FC2ブログ

佐賀まで自転車を取りに行く その4 ジャイアントを回収、そして平戸へ

【4日目】
2019/3/26 火
晴れ
始:8:30 ~ 終:18:00 走行:130km
(吉野ヶ里温泉卑弥呼乃湯)0830 ~R34~ (横武クリーク公園) ~R207~ (佐賀) ~ (牛津) ~R207~R34~ (武雄) ~R498~ (伊万里) ~R204~ (今福) ~ (松浦) ~ (平戸大橋) ~ (平戸) ~ (田の浦) ~ (平戸) ~ 1800(平戸公園)

昨日は夕方以降天気がどうかと思ったが、結局その後雨は降らず。朝になるといい天気だった。
あまり早く訪ねてもなんなので、近くの横武クリーク公園で時間を潰してから佐賀へ向かう。

横武クリーク公園というのも、前に自転車で旅したときにテントを張った思い出の公園である
公園内の池や水路にカメがいて(残念ながらミドリガメだが)、見ているだけで楽しい。

IMGP2021_サイズ変更
前にテントを張った横武クリーク公園の東屋

佐賀を抜けて牛津へ。
自転車を預かってもらっていた魚網店を訪ね、快く自転車を預かってくれた方と二ヶ月ぶりの再会。
本当になんとお礼を言ってよいか・・・。
せめてものしるしにお土産をいろいろ持って行ったのですが、今度はそのお礼といって魚網の加工技術を活かして手づくりされた品を二つもいただいてしまいました。

IMGP2022_サイズ変更
本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

このように魚網を加工しているところというのは今ではほとんどなくなってしまってしまい、様々な依頼が日本全国からあるそうです。
こういう技術が失われてしまうと、漁師の方たちはとても困るのではなかろうか・・・。

IMGP2028_サイズ変更 P1270567_サイズ変更
例によって魚網店の隣のコスモスの駐車場を借りて、車の屋根にジャイアントを積む。
スーリーの自転車ラックも20年以上前の年代ものだが、しっかりした作りで今でも問題なく使える。
ただし、出発前にチェックしたら後輪を固定する樹脂バンドはさすがに劣化していて切れてしまったので、後輪は手持ちのゴムバンドで縛りつけてある。

・・・先日の豪雨のときに牛津川も氾濫したようだが、国道沿いのこのあたりのエリアは無事だったろうか。

ジャイアントを回収したら、そのまま平戸へ向かう。
冬の自転車旅のときは時間がなくて諦めたが、今回はなんとしても平戸にだけは行きたい。

まずは武雄からR498で伊万里へ。冬に自転車で走れなかったルートを行く。
伊万里湾に出たら、海沿いのR204を西へ。

今福にある海の里食堂で刺身定食をいただく。
ここはよかったなぁ・・・(遠い目)
P1270570_サイズ変更 IMGP2033_サイズ変更
ご飯は自分でよそり、おかわり自由。みそ汁もおかわりがもらえるし、追加の刺身は安くいただける。
こんな食堂が近所にあったらどんなにすばらしいことか。
毎度思うことだが、こと食に関してはやはり海の近くにかなわない。

田平から平戸大橋を渡ると平戸島。

P1270576_サイズ変更
かつては有料だった平戸大橋(平戸島側から)

あまり時間はないが、平戸の市街地付近だけは今日のうちにざっと見ておく。
まずは市街地をスルーして、島の北端の田の浦まで行ってみる。
田の浦は弘法大師ゆかりの地で、弘法大師は風待ちのためしばらくこの地に滞在し、804年7月6日に船出したとされる。

P1270579_サイズ変更
小高い山の上に渡唐大師像がある

平戸市街に戻ってから港の付近を散策する。
小さい町なので歩いて散策するのが一番。
車は平戸港の駐車場にとめられる。桟橋のあたりには遊歩道もある。

P1270583_サイズ変更
平戸港から見る平戸城

後ほど城山にも登ってみたが、本丸に入るのは有料で時間もないので入らなかった。

P1270591_サイズ変更
城山の山頂にある亀岡神社・・・神社の奥に平戸城の本丸がある

P1270586_サイズ変更
オランダ商館・・・1639年に完成した石造倉庫で(復元)、日本ではじめての洋風建築物とされる

さて、どこで寝るか。
生月島も平戸島も明日じっくり見て回るつもりなので、今日のところは下手に動きたくない。
平戸の周辺で当たってみたのだがあまりいい場所はなく、結局平戸大橋まで引き返して橋のたもとにある公園にテントを張った。

P1270592_サイズ変更
翌朝撮影
関連記事
スポンサーサイト



佐賀まで自転車を取りに行く その3 佐賀に到着

【3日目】
2019/3/25 月
曇り、夕方小雨
始:8:00 ~ 終:18:30 走行:309km
(道の駅スパ羅漢)0800 ~R186~ (飯山貯水池) ~R434~ (松の木峠) ~ (道の駅ピュアラインにしき) ~ (菅野ダム) ~R376~ (島地川ダム) ~ (徳地) ~ (荷卸峠) ~ (仁保地峠) ~R9~ (山口) ~ (小郡) ~R2~ (宇部) ~ (小野田) ~ (小月) ~ (下関) ~ (関門トンネル) ~ (門司) ~R3~ (小倉) ~R322~ (香春) ~R322~ (田川) ~ (嘉穂) ~R211~ (飯塚) ~R200~ (冷水トンネル) ~ (山家) ~R3~ (鳥栖) ~ R34~ 1830(吉野ヶ里温泉卑弥呼乃湯)

R186を飯山貯水池まで戻り、分岐に入って松の木峠へ。
道はR434、宇佐川に沿って谷の中を行く細い道となる。山深いところだ。
中国道も1kmと離れていないところを走っているはずだが、本当によくこんな山深いところに高速を通したものだと思う。

錦まで下ってくると、だいぶ明るく開けた感じになる。
宇佐川はいくつかの川と合わさって錦川となり、R434は錦川に沿って山中を南下していく。
途中、国道が菅野ダムの上を渡る。なかなかおもしろい。

その先もまだ海沿いには出ず、R376で内陸を西へ向かうと再びダムの上を渡る(島地川ダム)。
変化に富んでいて本当におもしろい。

荷卸峠、仁保地峠を経てR9に出ると山口。
さらにR9からR2へ、山陰道から山陽道へ、幹線の一桁国道をリレーして西へ走ると下関。

今回は関門トンネルで九州に渡る。
前に関門トンネルを通ったのは1991年だったかな?とにかく久しぶりの関門トンネルで九州上陸!

で、問題はここから。
ここから佐賀に向かうのだけれど、北九州というのがごみごみしていてとにかく走りにくいので、小倉からR322に逃げる。
そのままR322を南下して秋月へ抜けようと思っていたのだが、嘉穂の先まで来たところで抜けられないことがわかった。豪雨災害の時の崩落により道が不通になっている。
途中から引き返し、R211で飯塚に出て、一本西側のR200を南下して山家に出た。こちらも冷水トンネルは通行できたが、旧道の冷水峠のほうはやはり崩落により不通になっていた。

R3に合流すると車が増えて渋滞するが、それも鳥栖までの辛抱。
鳥栖でR34に入って佐賀へ向かうと、途端に車が減って快適になる。
やはり佐賀はいい。

早めの夕飯を済ませ、18:30に吉野ヶ里温泉卑弥呼乃湯に着いた。
・・・といっても、これだけ目立つはずの温泉がわからず通り過ぎてしまい、前に買い物をしたことのあるスーパーで人に訊いてようやくたどり着くことができた。
卑弥呼乃湯というのは、前に自転車で旅をしていたときに、まさにそのスーパーで声を掛けられたおっちゃんに入浴券をいただいて入った思い出の温泉である
温泉が遅くまで開いていることを知っていたので、今宵はギリギリまで温泉でのんびりして、そのまま広い駐車場で寝ることにした。

IMGP2016_サイズ変更 IMGP2017_サイズ変更
卑弥呼乃湯と、広大な駐車場(翌朝撮影)
ここにテントを張ることはさすがに憚られ、この日は車の中で寝た。
シートがフラットにならないので足をまっすぐ伸ばして寝ることはできないが、パジェロミニでも大人二人がどうにか寝られる。もうほとんどビバークといった感じになるけれど・・・(笑)
関連記事

佐賀まで自転車を取りに行く その2 中国内陸部

【1日目】
2019/3/23 土
くもり
始:9:30 ~ 終:20:40 走行:417km
(自宅)0920 ~ (松川IC) ~中央道~ (中津川IC) ~R19~ (土岐) ~R21~ (美濃加茂) ~ (各務原) ~ (岐阜) ~ (大垣) ~ (米原) ~R8~ (彦根) ~県52~R421~ (八日市IC) ~名神~京滋バイパス~新名神~ (宝塚北SA) ~ 中国道~ (加西SA) ~ (山崎IC) ~R29~ 2040(道の駅播磨いちのみや)

僅かな距離であるが、恵那山トンネルの向こう側の中津川までは高速でワープ。お金で時間を買った。
中津川から中仙道で米原に出ると、彦根でR8が大渋滞。
もともと京阪神は高速でサクッと抜けるつもりでいて、栗東から名神に乗ろうと思っていたが、たまらず予定変更。手前でR8から逃げて、八日市ICで名神に乗った。

土曜ということもあって高速もところどころ渋滞している。
渋滞を避けながら宝塚北SAまで来て小休止。
SAを出るころ湿雪が降ってきてちょっとびびった・・・いや、自分の車がどうこうというより、まわりの車が信用できない。

幸運にもしばらく走ると雪はやんだ。
加西SAで夕飯を済ませ、その先の山崎ICで高速を降りる。
すっかり暗くなってしまったし、今夜泊まる場所の最有力候補は道の駅ということに。
山崎ICで降りて、R29を北上すれば道の駅がいくつかある。

結局この日は、最初に現れる道の駅播磨いちのみやの駐車場の隅にテントを張った。
今回は寝るだけなので、居住性は無視してコンパクトなゴアライト(1~2人用)を持ってきた。

P1270555_サイズ変更
翌朝撮影・・・起きるとテントに薄っすら雪がのっていた。


【2日目】
2019/3/24 日
晴れ
始:8:40 ~ 終:19:00 走行:355km
(道の駅播磨いちのみや)0840 ~R29~ (山崎) ~県53~ (八重谷峠) ~県72~県53~R179~ (佐用) ~ (美作) ~ (津山) ~R181~ (久世) ~R313~ (北房IC) ~中国道~ (新見IC) ~R182~ (東城) ~県23~ (中山峠) ~ (峯田) ~R432~ (庄原) ~R183~ (三次) ~県64~県6~県321~県5~ (千代田) ~R261~ (広島北) ~R191~ (加計) ~ (戸河内) ~R186~ (筒賀) ~ (吉和) ~ 1900(道の駅スパ羅漢)

朝は雪が舞っていたが、すぐにやんでその後は晴れた。

エスパースと違ってゴアライトは結露が酷い。
フライなしである程度雨は防げても、いつも内側がびっしょり。あまり使い物にならない。
昨晩は外張りも使っていたので余計にそうだった。
テント本体の基布というのは、ゴアテックス云々よりもやはりエスパースのように、なるべく薄くしておくのが理にかなっている。本体の防水性などはっきり言ってどうでもよい。
中で炊事することまで考えればなおさらそうだし、少なくとも日本のように湿気の多いところではそれが正解でしょう。
重量の上からもそのほうが有利だし、寒ければ内張りや外張りを使えばいいだけのこと。

R29を山崎まで戻り、そこから県53で西へ。
地図を見ればわかるように、中国の内陸部を大きく東西に走っている道となると中国道がほとんど唯一ということになる。
その中国道はトンネルを多用して強引に通してあるので、近いところを下道で走ると、大きく迂回する以外に道がないという場面が多々ある。
言い方を変えれば、それだけ中国道というのは利用価値があると言える。
そんなことから、北房と新見の間は一区間だけ中国道を使ってワープした。

利用価値の高い中国道であるが、その実態は相変らずガラガラである。
中国道のガラガラっぷりについては、その昔こんなことがあった。
もう20年以上前の話になるが、五月連休中に(自動車メーカに勤務していたので毎年一週間から10日ほど休みがあった)、オートバイで中国道を走ったことがある。
雨が降っていて、確か広島の山の中だったと思うが、どこかのPAに寄ったら車が一台もいない。けっこう大きなPAだったのだが、トイレから出て休憩して出発する時間になっても誰もいない。
PAから本線に出ても車が一台も走ってない。反対車線も車がゼロ。音もなく、広い高速道路上にポツンと自分ひとりだけ。
なんだか意味もなく不安になってしまった。
一番不安に思えたのが、まさか逆走してないだろうな・・・ということ。
PAはきちんと確認して出口から出たはずだし、そんなはずはないのだが、こうなってみると自分が正しい方向に走っている確信が持てない。
・・・ずいぶん長い時間に思えた時間が過ぎて、後ろから車が走ってきたのを確認してようやくホッと胸をなでおろした。

この日はおそらくその時より東側の区間だったし、その時ほどのことはなかったけど、20年以上経っても変わらずガラガラの中国道だった。

さて、高い山こそないけど、中国の内陸部は山深い。
久しぶりに来てみて改めてそう感じる。

東から来てどこからそうだったか思い出せないが、気付くとオレンジがかった茶色の瓦屋根ばかりになっている。
自分の生活圏ではあまり目にしない色の瓦屋根なので、なんとも新鮮に映る。

とてもきれいなところであるけれど、車で旅してもやはり感動は薄い。
車よりはオートバイ、オートバイより自転車、自転車より歩きというように、移動が己の肉体だけによるほど旅の感動が濃くなる。同じところを旅しても、見える景色がぜんぜん違ってくる。
特に四十を過ぎた頃から、自分の中では自転車が境界ですね。旅をしていて楽しいのは自転車から。

戸河内からR186に入って吉和へ向かうと、山深さがいっそう増す。
中国道の右へ行ったり左へ出たり、まさに中国道を縫うように、その下を何度もくぐる。
こんな山の中に高速道路を通したのはすごいなと改めて思う。

飯山貯水池というところがあって、どこか付近にテントが張れるだろうと見てみたのだが、手前に乗馬クラブがあったので諦めた。
まさかこんなところに乗馬クラブがあろうとは・・・。

結局この日テントを張ったのは、そこからR186をさらに詰めたけっこうな山の中にある、道の駅スパ羅漢の駐車場。
車での旅となると、なんだかんだ道の駅にお世話になることが多くなる。
車をとめられてテントを張れてなんて場所はなかなか都合よく見つからないから。

自転車の旅では極力避ける道の駅ですが、車で旅をしていると楽なのでどうしても頼りがちになる。もちろん混みあってるところはパスしますが、ありがたい存在です。
中で足を伸ばして寝られる車なら場所の選定はずっと楽なんだけど・・・ないものねだりをしてもしようがない。

P1270558_サイズ変更
やはり翌朝撮影。
道の駅スパ羅漢自体は夜になると静かでとてもいいところなんだけど(時間が合えば温泉にも入れる)、夜中になると走り屋どもが集まって非常にうるさい。
一番奥にいた自分らはまだよかったと思うけど、入口付近で車中泊していたもう一台の軽バンはすごくうるさかったろうな・・・。
関連記事

佐賀まで自転車を取りに行く その1 出発の前に・・・

佐賀の魚網店で預かってもらっていたマユミの自転車を、3月末に車で取りに行ってきました。
五島をめざす旅のおまけとして、この車の旅のこともざっと記しておきます。
車で長旅をしたのなんて何年ぶりだろうか・・・。

出発前に、まずは車のタイヤ交換。
自宅にいるならもうしばらく冬タイヤでいるのが普通だけど、この時季九州へ行くのに冬タイヤなんてはいていたら、丸坊主になること間違いなし。
ヤバそうなところは走らなければいいだけのことなので、さっさと夏タイヤに交換しておく。

それから、切れてしまったヘッドランプとポジションランプのバルブ交換。
今回使ったのはこちらのバルブ↓
P1270541_サイズ変更 P1270542_サイズ変更
H4はピンキリだけど、知らないメーカのものやあまりに安いものは怖くて使えない。もちろんあまり高いものも必要ない。
今回のIPFのバルブは2個セットで1,900円くらい。

P1270553_サイズ変更 P1270543_サイズ変更
ヘッドランプのバルブ交換は、防水ブーツを外し、コネクタを抜いたら、ワイヤ状の金具の固定を開放するだけ。
コネクタが固くて抜けない・・・というのをパジェロミニではときどき聞くが、コネクタの左右にあるツメをしっかり押せばスムーズに抜けると思う。
右側のバルブ交換は(写真は左側)、バッテリーを後ろにずらさないとスペース的に厳しいかもしれない。

前に別の車で交換したとき光軸がずれてしまったことがあったが(このこともあって下手なバルブを使うのは怖い)、今回は問題なかった。
ちなみに光軸がずれると、計器なしに自分で調整するのはなかなか難しい。そもそも平らで広い場所がないとできないし。

P1270546_サイズ変更
ポジションランプのほうは、パジェロミニの場合はビスを1本外せばバコッと全体が抜け、あとはねじってソケットを外すだけ。

エンジンオイルや冷却水などもチェックして準備完了!
いかんせんけっこうな老体なので、遠出となると最近は事前にしっかりチェックしておかないと不安です。

パジェロミニにとって九州は三度目になる。
おそらくこれが最後の九州行となるだろう。
関連記事

五島をめざす旅 2019冬 59日目 無事帰還

2019/3/3 日
曇りのち雨 朝+2℃
始:7:55 ~ 終:10:15 走行:25km
(天竜川河川敷)0755 ~県1、18~ (喬木) ~ (豊丘) ~ (松川) ~ (中川) ~ 1015(自宅)

朝は寒くなかった。曇っているせいだろう。
フライも濡れてなくて助かった。

朝は犬を散歩する人がニ、三人。
横着にも車に乗って犬を散歩させてる人がいた(笑)。

早々に準備して出発。竜東線をひたすら北上する。
いつ雨が降り出すかわからないので、一分一秒でも早く家に帰りたい。
今朝の天気予報では、長野県南部は昼前から雨ということになっていた。

豊丘の旧パルムの駐車場で小休止。
ディナーロールを五つ食べ、これで行動食を全部きれいに食べ切った。

自宅の1km手前、最後の上りのところで雨が降ってきた。
ギリギリセーフ・・・どうにか濡れずに自宅へ帰りついた。
昨日もっと手前で幕営していたら、確実に雨に降られていた。昨日の判断は正しかった。

すぐに自宅の外観チェック・・・異常なし!
水のラインをすべて開放する・・・どこも問題なし!
毎度これが一番緊張する。

車のバッテリーのマイナスターミナルをつないでエンジンをかける・・・一発でかかった!
電圧が下がってそろそろ怪しい状態だったが、今回はターミナルをはずす前にできるだけ充電しておいたのがよかったみたい。

カメハウスも壊れていなかった。雪などほとんど降らなかったのではあるまいか?

とりあえず何も問題なし!よかった!

今旅の総走行距離=2,996km。

荷物を下ろし、清流苑に直行。
思う存分湯につかる。日曜のためか15:00を過ぎると混みはじめ、とても入っていられない状態になってしまった(涙)。

清流苑から帰るときに気付いたこと・・・左ヘッドランプのバルブ切れ(ロービーム)、右ポジションランプのバルブ切れ。
ふ~・・・そのうち直すか。

(おまけ)
自転車の前輪のほうは、結局各務原でエアを入れてからはほとんど抜けることなく帰ってこられた。
が、やはりスローパンクだった。
今回の原因はこれ↓
P1270795_サイズ変更
関連記事