FC2ブログ

レンガに穴をあけるには・・・カメハウスを建て替える!その2

P1270870_サイズ変更
2019年末に古いカメハウスを取り壊しました。
新しいカメハウスの基礎はレンガとし、少しだけ拡張することにします。

写真では単にレンガを並べただけにしか見えませんが、基礎工事がほぼ完了した状態です(笑)。
なんといっても基礎の水平出しが大仕事。
特に南側(写真の左側)が厄介で、北側(右側)よりだいぶ低く、かつ東側(手前)より西側(奥)のほうが低い状態でしたので、盛ったり掘ったりして水平出しをしました。

クルミの太い根っこが地表近くを張っているので、掘るほうには自ずと制限があって厄介。何度やり直しをしたことか・・・。
ここまでにするのにニ、三日かかってます。

ちなみに、カメは水の中で冬眠中。
脱走の心配はありませんが、外敵除けのため完成するまでネットをかぶせておきます。

基礎ができたところで、上物を基礎に固定するための金具をレンガに組み付けます。
そのためのプラグをレンガに埋め込むのにφ6の穴をあける必要がありますが、さてどうするか?

経験上、コンクリートブロックくらいなら普通の電動ドリルやドライバードリルでも、専用のドリル刃さえ使えばφ6くらいの穴を開けることができます(時間はかかりますが)。
が、レンガくらい硬いものになるとまず無理です。

穴をあけるには、振動ドリルやハンマードリルが必要。

振動ドリルもハンマードリルも軸方向に打撃を加えながら刃先を回転させて穴を開けていく機械です。
大きな穴あけやハツリ作業にはハンマードリル、小さな穴あけには振動ドリルということになりますが、ハンマードリルというのはDIY程度の目的で使われることはまずないでしょう。φ6程度の穴を開けるだけなら振動ドリルで十分です。

前から欲しいとは思っていましたが、今回カメハウスのために振動ドリルを購入!
買ったのは日立のFDV18Vというモデルです(ケース付き)。
IMGP4081_サイズ変更

電動工具は日立でもマキタでもプロ用とDIY用でラインナップが異なりますが(プロ用とDIY用とで性能も値段も段違い)、この振動ドライバーはDIY用のものです。

こいつを使ってレンガに深さ35mm、φ6の穴をあけました。
振動ドリルというのを初めて使いましたが、あまりに簡単に穴があくのでビックリ!
ただし音がめちゃくちゃうるさく、耳栓必須です。

↓振動ドリルでレンガに穴をあける様子


IMGP4084_サイズ変更
レンガにあっという間に穴が開く。


P1270877_サイズ変更
デプスゲージはいまひとつ使いにくく、ドリルの刃にビニールテープを巻いて深さの目安にしたほうが作業しやすい。


IMGP4086_サイズ変更
開けた穴にプラグを打ち込んだところ。


IMGP4090_サイズ変更
そこにL字金具を組み付けます。


P1270873_サイズ変更
24個すべてのレンガに金具を組付けたところ。


振動ドリルのおかげであっという間に作業が終わりました。
まだ何も形はありませんが、基礎さえできてしまえば半分は完成したも同然です。

つづく
関連記事
スポンサーサイト



カメハウスを建て替える!

2017年の春より始動していた我が家のカメハウス
庭で伐採したクルミを使ってほとんどお金をかけずに建てたものですが、三年ほど風雨にさらされて崩壊寸前。
傾いた柱をナイロン紐で引っ張ってなんとか形を保っている状態・・・。
P1270864_サイズ変更


そもそも崩壊云々以前に、今のカメハウスには懸念点がひとつありました。

それは・・・トノサマガエルの侵入。

カメの脱走はもちろん、テンを筆頭にカラスやアオサギなどなど、ほとんどの外敵を防いでくれたカメハウスですが、トノサマの侵入だけは防げません。
と言ってもカメがトノサマに食べられてしまうというわけではもちろんなくて、カメと一緒に放してあるハヤの稚魚などが食べられてしまうんですね、トノサマに。
その食いっぷりがまたえげつなくて、一匹残らず食べてしまいます。

小魚は主にボウフラ対策として放してあるわけで、これがいなくなってしまうと非常に困る。
おかげで昨夏はボウフラがけっこうわきました。
カメはボウフラなんて食べてくれませんので・・・。

ボウフラ対策にまたハヤの稚魚などを捕まえてきて放す。
するとあっという間にボウフラがいなくなる。
ところが・・・カメともうまく共存しているしこれで大丈夫、などと安心していると、ある日突然ハヤが一匹もいなくなる。
代わりにあやつがカメハウスの中で目をぎらつかせていたりするんですね。

もちろん、カメも魚を食べます。
捕まえられれば、ですけど・・・。

クサガメにはハンターとして元気な魚を捕まえられるほどの能力はなく、死んだやつを食べるか、せいぜい弱った個体を捕まえて食べる程度。
ハヤを一匹残らず食い荒らしているのは間違いなくあやつ、トノサマです。
4~5cmの小さな個体のほかに、どこから入ったのか10cmくらいある親分クラスが侵入しているのを見て確信しました。

ちなみに、カメハウスに使っていたのは格子の大きさが16mm角のナイロンネット。
一見4~5cmの小さな個体も通り抜けられないように見えますが・・・ナイロンで伸びるのと、トノサマの体形が鼻先の尖った流線型をしているので、このクラスの個体だとまるで何もないかのようにすり抜けます。
さすがに10cmくらいある親分クラスがすり抜けるのは不可能で、一度鼻先だけネットに突っ込んで動けなくなっているのを見たことがあります(笑)。
が、実際にカメハウスの中にいて、その後どこかから脱出したらしいので、どこかに侵入口があるのは間違いない。


IMGP7588_サイズ変更
親分クラスのトノサマ・・・別のところに置いてあるハヤ飼育用の桶ですが、そこに来た親分クラスです。
当初はまさかハヤを食べに来ているとは露も思わず、水浴びに来ているだけだろうくらいに思っていたので好きにさせてましたが、あるとき見たらハヤが一匹もいなくなってました。


IMGP7603_サイズ変更
ハヤを踊り食いして腹がパンパン!この野郎・・・。


P1250634_サイズ変更
トノサマ除けに、カメハウスと同じ格子が16mm角のナイロンネットを設置。
これで親分クラスは侵入できなくなりましたが、4~5cmくらいの個体だと苦もなく侵入できてしまう。


P1270811_サイズ変更
応急処置として網戸の網をかぶせてようやく侵入を防ぐことができました。


カメハウスにはトノサマ以外にもいろんな生きものがやって来ます。
カナヘビ、ケロ(アマガエル)、シュレ(シュレーゲルアオガエル)、イモリ、サワガニ、アオダイショウ、ヤマカガシ、カマキリ、コオロギ、etc.・・・。
これらは基本的に何でもウェルカムですが、トノサマだけは出入禁止です。


IMGP7366_サイズ変更
カナヘビ


IMGP0043_サイズ変更
ケロ


IMGP2776_サイズ変更
あまり見ないがこれは何というカエルだろう?


IMGP3385_サイズ変更
アオダイショウの子ども


IMGP2670_サイズ変更
珍しいところではホオジロが迷い込んだことがあります。

↓ある朝、ホオジロがカメハウスに入って出られなくなっていた。カメが迷惑そうな顔をしている(笑)


↓入口のネットを開けて出すことができました。



IMGP9361_サイズ変更
そしてカメハウスの主(現在冬眠中)
どうも後ろ足をピーンとするのが気持ちいいらしい。


IMGP3295_サイズ変更
10月5日の体重測定では169g(これでもだいぶ大きくなりました)。


IMGP2429_サイズ変更
昨年の7月頃まで小赤もいましたが、あるとき一度に死んでしまいました。
もう二年以上カメと一緒に暮らしていて、カメの食べこぼしをきれいに食べてくれたり、動きの鈍いカメから餌を奪ったり、仲良くやっていたのに、死んだらカメがあっさり食べてしまいました・・・。
小赤がいたときはもちろんボウフラなどいませんでしたが、いなくなったらすぐにわいた。


さて、そんなわけでトノサマ除けの意味もあってカメハウスを建て替えることにしました。
今度は多少お金をかけて頑丈なものにします。
カメが冬眠中に建て替えてしまうつもりで、昨年末に古いカメハウスを取り壊しました。

つづく
関連記事

フルパッキングの旅における各種パーツの強度・耐久性評価

昨年の五島列島への旅は、各種パーツの強度・耐久性のテストも兼ねた。
自作パーツだったり、純正品でもメーカ保証外の使い方をしていたり、サードパーティー製の廉価品や便利品をいろいろ使っていたりするので、強度・耐久性に疑問の残るところが多々あり、この機会にまとめてチェックしました。

旅はフルパッキングに近い装備で実施。
ここで言うフルパッキングというのは、例えばこのままの装備で日本一周に出かけても何の問題もないし、さらにはこのままの装備で海外を年単位で旅することも可能(その場合はスペアタイヤを筆頭にスペアパーツが一部不足してますが)、というだけの装備のことです。
・・・装備表はまた別のところでまとめます。

P1260368_サイズ変更 P1260369_サイズ変更
スペシャとジャイアントの出発時点の出で立ち。
スペシャのほうは4パニール+フロントバッグ+ザック、ジャイアントのほうは2パニール+フロントバッグ+ザック。
ジャイアントのほうはフロントのパニールがないぶんリアヘビーで、リアホイールにより負荷のかかるスタイル。

スペシャとジャイアントに分けて、各種パーツの評価結果をまとめます。
まずはスペシャ。


1. リアホイール

前回、スポークテンションについて書いたリアホイールですが、強度・耐久性ともまったく問題なし。
リムの振れも、旅から帰って一年乗ってもまったく出ていない。
感覚的には少し張り気味に組んだのですが、スポークテンションもまぁ妥当なところだったのでしょう。
P1260302_サイズ変更


2. リアタイヤ(MICHELIN PROTEK CROSS)

そのホイールに組み付けて使用したミシュランのプロテック・クロス。まったくの新品を装着して旅に出ました。
一番気にしていたのは、耐久性以前にグリップ力や乗り心地。ブロックタイヤに近いトレッドパターンなので、舗装路を走ったときにゴツゴツしないか、自転車を傾けたときに滑らないか、そのあたりのことを心配してました。
グリップ力はもちろん、乗り心地というのも長旅では非常に重要。体の疲労にダイレクトに効いてきます。
P1260310_サイズ変更

結論はまったく問題なし。
舗装路におけるグリップ力や乗り心地は他のオンロードタイヤと比べてまったく違和感がない。それでいて悪路ではそれなりに力を発揮するからすばらしい。
タイヤの減り具合を確認しても合格レベル。耐久性はまず問題ないレベルだ。
パンクも一度もしなかった。厚さはたった1mmながら耐パンク層がインサートされているので、こいつが少なからず効いているのかもしれない。

MICHELIN PROTEK CROSS、すごく気に入りました。
シュワルベのマラソンには及びませんが、価格差を考えれば、よほどの長旅でない限りタイヤはもうこれでいいのではないかと思えてしまう。
問題は入手性・・・26inのものは数が少ないと見え、シュワルベ以上に入手が困難(涙)。


3. フロントラック

スペシャにはフロントラックを組み付けてある。
ラック自体はチュブスのタラで、ユーラシア横断のときドーズにつけていたものを使いまわしている。
チュブスのラック自体には個人的な実績もあり、強度・耐久性とも絶大な信頼を置いているが、今回のスペシャの場合はフロントフォークに取付のダボ穴がないためラックを自己流に組み付けてあり、その強度と耐久性に一抹の不安があった。
P1200610_サイズ変更 P1200613_サイズ変更

結論は、これもまったく問題なし。今後も安心して使えるレベルにある。
もしフロントラックの組み付けに悩まれている方がいたら、参考にしてみてください。


4. Bikeguy ペットケージ

以前に組付けたペットボトル用のケージです。
P1240999_サイズ変更

ペットボトルのフィット感が秀逸であることはこれまで使ってみて明らかだったが、果たして強度と耐久性はどうか。
特にスペシャの場合はダウンチューブとの位置関係が微妙なので、長旅で使っているとダウンチューブと当たったりしないか、これまた一抹の不安がありました。

結論はまったく問題なし。
このペットボトルケージはすばらしいの一言です。


5. クロップスのサイコン

おまけです。
なくても旅はできるけどあると便利なサイコン。
これまで長らくキャットアイのものを種々使ってきましたが、今回はじめて長旅でクロップスのものを使用。

P1240288_サイズ変更 P1240290_サイズ変更
シンプルで最安のF1006、もちろん有線仕様

結論を言うと、キャットアイより信頼性が高いのではなかろうか。旅のあいだ作動不良ということがただの一度もなかった。
マグネットが強力で、コードも太く丈夫なところがすばらしい。
もし今後サイコンを買うことがあれば、クロップス一択です。


続いてジャイアント。


6. リアホイール

マユミが骨折でリタイアしたためほぼ片道ぶんの評価ですが、強度と耐久性はまったく問題なし。
転倒の衝撃にも微動だにしなかったし(マユミの肩が衝撃をすべて吸収したということだけど・・・)、佐賀から車の屋根に積んで持ち帰ってもリムが振れさえしないのだから、かなり丈夫なホイールと言える。
P1260304_サイズ変更


7. バルブ穴スペーサー

ジャイアントのフロントホイールのバルブ穴はUS。
これをパナレーサーのバルブ穴スペーサーを使ってフレンチ化した
P1240620_サイズ変更

これは非常に有効です。
バルブが傾くこともなくなったし、もちろんパンクしたりその他何か悪さをすることもまったくなし。
万が一のためにWHEELS MANUFACTURINGのものも携行していたのですが、パナレーサーのものだけで事足りました。


8. シートポストシム

ジャイアントのシートポストのサイズはφ30.9であるが、バズーカのシートポストシムを使ってφ27.2のシートポストを組み付けてある
P1240287_サイズ変更

強度や耐久性は問題ないだろうと思っていたが、まったく不安がないわけではなかった。
負荷をかけたら動いてしまうとか、何か実用上の問題がありはしないかと心配してましたが、これまたまったく問題なし。
シートポストシムにもいろいろ種類があるけど、このバズーカのものはオススメです。


9. リアディレイラー

もともと7s仕様であったジャイアントをリアホイールの新調にあわせて8s化
フリーハブ、カセット、シフターは8s用に交換しましたが、現状リアディレイラーはもともとの7s用(STX:RD-MC34)のままになっている。

7s用のリアディレイラーを8sで運用して耐久性は問題ないか、というのが第一の懸念点。
試走の結果からたぶん大丈夫だろうとは思っていたけど、やはり一抹の不安がある。

そして何より心配したのが第二の懸念点。
このSTXのディレイラーは妙に攻めた仕様になっていて、ローのときプーリーケージとスポークの最小隙がスポーク一本分の2mmしかない。XTのリアディレイラーを使うスペシャの1/3だ。

P1260334_サイズ変更 P1260335_サイズ変更
左:ジャイアント、右:スペシャのスポークとプーリーケージの最小隙

もし何かの拍子にプーリーケージとスポークが当たりでもしたら・・・おそらく致命的なダメージを受けて取り返しがつかない。

・・・結論は、これもまったく問題ありませんでした。
8sで運用しても作動上も耐久上も問題ないし、もちろんプーリーケージとスポークが干渉する気配もなかった。

今後ともこのリアディレイラーを使うことは可能ですが、8s用の手持ちがあるので、次回チェーン交換をするタイミングで8s用に交換する予定です。
関連記事

「ALEXRIMS DH19」と「ARAYA TM-840F」で組んだホイールのスポークテンション

昨年の五島列島への旅の前、スペシャとジャイアントの後輪用にホイールを組んだ。
そのホイールの完成直後のスポークテンションを測定してあったので、備忘録として残しておく。

【1】まずはスペシャの後輪用に組んだアレックスのホイール。
   ホイール組みについてはこちら → ALEXRIMS DH19 ホイール組み

使用した部品は次の通り。
・リム=ALEXRIMS DH19 (32H)
・フリーハブ=シマノ LX(FH-T670)
・スポーク=DT チャンピオン 2.0mm (265mm/263mm)

このホイールの完成直後のスポークテンションをPWTのSTM01というスポークテンションメーターで測定した結果が下表。
STM01についてはこちら → PWTスポークテンションメーター STM01

【ALEXRIMS DH19 2.0mm】

スポークNo.    反フリー側   フリー側
  01        53       57
  02        53       57
  03        53       58
  04        53       58
  05        55       58
  06        54       55
  07        48       59
  08        56       58
  09        52       56
  10        52       58
  11        51       58
  12        54       58
  13        52       57
  14        53       58
  15        51       57
  16        53       58
  AV        52.7       57.5

スポークNo.は、バルブ穴を出発点にしてホイールを進行方向に回転させ、フリー側、反フリー側とも1から16まで順に番号をふったもの。
スポークテンションメーターはスポークの撓みを測定していて、表中の53とか57といった数字はその撓みをある基準で数値化したもの。
テンションメーターに付属の換算表で、この撓みの数値をスポークテンションに換算することができる。例えば2.0mmのプレーンスポークでは、53というのが77kgfに相当し、57は124kgfに相当する。
上のホイールは反フリー側=52、フリー側=57くらいを狙って組んだもので、結果的に得られたのが平均値で反フリー側=52.7(68~77kgf)、フリー側=57.5(124~146kgf)。


【2】次にジャイアントの後輪用に組んだアラヤのホイール。
   ホイール組みについてはこちら → ARAYA TM-840F ホイール組み

使用した部品は次の通り。
・リム=ARAYA TM-840F (32H)
・フリーハブ=シマノ LX(FH-T670)
・スポーク=DT チャンピオン 2.0mm (268mm/266mm)

【ARAYA TM-840F 2.0mm】

スポークNo.    反フリー側   フリー側
  01        53       58
  02        52       57
  03        50       57
  04        54       58
  05        50       57
  06        51       58
  07        51       57
  08        51       58
  09        53       57
  10        50       57
  11        52       58
  12        51       57
  13        50       58
  14        53       57
  15        53       56
  16        50       57
  AV        51.5       57.3

アラヤのホイールも狙い値は同じで、反フリー側=52、フリー側=57くらいを狙って組んだ。
その結果得られたものが平均値で反フリー側=51.5(59~68kgf)、フリー側=57.3(124~146kgf)。


P1260307_サイズ変更
テンションメーターの目盛りを肉眼で読むので、得られる数値は一番近い目盛りに丸めた数値。もちろん読み取りや測定の誤差もある。
そもそもSTM01という簡易スポークテンションメーター自体の精度がそれほど高いとは思えませんが、再現性は意外とあり、趣味で使う分には必要十分であると思います。

これらのホイールをフル装備の旅で実際に使ってどうだったのか、強度・耐久性の評価結果について次回書きます。
その他の部品の評価と一緒に。


関連記事

世界旅行の記事をリファイン

2009年10月~2013年5月の旅の記事を少しずつ修正しています。

具来的には・・・

1. 記事に添付した写真が小さかったので、これを大きくするとともに写真を大幅に追加。
  特に利用したバスや列車、泊まった宿の写真は記録として欠かさず添付しました。

2. 旅中に撮った動画を追加。

3. 記事中のさまざまな料金や値段が現地通貨のみで記載してありましたが、日本円に換算して追記。

といったところで、文章については基本的に無修正です。

2020年1月6日現在、まだインドのジャイサルメールにいまして、先は長いですが、これから少しずつリファインしていくつもりです。
もちろん他の記事もこれまで通り不定期に書いていきます。


二日目の午後 待機するロケ2_サイズ変更


関連記事