30×40×1820mmの杉材です。

IMGP4048_サイズ変更
各壁を製作中の図


角材に相欠き加工をするためにのみを使いますが、ちょうどいい大きさの金槌がないのでこれを使いました↓
P1270882_サイズ変更
サレワのクライミング用ハンマー。
これが意外にも、重さといい大きさといい実に使い勝手がよかった。
最近はすっかり使うことがなくなってましたが、まさかこんなところで役に立つとは・・・(笑)。
なにせ大きめの金槌は持ってなくても、クライミング用のハンマー(というかバイルというか)なら三つも四つも持ってますから。


IMGP4131_サイズ変更
作業中は毎日のようにジョウビタキが姿を現した。
「バサッバサッ」と尾を振る羽音が聞こえるので、現れるとすぐにわかります。
冬に渡来する鳥ですが、日本で冬を過ごす間はオスもメスも一羽ずつなわばりをもつらしく、ここはどうやら彼女のなわばりらしい。


IMGP4099_サイズ変更
完成した壁を仮組みしたところ


翌日塗装。
木材防腐防虫剤のクレオパワーを塗布します。
IMGP4201_サイズ変更
最初に仮組みの状態で塗って、乾いてからばらして塗れなかった箇所を塗る。


塗装できたら金網張り。
IMGP4217_サイズ変更
トノサマが絶対に侵入できない目の細かい金網を張る。


IMGP4241_サイズ変更
壁をばらした状態でタッカーをべた打ち。
壁の接続部分だけ壁を組んでから打ちました。
タッカーの調子が悪く(もともとこんなものなのかもしれない)、けっこうやり直しが発生します。思い通り進まないのがもどかしい・・・。


金網が張れたら本組み。
IMGP4270_サイズ変更


P1270898_サイズ変更
出入り口も組み付けて、ひとまず形になりました。


P1270903_サイズ変更
排水部も抜かりなし。手持ちの有孔ボートを活用。


P1270904_サイズ変更
ウサギやニワトリくらいなら飼えそうな強度があります。いるのはカメだけですけど(笑)。


これで上にネットをかぶせれば完成ですが、上面に雨が直撃するのが気になります。
いくら防腐剤を塗布したとはいえ、雨など直撃しないほうがいいに決まっている。

そうだ、角材の上面に鋼板を張ろう!もちろん廃品利用で。
ということで、物置の屋根に使っていたいらない鋼板(錆が酷いので張り替えた)があるので、こいつを有効利用することにしました。
捨てる手間も省けて一石二鳥です。

その鋼板はリブを立てた波板状のものなので、まずはいらないリブの部分を切り落として帯状の部材を切り出す。
切り出してから切断面をもう一度整えて、ようやく部材の準備が整う。
地味にたいへんな作業です・・・。

P1270905_サイズ変更
準備できた部材はこんな感じ。


P1270906_サイズ変更
これからこの鬼のような赤錆を落とさなければならないのかと思うと、気が遠くなる。
サンダーなんてないですから、もちろん手作業です。金やすりと紙やすりを駆使して。


P1270913_サイズ変更
もちろん完全になど落とせるはずもなく、このあたりで妥協です。
それでも一日がかりの辛い作業でした。


いよいよ塗装をするわけですが、買ってきた塗料が大量に余りそうなので、せっかくだしこの機会に家の屋根の気になるところも一緒に塗装することにしました。
カメハウスより、まずは自宅の屋根を塗装。

IMGP4287_サイズ変更
気になっていたのはこのあたりの塗装。


P1270910_サイズ変更
まずは同じように、紙やすりで錆を落とす。
実際に部材が錆びているのはこのうちの一部で、他は流出した錆が表面にコーティングされているだけ。


IMGP4295_サイズ変更
今回は塗料が限られているので、ひとまずその錆びてしまっているところだけ処置。
屋根を全面塗装するのはまた別の機会ということで・・・。


そして、カメハウス用の鋼板を塗装。
P1270917_サイズ変更


塗料が乾いてから鋼板を装着。
P1270928_サイズ変更


P1270936_サイズ変更
これで雨でも大丈夫。


中のネットを撤去し上にネットをかけたら、カメハウスの完成!
P1270947_サイズ変更


ちなみに、自宅からはこんなふうに見えます。
IMGP6373_サイズ変更
基礎がレンガになったことで死角が減り、ほぼ全域を見渡すことが可能になった。
これならカメの観察がはかどりそう(笑)。


IMGP6378_サイズ変更
早く冬眠から起きてこないかなぁ・・・。
今冬は暖かいとはいえ、まだ二ヶ月は先の話ですね。


おわり


関連記事

レンガに穴をあけるには・・・カメハウスを建て替える!その2

P1270870_サイズ変更
2019年末に古いカメハウスを取り壊しました。
新しいカメハウスの基礎はレンガとし、少しだけ拡張することにします。

写真では単にレンガを並べただけにしか見えませんが、基礎工事がほぼ完了した状態です(笑)。
なんといっても基礎の水平出しが大仕事。
特に南側(写真の左側)が厄介で、北側(右側)よりだいぶ低く、かつ東側(手前)より西側(奥)のほうが低い状態でしたので、盛ったり掘ったりして水平出しをしました。

クルミの太い根っこが地表近くを張っているので、掘るほうには自ずと制限があって厄介。何度やり直しをしたことか・・・。
ここまでにするのにニ、三日かかってます。

ちなみに、カメは水の中で冬眠中。
脱走の心配はありませんが、外敵除けのため完成するまでネットをかぶせておきます。

基礎ができたところで、上物を基礎に固定するための金具をレンガに組み付けます。
そのためのプラグをレンガに埋め込むのにφ6の穴をあける必要がありますが、さてどうするか?

経験上、コンクリートブロックくらいなら普通の電動ドリルやドライバードリルでも、専用のドリル刃さえ使えばφ6くらいの穴をあけることができます(時間はかかりますが)。
が、レンガくらい硬いものになるとまず無理です。

穴をあけるには、振動ドリルやハンマードリルが必要。

振動ドリルもハンマードリルも軸方向に打撃を加えながら刃先を回転させて穴をあけていく機械です。
大きな穴あけやハツリ作業にはハンマードリル、小さな穴あけには振動ドリルということになりますが、ハンマードリルというのはDIY程度の目的で使われることはまずないでしょう。φ6程度の穴をあけるだけなら振動ドリルで十分です。

前から欲しいとは思っていましたが、今回カメハウスのために振動ドリルを購入!
買ったのは日立のFDV18Vというモデルです(ケース付き)。
IMGP4081_サイズ変更

電動工具は日立でもマキタでもプロ用とDIY用でラインナップが異なりますが(プロ用とDIY用とで性能も値段も段違い)、この振動ドライバーはDIY用のものです。

こいつを使ってレンガに深さ35mm、φ6の穴をあけました。
振動ドリルというのを初めて使いましたが、あまりに簡単に穴があくのでビックリ!
ただし音がめちゃくちゃうるさく、耳栓必須です。

↓振動ドリルでレンガに穴をあける様子


IMGP4084_サイズ変更
レンガにあっという間に穴があく。


P1270877_サイズ変更
デプスゲージはいまひとつ使いにくく、ドリルの刃にビニールテープを巻いて深さの目安にしたほうが作業しやすい。


IMGP4086_サイズ変更
あけた穴にプラグを打ち込んだところ。


IMGP4090_サイズ変更
そこにL字金具を組み付けます。


P1270873_サイズ変更
24個すべてのレンガに金具を組付けたところ。


振動ドリルのおかげであっという間に作業が終わりました。
まだ何も形はありませんが、基礎さえできてしまえば半分は完成したも同然です。


つづく


関連記事

カメハウスを建て替える!

2017年の春より始動していた我が家のカメハウス
庭で伐採したクルミを使ってほとんどお金をかけずに建てたものですが、三年ほど風雨にさらされて崩壊寸前。
傾いた柱をナイロン紐で引っ張ってなんとか形を保っている状態・・・。
P1270864_サイズ変更


そもそも崩壊云々以前に、今のカメハウスには懸念点がひとつありました。

それは・・・トノサマガエルの侵入。

カメの脱走はもちろん、テンを筆頭にカラスやアオサギなどなど、ほとんどの外敵を防いでくれたカメハウスですが、トノサマの侵入だけは防げません。
と言ってもカメがトノサマに食べられてしまうというわけではもちろんなくて、カメと一緒に放してあるハヤの稚魚などが食べられてしまうんですね、トノサマに。
その食いっぷりがまたえげつなくて、一匹残らず食べてしまいます。

小魚は主にボウフラ対策として放してあるわけで、これがいなくなってしまうと非常に困る。
おかげで昨夏はボウフラがけっこうわきました。
カメはボウフラなんて食べてくれませんので・・・。

ボウフラ対策にまたハヤの稚魚などを捕まえてきて放す。
するとあっという間にボウフラがいなくなる。
ところが・・・カメともうまく共存しているしこれで大丈夫、などと安心していると、ある日突然ハヤが一匹もいなくなる。
代わりにあやつがカメハウスの中で目をぎらつかせていたりするんですね。

もちろん、カメも魚を食べます。
捕まえられれば、ですけど・・・。

クサガメにはハンターとして元気な魚を捕まえられるほどの能力はなく、死んだやつを食べるか、せいぜい弱った個体を捕まえて食べる程度。
ハヤを一匹残らず食い荒らしているのは間違いなくあやつ、トノサマです。
4~5cmの小さな個体のほかに、どこから入ったのか10cmくらいある親分クラスが侵入しているのを見て確信しました。

ちなみに、カメハウスに使っていたのは格子の大きさが16mm角のナイロンネット。
一見4~5cmの小さな個体も通り抜けられないように見えますが・・・ナイロンで伸びるのと、トノサマの体形が鼻先の尖った流線型をしているので、このクラスの個体だとまるで何もないかのようにすり抜けます。
さすがに10cmくらいある親分クラスがすり抜けるのは不可能で、一度鼻先だけネットに突っ込んで動けなくなっているのを見たことがあります(笑)。
が、実際にカメハウスの中にいて、その後どこかから脱出したらしいので、どこかに侵入口があるのは間違いない。


IMGP7588_サイズ変更
親分クラスのトノサマ・・・別のところに置いてあるハヤ飼育用の桶ですが、そこに来た親分クラスです。
当初はまさかハヤを食べに来ているとは露も思わず、水浴びに来ているだけだろうくらいに思っていたので好きにさせてましたが、あるとき見たらハヤが一匹もいなくなってました。


IMGP7603_サイズ変更
ハヤを踊り食いして腹がパンパン!この野郎・・・。


P1250634_サイズ変更
トノサマ除けに、カメハウスと同じ格子が16mm角のナイロンネットを設置。
これで親分クラスは侵入できなくなりましたが、4~5cmくらいの個体だと苦もなく侵入できてしまう。


P1270811_サイズ変更
応急処置として網戸の網をかぶせてようやく侵入を防ぐことができました。


カメハウスにはトノサマ以外にもいろんな生きものがやって来ます。
カナヘビ、ケロ(アマガエル)、シュレ(シュレーゲルアオガエル)、イモリ、サワガニ、アオダイショウ、ヤマカガシ、カマキリ、コオロギ、etc.・・・。
これらは基本的に何でもウェルカムですが、トノサマだけは出入禁止です。


IMGP7366_サイズ変更
カナヘビ


IMGP0043_サイズ変更
ケロ


IMGP2776_サイズ変更
あまり見ないがこれは何というカエルだろう?


IMGP3385_サイズ変更
アオダイショウの子ども


IMGP2670_サイズ変更
珍しいところではホオジロが迷い込んだことがあります。

↓ある朝、ホオジロがカメハウスに入って出られなくなっていた。カメが迷惑そうな顔をしている(笑)


↓入口のネットを開けて出すことができました。



IMGP9361_サイズ変更
そしてカメハウスの主(現在冬眠中)
どうも後ろ足をピーンとするのが気持ちいいらしい。


IMGP3295_サイズ変更
10月5日の体重測定では169g(これでもだいぶ大きくなりました)。


IMGP2429_サイズ変更
昨年の7月頃まで小赤もいましたが、あるとき一度に死んでしまいました。
もう二年以上カメと一緒に暮らしていて、カメの食べこぼしをきれいに食べてくれたり、動きの鈍いカメから餌を奪ったり、仲良くやっていたのに、死んだらカメがあっさり食べてしまいました・・・。
小赤がいたときはもちろんボウフラなどいませんでしたが、いなくなったらすぐにわいた。


さて、そんなわけでトノサマ除けの意味もあってカメハウスを建て替えることにしました。
今度は多少お金をかけて頑丈なものにします。
カメが冬眠中に建て替えてしまうつもりで、昨年末に古いカメハウスを取り壊しました。


つづく


関連記事